RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価


地味だけど1番不快な恐さ・気持ち悪さ。


簡単じゃないんだな〜
さわ

さわの感想・評価

3.7
食人を描写しているけど、いわゆる残酷とかグロみたいなのを描きたいわけじゃなくて、美しさと危うさと葛藤をカニバリズムに落とし込んでいたんじゃないかなと思う。
いろいろ伏線が効いてるなあと思った。
みーこ

みーこの感想・評価

3.9
これまたぶっ飛んだ映画だなーと困惑していたのが、ラストシーンのあの人の言動にモヤっとしていたものがすべて吹き飛びました!!


すべては宿命だったのね…(´Д` )
「娘2人ともなると大変だ」的な発言が蘇りましたよー笑



姉アレックスと同じ獣医学校で寮生活を送ることになったベジタリアンのジュスティーヌ。

新入生歓迎の儀式の一つとして口にした一欠片の生肉。

それがジュスティーヌの中に眠っていたあるものを目覚めさせてしまう…



まぁとにかくジュスティーヌちゃんの変貌ぶりが素晴らしくて!


ザ・優等生でお洒落にも男の子にも興味がなかったジュスティーヌの目付きが純粋なものから、激しく肉(肉体)に喰らいつく獣のように変わっていく様は下手なホラーより恐ろしく鳥肌ものでした(//∇//)


肉へのあくなき欲求を見事に表してたと思うんです♪


カニバ描写や数々の痛いシーン、
髪の毛を吐き出すのは定番だけど気持ち悪いし、姉妹で立ち小便とか共感しにくい描写の連続が強烈なインパクトを刻んでくる生々しい作品でした。


まぁとにかく、ゴールデンとアメリカンシェパード(かな?)達がいただかれなくて良かったわε-(´∀`; )
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.6
「 生 」
動物と人間の違いは
理性があるかないかだけで
カニバリズムのように
生理的欲望がとめられなくなるとこうなるんですね…カニバリズムすっごい…。
最後まで血生臭かった。
我慢すること、本能で戦って行くこと、それとどう向き合うのか、親の愛情やお姉ちゃんの愛情をたくさん受けていたんだなという印象。
劇中音楽が良かったなぁ。
ねこ

ねこの感想・評価

-
一瞬自分までゲロりそうになってしまったが、わたしはこの監督のセンス、大いに好き
☆☆☆★★

簡単に。

人肉映画…との事で観たのだけれど。

(ノ_<)違ってた!

一応は、食べちゃった…って描写は有ったものの…。

これは。或る男の子に恋した少女と、何かと妹とは「私は違うんだよ!」と言いたげな。性格拗れ過ぎな姉との確執による、拗れた恋愛三角形話でした。

したがって【少女は禁断の味を知ってしまった】は、完全なミスリードじゃないかな?…と。

それにしても最後…。

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3んなアホな〜!

2018年8月9日 早稲田松竹
sia

siaの感想・評価

3.5
ひとりの女の子の性の目覚めという世俗的なテーマを、どういうわけだかカニバリズムという題材を通して描こうとしたクレイジーな意欲作。

たしかに食欲と性的欲求って実は紙一重というか、たとえばゾンビ映画とかで人が喰われるシーンって妙にフェティシズムを感じる瞬間あるじゃないですか。ないですか。

サイコスリラーっぽい雰囲気を醸し出してはいますが、この映画の本質はティーンエイジャーの心や体の変化だったり思春期特有の葛藤を描いた青春映画(?)です。カニバリズム的な要素はあくまでもモチーフにすぎません。

そのため、現実的に考えるとナンセンスな部分は多いです。というよりも、そのあたりは敢えて荒唐無稽に描いていたような気がします。
なぜ主人公の肉食趣味が食人にまで発展したのかという論理的な理由はないし、交通事故の件もあんなにうまくいくはずないし、そもそも学校からしてまったくまともじゃありません。あんなところ絶対通いたくない。

そういう色々な突っ込みどころがこの映画には満載なのですが、それも含めてわざとブラックユーモアとして演出しているように感じました。
ムダ毛を処理してたらハサミで……そのあと指を……なんて冷静に考えると笑っちゃうな展開です。
一歩間違えるとコメディになりかねないストーリーを演技や音楽の力によってギリギリのところでシリアスに表現しており、その絶妙な匙加減が面白かったです。

そしてなにより、主演の女の子は素晴らしかったです。
序盤の垢抜けない少女といった姿から、後半での肉の味を知って「女」になるまでの変貌は見事でした。
可愛らしい外見ながら狂気や色気を孕んだ演技は魅力的で、また他の映画でも見てみたいなと感じました。

映像面でも見どころが多かったです。撮影や編集の仕方もそうですが、特にこの映画では鮮やかな原色が様々な箇所でユニークに使われており惹きつけられました。

最後の突き放すような唐突な終わり方も結構好み。
少し人を選ぶかもしれないけど、個人的には見れてよかったと思える興味深い作品でした。

ジュスティーヌちゃんが国勢調査員の肝臓をワインのつまみにしないことを切に祈る。
予告編見たときから絶対好きなやつだーって思ってたんですがやっぱり正解(・∀・)
カニバリズム系の映画なんですが草食系から肉食系に変わる女の子のお話。
大人の階段のぼる的なやつですかね|ω・)

一応ホラーになるのかな?グロシーンはそれなりにあるんだけどそれよりも不快なシーンのほうが多かった気がする。
だから人選びそうな作品ではあるけど映画自体はすごく良くできていて面白かった!
音楽なんかもオシャレだったし。

個人的にはコメディ的要素もどこか漂ってる気がして突っ込み所も多かったような。
そのへんはホラー好きあるあるだと思いますが(;^_^A
1番好きなシーンはやっぱり姉のアレを手羽先のように食べてたとこですかね!
かなり美味しそうに食べててあれは笑っちゃうわ。
ウメダ

ウメダの感想・評価

3.8
感想を、いろいろと言いたいけれど、
言い出したら、キリがなさそうな濃い作品なのでこれだけは言いたい。











獣医大学行きたくない!
oco

ocoの感想・評価

3.0
雰囲気映画かと侮っていた、カニバリズムに覚醒した瞬間のシーンで脱落してしまったw