RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

黒川

黒川の感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

割とどうしよう系だったしホラー勢からすると本作中に於ける「カニバリズム」はいびつなピースを補完するものでしかないような気がした。

獣医学部に入学したジュスティーヌは厳格なベジタリアン家庭で育った。入寮したその日行われた「洗礼」で彼女はウサギの肝臓を拝領する。それ以降彼女はひと目を気にしつつ肉を貪り食うようになるのだが、という物語。
教会に於いてワインは父の血で聖体は父の肉だ。馬の血を浴びせられた新入生はウサギの肝臓を上級生に拝領され、晴れて医学部のフレッシュマンとなる。いじめの受難に耐えたある日、その日が突然来る。だがその最中に到来するのが「肉」の誘惑だ。家族への後ろめたさとフードポルノ的なエロティシズム、それに肉欲とはよく言ったもので性欲が絡み合い織りなす感情。愛しいものへの反逆と愛しいものとの融合が本作での食人の位置づけなのかもしれない。ホモセクシャルのルームメイトへの叶わぬ恋と愛のない性交が彼女を終焉へと駆り立てたのか。

こういうの大好きだし考察とかたくさんできるんだけど、本作ははっきり言って微妙。ルームメイトをゲイにしたのもなんだかな。同性愛という禁忌を犯す者で冒頭から肉欲に溺れる者でありしかし主人公を受け入れる者でもあり、あ、最終的に終末に食われて主人公姉妹に拝領されるから彼が聖体でキリストなのか?あれ?でもなんか自己中だし、あ、ジーザスも食いたい時にザクロ実ってなくて枯れろとかキレてたからそんなもんか。一応カニバリズム必要ですねうん。でもこのどうしよう感は女性監督と聞くとあ、うん。って妙に納得。オネーチャンの懐深すぎるだしカーチャンもやべえしトーチャンが一番心が広いけどこんな奴らと一緒にいるから一番狂ってる説。

食人習慣って葬送儀礼であって故人の力を取り込みその血肉を食べることで一体化するっていうやつだからある意味それっぽくはあったですね。でもなんか最後のトーチャンで一気に安っぽくなった。カマキリかよっていう。
MaiMatsuki

MaiMatsukiの感想・評価

3.6
観たかったやつでしたが、内容的には期待にそってくれたけども期待を超えてはいかない感じ。
音の演出が結構派手でした。
ハネケを観た後同じスクリーンだったので、ココこんなに大きい音出るのか〜〜とビビってしまった。
わりとおもしろ映画だった。
ShinMakita

ShinMakitaの感想・評価

1.5
大学の獣医学部一年生になったジュスティーヌは、入寮初日から上級生から驚きの歓迎を受ける。深夜に部屋を荒らされ赤ペンキをぶっかけられ、ウサギの腎臓を食わせるという伝統の新歓儀式だ。ベジタリアンのジュスティーヌは腎臓を食べることを拒むが、上級生の姉アレックスに促され、仕方なくそれを口にする。すると翌朝、全身の蕁麻疹と不思議な「飢え」を覚えるようになってしまう…


「RAW」。生、を意味する不気味なタイトルです。ムダ毛の処理もセックスも未経験な少女がカニバリズムに目覚めてしまうという青春グロ映画。


以下、ネタバレのめざめ。


➖➖➖

こっちの常識を上回る舞台と設定で、全く共感の余地がない映画でございました。ベルーシの「アニマルハウス」以上にトチ狂った大学で、姉との関係も理解不能、描写の凄まじさも容赦がないし、ハッキリ言って俺にとっては不快以外の何物でもない作品でした。
しかしそんな映画なのに、ヒロインの子の可愛さはピカイチなんだよなぁ…
インパクト強すぎた…

映画観てる最中に全然違うこと考える、ってことよくあるんですがこれは無理だった。

気持ちは4.2!でも最後でマイナス0.2ですが、完全なる私のトラウマ映画入りです。
mikazuki44

mikazuki44の感想・評価

2.3
音楽も映像も"おしゃれでしょ"感が強すぎて内容の割にメッセージ性伝わらなすぎてキャラ作り雑すぎて全然好きじゃない映画だった。
公開終了ギリギリに行くほどでもなくてがっかり。
ただただ下品な映画だった。
主役の子は可愛かった。
K8

K8の感想・評価

3.7
カニバリズムに目覚める少女の話。
比較的グロ耐性がある方だと思ってたけど、予想以上に生々しい描写がなんとも腹の底から気持ち悪くなる作品でした。(褒め言葉)
カニバリズムと性の目覚め、少女から大人になる通過儀礼というか…
ラストはこれまた衝撃でしたが、きれいにまとまった。しばらくソーセージ食べられない。
みき

みきの感想・評価

-
タイトル、真っ赤なエンドロール、最高にかっこいい。指を食べた時の覚醒の仕方がシンプルで好き
tomi

tomiの感想・評価

3.7
指のシーンが衝撃…!
食べ方がリアルで(もちろん私は食べたことはありませんが)生々しくて恐ろしかった…
カニバリズムに目覚めた彼女自身の衝撃と音楽と色の鮮やかさが非常に合っていて、最高だった
しかしながら観ていて痛くなるシーンが多くてちょっとしんどかったな
NaomiApril

NaomiAprilの感想・評価

2.7
フランス映画特有の雰囲気がムンムンでした。

普段はドラマ版ハンニバルでも飯を食べながら鑑賞できる毛が生えた胃袋の私ですが、見てる途中から夕食の箸が止まりましたね…。観終わって30分ほど回復に時間がかかりました。

ストーリーの深みがあるわけではなく、雰囲気で進みますのでわりと起きる現象は非現実的です。なんというかとてもリアルだけど怖い夢を見ている気分になります。

しかし、あらかじめ散りばめられた伏線をきちんと拾い集め最後へ持って行くので、そこはとてもいいなと思えました。
ベジタリアン少女が人肉食にめざめる=性のめざめってことのようだけど、すごく野生的な描き方なのがエキセントリックでフランスって感じ。

あのゲイの描き方は、ん?って気がした。

オチはギャグでしたw