RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 70ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

主役の女の子かわいかったので加点。

もっとヤバい話かと思ってました。
ひとたび痛い場面が出てくると、
人と絡む度に食いちぎるのでは…とハラハラ。
紫式部

紫式部の感想・評価

3.6
ベジタリアンの16歳の主人公が生肉を食べた事による肉体的、精神的な変化・・・

グロいとか失神者や嘔吐者が出たとの前触れだったので、かなり緊張してビクビクしながらの観賞でしたが、全編映像が綺麗なのでグロさは全く気にならず、ホッとしました。

人間の本性の覚醒

戸惑いながら、不安に怯えながら、自分の本性を自覚して葛藤しながら生きていく宿命を観ました
myexit

myexitの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最初から最後まで衝撃の砲弾を打たれ続けた、もうこんな映画観たくない(褒めている)
指を貪るシーンで本当に気持ち悪くなった
q

qの感想・評価

4.1
猟奇的メタモルフォーゼ
エグみが足りない…もっと覚醒させて欲しい、勿体ない

自分のカニバリズム映画好き具合を再確認して引いた
SyoCINEMA

SyoCINEMAの感想・評価

4.6
凄い映画だ。食人というテーマを扱いながら、ここまで清らかな愛のドラマに仕上げた監督の手腕に驚嘆した。しかもこの映画、劇中でどんどん進化する。

本作は、少女が大人の女性になっていく「性徴」映画でありながら、同時にある大きな愛にたどり着く「成長」物語でもある。終盤には、驚愕のどんでん返しも用意されている。どんどん姿を変えて、進化していく生き物のような映画なのだ。鑑賞後に去来する感情は、きっと当初は全く予想していなかった色と形をしているだろう。自分もそうだった。度肝を抜かれてしまったし、ラストには図らずも涙が出そうになった。「なぜ、泣く?」と戸惑ったほどだ。

本作は、最初は青春映画、次にミステリー、次第にサスペンス、ラブストーリー、最後には愛のドラマへと姿を変えていく。なんと鮮やかなメタモルフォーゼ。新鋭監督の卓越した映像センスとカラーリングに魅了され、特濃のストーリーに絡め取られて、どんどんクセになっていく。

事実、この映画を見てからというもの、他の映画に対して「ぬるい!」と思うことが増えた気がする。感性を爆発させながら、奇跡的なバランスでストーリーも演技も成り立っている。共食い状態じゃなく、ちゃんと三本の柱として成立している。選曲のセンスも抜群だ。
ファッション映画であり、アート映画であり、大手ファッションブランドが放っておかなさそうな卓越した感性が画面に充満している。しかも構成力まであるときたら、お手上げ状態だ。とんでもない監督に出会ってしまったかもしれない。

でもひとつ言いたいのは、本作がクラシカルな物語でもあり、驚くほど繊細に感情を描写しているということ。
少女が覚醒していく映画は、昨今人気のテーマだ。「ワイルド」も「獣は月夜に夢を見る」も「ウィッチ」も、「パーティで女の子に話しかけるには」も「イット・フォローズ」もそうかもしれない。

本作はそうした映画の系譜にありつつ、覚醒=解放 として描いていない。これは業であり、呪いであり、とてつもなく残酷な宿命だ。生肉を口にすることで自分の本当の姿を知ってしまった主人公ジュスティーヌは、欲望と理性の間で激しく葛藤し、なんとか抑えようと必死になる。その姿がひたすら切ない。誰にも話せないし、理解してももらえない。ただ、抑えるしかないのだ。
ジュスティーヌの運命はどうなるのか、かたずをのんで見守っていると、思わぬ方向からブスリと刺される。その瞬間、物語は本当の姿を見せ始め、登場人物の行動が全て繋がり、鳥肌が立つ。この瞬間を、ぜひ体感してほしい。こういう驚きのある映画は、滅多に会えるもんじゃない。

本作はグロいは、まぁグロい。でも、もし「グロそうだからどうしようかな」と悩んでいる方がいたら、勇気を出して劇場に足を運ぶことを勧めたい。本作の本質は、そこにはないから。他の作品では絶対に味わえない強烈なショックを、全身で浴びてほしい。
Yohei

Yoheiの感想・評価

3.8
鑑賞直後。どう「消化」していいか分からないから、今夜じっくり思い返してみよう…「目覚め」ない程度に。
作中、主人公のジャスティーヌが何度かえづいたり、リバースするシーンに「もらっちゃう、もらっちゃう…ウプッ(;´ж`)」と己の衝動を抑えながら鑑賞致しました。

