RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

8bit

8bitの感想・評価

4.0
本年度の「ネオン・デーモン」枠。
アートなオサレ変態映画ですよー。

しかしその実、これはひとりの少女が大人の階段をのぼる怪談なのであ~る。
無垢な少女が初めての〝めざめ〟を経験し、いままで感じた事のない快楽への欲望や欲求に悶絶する姿は、とてつもなくエロい。
しかもその対象が人類最大の禁忌であるカニバリズムであるという背徳感。
終始、なにやら観てはいけないものを観てしまっているような気がして…。
トイレで「喉に指突っ込めば、上手く吐けるわよ~」と話しかけてくる女の子や、病院の入れ歯爺さんなど、不気味な人間がちょいちょい出てくるのがとても印象的でした。
彼女をダークサイドへといざなう悪魔みたいな存在だったのだろうか…。

美しい映像やブラックな笑い、ラストカットの「!!!」な余韻も含めて、とても自分好みの映画でした。

広瀬姉妹で観てみたい。
TOM

TOMの感想・評価

3.0
二度と肉食べらんない!と思ったけど、あっという間に食べてた。
強烈な作品。最後の、お父さんの体からよくわかる!
ロナー

ロナーの感想・評価

3.6
イカれてやがる。だが最高。失神者続出とか、さすがにおおげさだと思ったけど、指食べるシーンで吐きそうになった(笑)
akko

akkoの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

指食べちゃうシーンでゴシックな音楽が劇的にかかるのがめっちゃ好みでした。
彼女のこの戸惑いや不気味さは若さゆえなので不快だけど見てる側としては美しい。
映像も綺麗だし、ラストのオトンの激白の淡々具合も良い。彼女にとっては何事かと思うことも、歳を重ねればあんなに受け止めれるもんなんだと。
大学時代に熱心に聞いていたblood red shoesの曲がかかって懐かしかった〜
Hanami

Hanamiの感想・評価

5.0
「狂気的青春映画」。
ホラー×官能ってなんてこんなにも相性がいいんだろう、!
姉の指をしゃぶるシーン、曲の入り方、タイトルの出方、全てがオシャレだし 新しいホラーだなと思った。官能的に良すぎる!!
TEXAS

TEXASの感想・評価

3.9
狂った世界な筈なのに、正常だと思わせていく積み上げ方が恐ろしい。
前から嫌いだったソーセージが更に無理になった。
ぐわーってなるのに最後オチが拍子抜けしておもしろい
chigusa

chigusaの感想・評価

-

何度も目を逸らしたくなった
なんとも言えないむず痒い感じ
食欲減退に効果大

" 肉を食べる " という行為によって
大人へと成長するための通過儀礼や
他者への愛を表現したかったのか

アレックスの顔が好き
si

siの感想・評価

3.5
青春映画だと思う
少女のめざめって邦題はダサいけどそれを付けたくなる気持ちはわかる

目立つところで言えばカニバリズムの映画なので、そこばかり期待してしまうというか注目されがちだけど
その点を抜かせば青春映画だと思う

新しい交友関係、新しい環境になって、
今まで家族に守られてきた環境とは違った場所に身を置くことによって変化(進化)するじゃないですか誰しも
そんな青春映画に見えましたよ

唯一苦手だったのは先輩達から受ける新入生シゴキですね。
いじめみたいな強化期間はこの映画の内容にとっては必要だったけど、ちょっときついです。
本編の内容が少し霞んでしまうくらい、カニバル描写の衝撃が強かった。それ以外にも目を覆いたくなるようなシーンが多く、もはやこの作品を最後まで観続けられるのかという忍耐力との戦いでした。
最後のシーンである意味謎が解けた(?)ので、そこは少し爽快感がありました。
ヒロイン役の女優さんの演技力がすごいです!