RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 70ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

Zhenji

Zhenjiの感想・評価

2.4
グロいだけじゃなく汚いシーンも多々あり、思いのほかビジュアル的にハードだった。しかも、最後のわかりやすいオチは、スッキリした、というより、安易だな、という気分にさせられた。

役者たちの演技はよかったが。
り子

り子の感想・評価

-
ストーリーが深くて考えさせられる系を期待して見に行ったけど、ただグロいだけのインパクト勝負の映画だった

でも映像は綺麗だったかもしれん
Yaya

Yayaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

美しいカニバリズム!!

冒頭の事故シーン⇨姉ちゃんの仕業か。
指にしゃぶりついた妹に対して、今まで他に試してみる機会はなかったの?

とか、、、世間に混ざる工夫しながら、息を潜めて生きてるんだな。
てことは、私たちの周りにもカニバリズム隠しながら生きてる人がいるのかもしれないね。

アドリアンの寝顔めちゃくちゃイケメン!!と、皆さんも見とれていたでしょう、死体と分からずに。あそこ怖すぎ!!!


面白かった!!
逆らえないものと共存してくってところは、自分を知って受け入れることが一緒だよね。カンニバリズムは少人数かもしれないけど。
確かに過激な描写はあるものの、そうした全ては愛という普遍的なテーマを描くための道具であるため、"過剰なショック"を与えるものではないという点で、ホラー映画を期待した人にはきっと物足りないだろうなと思います。

あちこちで言われているように、クローネンバーグを彷彿とさせるような独特で奇抜な作品でした。

セックスとバイオレンスだけでなく、ジェンダー、セクシュアリティなどへの言及が、至極当然のように行われる様がいかにもフランス映画らしいと感じました。

カニバリズムについても、"見世物"的な見せ方ではなく、あくまでも一種の性的指向、愛の表現方法として扱っている点もさすがは愛の国。

十人十色の愛し方があっても、胸の痛みは同じというところでとても切なく、共依存がもたらした"愛の到達点"は到底自分には達することができない領域であり、強烈なかっこよさと崇高なまでの美しさがありました。
スタ

スタの感想・評価

4.3
罪の…罪の味を…罪の味を知ってしまったアアア…!!!
性欲なんて誰にだってあるもんで、やっぱ初めて射精しちまったときの、「え、なにこれ…いやいやいやいやキモい…でも…」って感情。戸惑い、それでもどこか忘れ難い何か。それが"人肉って旨いんじゃね!?"ときたもんだからそりゃビックリっすよ。

人肉に対する欲だけど食欲だけじゃなくて、性欲にも繋がっちゃうのがいい。人肉って生モノだし、そりゃあSEXに繋がるわけで。
ただ観ててエロい!と思ったかというとそうでもないのが正直なところで、人肉が全く旨そうじゃないんだなぁ…。初めてのお食事シーン(指のとこ)はドキドキしたんだけど、活きのいい人肉はやっぱり痛い痛い。

あとは姉妹映画っていう面も良かった。
ねぇちゃんがくそイケメンで獣のごとくバトったり、それでも"血 "の繋がった人間であって…!


最後辺り、植物状態寸前の賢者タイムが訪れてて、食人ってこんな興奮するんだぁ!って思ったり。?
yuzupon

yuzuponの感想・評価

4.0
失神するかちょっと心配してたけど、大丈夫だった。それでも今まで観た中で一番衝撃的だった。

主人公の顔とか身体つきとか表情とか、すべてが儚げでよかった。お姉ちゃんは体格のせいかがっしり感が強い。

それにしてもベジタリアンだったのに人肉にめざめるなんて、振り幅が大きいのが良い。もうこれは少女の問題ではなく、家族の問題というか。

観た後お腹が空いて仕方なかったのは、決してめざめたからではない。
mai

maiの感想・評価

4.0
想像より激しくなかったけど主人公の女の子が美しくて豹変していく姿に心を奪われた
少女の目覚めってなんてエロチックなんだろう
指食べてるとこチキチキボーンにしか見えない
YKE

YKEの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

超強烈な青春映画
性欲と食欲は紙一重ということか、、、。
主人公の名前はサドの小説かららしい(?)
その他の人物(姉とか)もその小説のキャラクターと似ているらしいから、ちょっと気になった
ラスト、なぜかヒッチコックの「南部から来た男」を思い出して鳥肌😂

アレックス役の役者さんがすごく美形でタイプです
もっと主観的なアート寄りかと思いきや観やすかった。

なんか惜しい

このレビューはネタバレを含みます

良い子は真似しちゃダメ
間違った大学デビュー講座でした

厳格なベジタリアンの家庭で育った少女が全寮制の獣医学校で「通過儀礼」を通じてカニバリズムに目覚めていくストーリー

主人公の隠されてた本能が目覚めてくのはいいのですが個人的に結局「で?」ってなっちゃいました

分かりやすいもの求めがちな私としては中々難しい作品でした

ただ青と黄色のペンキを浴びせられた男女が「緑色になるまで出てくるな」と言われ部屋に閉じ込められたシーンの男女の絡みは視覚的にエロいしエモくて度肝抜かれた演出でした