私は今作が籠の中にいた少女が様々な刺激を短時間で受けた結果、他とは違う自分の怪物性に呑まれる話かと思ってたのですが…映画が終わる5分前位、ある人物の顔がアップになった瞬間「そっちぃ?!」とガツンと衝撃を受けました(つまり悪習映画だったのかなとか思ったり)!と同時に食人は置いといて、これって全然他人事じゃないし結構普遍的なテーマだったりするなぁと思ったりました。


それにしてもフランスの専門学校って結構自由なんですなぁ、もし私があの大学に入った初日にあの洗礼を受けたらマジで学校を辞めたいと思いますね。つか、あの先輩達を一人残らず喰い殺してほしかったなぁ…

冒頭から刺激的なシーンが続くので思わず顔を覆ってしまいそうになる場面もしばしば…ナキソウダッタゼ(;´д`)というのもジャスティーヌを演じるギャランス・マリリアーさんが凄い!己の衝動に抗ったり、溺れたりする演技は鬼気迫っています(ほぼゾンビなシーンもあったり)。特にルームメイトの“アレ“をドア越しに盗み聞きするシーンと最初に人の味を知った時の「うんまい!」って顔(ここのシーンは音楽も最高)と、自分の腕を噛んで食欲を抑え込んでいる目付きが好きです!もう…抱いて!いや喰って!←喰われろ

まぁ時間経過がわからなかったり、ちょっと学校の教師が放任過ぎたりがノイズはありましたが、グロくてエロくてどこか悲しい青春食人映画で個人的にはびくびくしながらも楽しめたので無問題でした!格闘漫画の“刃牙“が好きな方なら今作も好きになるのでは?!←勝手な妄想

※追記
こういう日に限って嫁が夕食に焼き肉を所望しました、食べてやりましたよ!「今日仕事だから遅いです!」と嘘をついて映画を観たんで食べてやりましたよ!ホルモンもロースもハラミも食べてやりましたよ!

というわけで今作を鑑賞した後に焼き肉はオススメしませんです…ウプッ(;´ж`)
まめお

まめおの感想・評価

5.0
生まれから一度も目を開けたことがなかったけど、初めて目を開けたくらいの衝撃。
胸糞映画。酷さに殺意を覚えるレベル。お金と時間を返してほしい。
カンヌで国際批評家連盟賞を受賞したりしたものの自分の好みと言えるか予告を見て判断しかねていたところでTOHOシネマズのポイントが貯まったので無料なら試しに見てみるのもいいかと思って鑑賞した結果、やっぱ来月以降まで使わない方が良かったと思うほど見たことを後悔した。

というのも予告の時点で若干そんな気はしていたのだけど、ギャスパー・ノエやパク・チャヌク、ラース・フォン・トリアーって感じの過激な作風の監督に影響受けてそうとは感じていて、しかし実際予想以上にモロに影響受けて過激な描写をひたすら工夫もなく映している様は、そこに哲学も美学も感じないせいでただただ下品に見えて辟易至極だった。

別にカニバリズムを題材にすることは悪くなく、同様の主題を美的センス溢れる演出で表現したネオンデーモンやガーゴイルは好ましく見れたのだけど、これはショッキングな映像が先行し過ぎたせいでただそういう衝撃映像を見せつけたいが為だけに題材を選んだような印象を受けてしまったし、その衝撃要素に関しても冒頭以外殆ど想定の範囲内だったことにも逆にゲンナリした。

近頃のヨーロッパの映画には、おそらく先述のギャスパー・ノエらの影響もあるんだろうけど、暴力的描写を入れておけば受けるだろうという魂胆からかエグいシーンの目立つ映画が多いように思えるのだけど、臨場感やリアリティを出す為に手持ちカメラや大きい手ブレを使うくらい安易で薄っぺらい表現には全く以って反吐が出るし、今回みたくそんな映画に時間を費やしてしまったときは不愉快で堪らなくなる。

しかしこんな気持ちになるのは偏に描写が汚らしい、というより汚らしい描写を撮っていることに悦に入っている風に見える為であり、特に主人公姉妹の立ちションにその趣向が窺えるわけだけど、糞をただ撮っても糞以外の何物でもないし、そういう生理的嫌悪感を催すものを撮ったからって別に凄くも偉くもないぞと強く言いたい。

兎に角ここまで酷いものを見たのは久々だけど、過去のオールタイムワーストがそうであるようにこういうのこそ記憶に強く残るものだから本当に困るし本当に腹が立つ。