RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

Ryo

Ryoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ほんのちょっとしとしたきっかけでベジタリアンだった主人公が肉大好きに、くらいに思ってたらまさかのカニバリズムに発展
狂った大学生活と並行して映されているからか倫理観がおかしくなってくる
生々しいグロ描写があるので過激なアクション映画よりも注意が必要かもしれない
何故か引き込まれた(^。^)

話のテンポは微妙だな😅
オチは良い(^。^)
彩

彩の感想・評価

4.0
えっっぐ、、、、
個人的に髪の毛吐くシーンが一番無理だった(笑)
それにしても何あの学校カルト教?
cursnufkin

cursnufkinの感想・評価

4.1
今まで感じたことがない感覚だった。
映画を見るといつも理解しようという考えが働いて見てしまうけど
理解とかそういうものは途中でぶっ飛んでずっと鳥肌立ちながら見た。
でも最後に感じたのは心身スッキリして
RAW2観たいと思ってしまったくらいよかった。
なんでそう感じたのかも全然説明できない。
不思議な映画体験だった。
ar

arの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

今までみた作品の中で一番「そこで終わるのかよ〜〜」と唸ってしまった、良き良き。内容は面白くないわけでもないし、むしろ斬新なストーリーだし女の子の噛み合いバトルも見所。あり得へんやろ〜っていう獣医学校で行われるイベントも面白い。けどカニバ作品としてはもう少し物足りないなあ。主人公の噛みちぎられた顔、同性の私にとって「それ一生残る傷やん……顔は大事にしてくれ……」とカニバより何故か変な心配をしてしまった
レナ

レナの感想・評価

3.0
お昼ご飯(ミートソースドリア)を食べた直後に見たから、本気で吐きそうになってしまった(笑)
でも、もう一度見たいかもと思っている自分が怖い。

このレビューはネタバレを含みます

2021年 34作目

グロテスクなシーンが多めで、見た直後は食欲が無くなりました

最後に明かされたお母さんから遺伝していた?という事実が衝撃的

お姉さんが刑務所にいるのは全ての罪を被ったということなのでしょうか?それとも主人公は彼を食べなかったのでしょうか?少し謎に思いました
カニバリズムという題材の中で、女性の本能が、思春期の抑圧が、なんかの意味深さを読み解こうと必死だったが、父親の告げる事実がギャグ展開に思えてしまった。

主人公の覚醒シーンに流れるパイプオルガンっぽい音楽がとても良くて、同じ曲の流れるクラブでポーズ決めてニヤニヤしているシーンも力のある画で良かった。
退廃的な雰囲気を常に纏った姉がイケメンかつ可愛く、突き放したり喧嘩もしたけれど姉妹の間には確かに愛があった。
奇妙な大学を舞台に描かれるドス黒カニバル映画
「RAW」

他のカニバル映画と同様人が人食いに目覚める過程を描いているこの映画。普通と違うのは舞台の何か奇妙な大学と多種多様な人間が織りなすドス黒い人間関係。
大学に入った主人公はとある些細なことで人の肉にハマってしまう。そしてドス黒い人間関係にも振り回されて、我を忘れてしまう…。

主人公がヴィーガンという設定も面白いし、ストーリーもわかりやすく普通に楽しめる。グロも少ないのでカニバル映画が初めての方でも楽しめるだろう。
とぅ

とぅの感想・評価

3.9
言葉とか意識ではない部分で伝わってくるものがあった
獣のような目つき
現実と幻覚の境目がはっきりしない
潜在意識に刷り込まれるような、垣間見える本能と映像(クラブのライトの表現がマッチしていた)

説明的でないからこそ説明できるもの

これを映画にしちゃうって、、素敵、、
思ったよりグロテスクでたまに心臓ビクついてたけどちょうどいい具合でした