銀魂のネタバレレビュー・内容・結末

銀魂2017年製作の映画)

上映日:2017年07月14日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「銀魂」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ハッピーエンドです。アニメ版紅桜編とほぼ内容は同じです。俳優さん方が無理してアニメ口調に寄せているために慣れるまで違和感がそこそこ気になります。

ストーリーは銀魂そのものでとてもいい作品です。
原作が好きだし神楽は橋本環奈なので母と観に行った。
ストーリーは原作の紅桜篇が大筋だったからかなんか重かったなー。
Netflixでもう1回見たけど、 船の上のシーンの神楽と新八とまた子がMAXだった。
好きすぎて3.4.5って続いても見たい
佐藤二朗さん面白すぎてみんな笑って撮影してるところも好き。もっともっとみたい
前売りのムビチケを二枚購入して劇場に行きました。

でも内容みて「あ、これ違う、銀魂っぽいけどなんか違うわ」ってなりました。

元々原作のファンで実写化には複雑でしたが、事前ビジュアルの完成度の高さに驚いて、ここまでこだわってくれるなら…と期待してました。

でもいざ観てみたら俳優達の好感度あげる為の映画かなーって。キャラに沿ってない部分が目立った。
例えば桂の神楽の呼び方が若干違ったりとか、土方なら絶対しないような言い方だったりとか…。

きっと自分のキャラは一応研究したけど、他キャラとの関係性までは研究しなかったんだろうなと。だから所々の会話で違和感があった。

途中笑えるのに微妙な所で現実に戻されてしまい世界観に入りきれませんでした。

逆に、よくぞここまで原作アニメに似せてきたな!と感心したのが菜々緒、菅田将暉、安田顕。
この3人だけはキャラとしてのクオリティが高くて実際に漫画から抜け出してきたのかと思うほど安心して観れました。

逆に、佐藤二朗はふざけすぎてて萎えた。
福田組常連だからアドリブ発揮してやろう…ってのが見え見えすぎて不快。
正直それは銀魂でやって欲しくなかった。


銀魂は銀魂であって、福田組の作品ではない。

福田組のオリジナルティを無理やり加えなくていいのになぁと思ってしまった。
ムロと二朗が出てればだいたいおもしろいとおもってしまっている。(笑)
パロディが多すぎて、心配になりました。(笑)
もっと笑えるかと思ったけどたいした事なかった…
ドラゴンボールの読み聞かせが1番笑ったw
予想より面白かった
2018/10/03
★★☆☆☆ netflix 巨大犬の名前は綱吉の方が良かった。高杉は晋助よりも久作(きゅうさく)にして欲しかった。元が晋作(しんさく)だもの。
マンガの実写化はだいたい外れて期待はずれ多いけど銀魂は面白かった!!!
元々ギャグ的な要素が多いアニメだから面白いけどキャストがキャラにみんな合っててとても見やすい
近藤さんの登場シーンとかもう歌舞伎界捨ててない?って感じ。笑

堂本剛のファンだから久々の演技とか嬉しかったしアクションもいいじゃん!
原作途中までしか見てないからより最後まで見たくなったー
2早くみたいからNetflixにはやく出してほしい笑
神楽が「ズラ」しか言わないことに対して「コマさんなのかもしれない(妖怪ウォッチ)」っていうのがジワったw 
・全裸素振りの近藤さん
・オレオレ~でやり過ごす新八
・めっちゃCGなサダハル
・楽して勝ちたい銀さん
・美しすぎる高杉(堂本くん)

原作は途中まで知っていたので作品自体には入りやすかった。
大爆笑!って感じではなかったけど普通に楽しめました。
>|