RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 70ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

フィルマークス試写会
自分の目覚めた欲望と規範・社会が対立した結果、自分をコントロールできなくなってしまう。その恐怖が観客の本能にダイレクトに伝わってくる映画だった。
また、色使いの細やかさが凄かった。全編にわたって多種多様な赤色が映されている。血、肉、肌、口紅、照明など。
けいた

けいたの感想・評価

3.7
はじめてのFilmarks試写会にて。
これは衝撃的な作品だったな!!
ホラー映画っぽくはないけど、その辺のホラー映画よりも恐ろしかった。
とは言っても、恐ろしさだけでなく愛情とか女性監督ならではの美しい描写もあっておもしろい!
正直そこまで深いところまでは理解できなかったけど、ラストシーンは鳥肌たったね。
試写で『RAW〜少女のめざめ〜』。生理的不快感を感じさせるシーンもありつつ、『悪魔のいけにえ』のグランパを彷彿とさせるチュパチュパ描写や、ティーン映画らしいギャグも盛り込んだ、人喰い残酷青春ラブストーリーの快作(怪作?)。
鳥肌が立つような居心地の悪さと、鑑賞後の後味が絶妙。これは人を選ぶ映画です。
Zawa

Zawaの感想・評価

4.1
008/8.2

ウブそうなお嬢さんが大学寮の洗礼を受けるという流れがすぐに始まるので、イニシエーションものだな、という視点で見始める。

ベジタリアンだったのに、生肉を強制的に食べされられたことをきっかけに肉食に目覚め……という展開も、性的なメタファーだろうな、と思って見ていくのだが、性体験は性体験で並行して描かれるので、「ん?」となる。

ショッキングな描写が始まり、ここからジャンルものとして加速していくんだな、と予想すると、リアリティラインは一定に保たれたまま破綻しないので、ここでも「あれ?」となる。

このように、紋切り型の解釈を巧みにすり抜け、痛々しくも美しい映像と主人公による体験の強烈さがズシズシ響いてくる。

結果、イニシエーションものではあるし、肉食もある種のメタファーであることに変わりないのだが、頭でっかちな作り手では紡ぎ得ない複雑で体感的な物語になっていた。
女性監督だから、という片付け方は乱暴な気がする。ストーリーテリングにしても演出力にしても並外れたものを感じた。次回作があれば絶対見たいと思う。

後半になって重要性がグッと増す家族の描き方や、音楽、キャスティングも良かった。

万人には勧められないが、刺激強めな映画体験を求めている人にはおすすめ。
0

0の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

1/23 filmarks試写にて

上映後のトークでライター女性の方が語っていらっしゃったことが結構私の感じたことを代弁して語ってくださっていたので私如きが書かずともよい気がしていましたが自分の言葉で

男女で見え方に差が出そうな作品だと感じました
あまりこの作品に対して感じたことや思い当たる節を語ると自分のリアルな性に対する感覚などがバレるような気がするくらい自分の処女喪失の感覚だったりを赤裸々に思い出して語りたくなるような作品でした

予告や内容が怖そうなイメージがありますが、純粋に人間という所詮動物の本能のままの愛の話でした

それをより女性側目線から濃いめに描いていたような

女性が初めて心で好きな人ができた子宮が疼く感情、処女喪失した時(男性の味を知る)・その後の世界や男性の肉体への見え方が変わってゆく感覚をこの作品を観る女性は思い出して少し恥ずかしくなったりするんじゃないかなあと感じました。


ルージュの赤と血の赤(赤→女性を最も美しく魅せるセクシーで挑発的な色)

ベジタリアンが初めて知る血肉の味と処女が初めて知る男性の体液の味や肉体感

性欲と食欲の密接な欲望の関係性

などなど比喩ではないと思いますがそういった関係性や一つの事を多角的に見る、見せ方が上手いんだなあと感じました。ヴィジュアルも精神的な部分もとても優れた作品だと思いました。

愛の生々しさを味わって、生クリームをたくさん食べて胸焼けを起こしたような気分で帰宅しました。

そして私は上映後のトーク内容で気づいた「ラストの父親の愛」について気づくことができず、22歳の私はまだまだ性欲による愛しか知らず、本当の意味での守りたいだとか愛しているという真の愛の味知らないから気づかなかったのかもしれないと気づき、まだもうワンステップ大人の階段があるように思いました。

とても素敵ん作品でした。
ホラー映画を見る気持ちで見たら、いい意味で裏切られました👏

見てはいけないものを見てる背徳感を味わえた。
音楽がすごくよかったのと、姉が綺麗すぎる。

見る前は邦題なんかなあって思ってたけれど、まさに「少女のめざめ」の映画だった。
大学寮の乱痴気ぶりと無理ゲーが少女のめざめに拍車をかけるだろう相乗効果が逆にずっとテンション高いばかりのフラットな印象。画ヅラ、受け継ぐ可笑しさと悲しさからの冒頭の繋がりはよかったです

お腹すいた
とにかく衝撃的で、心に刺さる作品だった。万人ウケは望めないかもしれないけれど恐いものみたさでチャレンジしてみるのがいいと思う。
Kai

Kaiの感想・評価

4.5
前々から気になっていたけど、人肉を食べるという部分だけしか知らずに見ました。でも、これは大人になっていく少女の物語ですね。女性監督ならではの生々しい描写もあります。でも、ちょっとと笑える部分もあったり。姉妹の不思議な関係が好きでした。
エログロだけでなく青春の要素も入ってて楽しかった。
色々なことを経験してきた両親と姉
同じように目覚め、抗う少女
とても良かった。

鏡の前のシーンが最高