銀魂の作品情報・感想・評価

銀魂2017年製作の映画)

上映日:2017年07月14日

製作国:

上映時間:130分

3.4

あらすじ

江戸時代末期、日本の鎖国を解放したのは、黒船ではなく宇宙船だった 宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時と、ひょんなことから出会った新八と神楽が営む万事屋(よろずや)の周りで起こる事件や騒動の数々。果たして、今日はどんな事件が起きるのか――?

「銀魂」に投稿された感想・評価

キャストのハマり具合に差があった印象。
吉沢亮くんの沖田総悟、菜々緖さんのまた子のレベルが高くて驚いた。

あとは今人的、福田監督のギャグと相性が良くないのか、そこのやりとりまだやる?みたいなシーンが見受けられた。
見ていて少し疲れるところがあった。

あと銀さんのハードルってかなり高いなと、再認識。
原作を知らなくても、オープニングを耐えられるなら最後まで観られると思った。漫画原作映画というよりアニメ版を人でやってみた感じ。
バトルシーンはスピード感がなくて格好良くなかった。
U

Uの感想・評価

3.0
こんなのが映画として成立するのかってくらいめちゃくちゃなんだけど、俳優陣が豪華…!
イケメンの無駄遣いってキャッチフレーズは間違ってない。

橋本環奈可愛いし、吉沢亮の綺麗な顔もたまんなかった(ミーハー丸出し)

原作少し知ってるし期待値以上に小ネタが面白かったので3!
さやこ

さやこの感想・評価

3.0
結局のところ、実写化ってストーリーとか絵のクオリティよりも
原作キャラとどこまで似せることができるかってところだと思うんですが、
そう言う意味では銀魂のキャラをしっかり表現できており、
イメージが壊れてないなと思いました。

個人的に推したいのは、菜々緒のまた子と吉沢亮の沖田ですね。
吉沢亮はもはやただの沖田でしたね。可愛い。
佐藤二朗に無駄に笑わせられました。
アニメでよくやる、完全にアウトなパロディとかも出てくるので世界観はよかったです。
WJでずっと読んでるしアニメもちょこっと観た私の感想。


かなりある程度の内容を知らないと面白くない。

ムロツヨシと佐藤二朗がキャラ壊してる。
ムロツヨシのメレブ感半端なかった。
あれ?源内ってあんなキャラだっけ?って夫に確認してしまった。
逆に安田顕は初見わからなかった。
先日HK観たけど、ムロツヨシは毎回「ムロツヨシ!」って感じで個性全開(悪く言えばキャラの個性ぶち壊し)だけど、安田顕は「あれ?これ、安田顕?」って思わせる。
橋本環奈の演技はすごかったけど、神楽のたどたどしくしてるんだけど、棒読みっぽくなっちゃってる。
中村勘九郎も身体張ってるなぁって思った。
個人的に堂本剛の高杉晋助はナシでした。
何かちょっと違う。

CG安っぽいし、スケールの小ささが露呈してしまってる。

原作知ってる人しか楽しめない映画。
mai

maiの感想・評価

3.3
原作は全く知りません
環奈ちゃん、菜々緒さんがツボった
俳優いじりは面白かった
中身はスペシャルドラマ見てる感じだった
USRYT

USRYTの感想・評価

3.2
キャスティングが素晴らしい!みなハマってると思われ。
紗羅

紗羅の感想・評価

3.2
しょっぱな寒めで後味こってりみたいな
>|