あおい

Death Note/デスノートのあおいのレビュー・感想・評価

Death Note/デスノート(2017年製作の映画)
3.0
世界はいつも、救世主を求めてる…

ハリウッドリメイク版「デスノート」ついに爆誕!でもまたしてもNetflix限定だぜ!さぁアホなライトとLの戦いを刮目せよ!

ストーリーの大筋は、みんなが知ってるデスノートです。でも、途中からデスノートとして観るとアホらしくなってきたので、これは別物として観るのがイイかも( ^ω^ )

あの世界観がアメリカのティーンに落とし込まれてるあたり、すごく良かったですし、出だしもまずまずでした。

しかし、いかんせんライトが普通すぎます。もう少しキレるやつ期待してたのですが、普通に高校生活エンジョイしてて、そのくせ「新世界の神」とか言うもんやから、ただの厨二病でした( ^ω^ )しかも若干いじめられっ子やし( ^ω^ )まぁ無理やりでも、名前はライトやったのは良かったですね。あとは、リューク出る前から意味もなく机にリンゴ置く癖やめろ( ^ω^ )

あとは、ミサミサ枠のミア。こいつが考え足らずなんは全く問題がない。ただ、死神の目の設定が無い以上、ただのライトよりヤバい厨二病患者になってしまってた( ^ω^ )あとは急にライトのこと好きになりすぎて笑った。まぁ何はともあれウブなライトを誘惑する新たなミサミサとして、デスノート史に名を刻みましたね( ^ω^ )

そして、L。黒人なんはすごく新鮮やった。しかしすぐ逆上するし、爆速ダッシュするしで、マジでギャグキャラ( ^ω^ )キャラ崩壊し過ぎてて、もはやLじゃない。ギリギリメロってあたりやけど、知能レベルはライト並みなので、基本アホです( ^ω^ )アホで甘党なLでした。

リュークはウィレム・デフォーと聞いていたので、声は期待通り。吹き替えの声も良かったです。造形も良い感じに禍々しくて良かったです。

ワタリは、なぜか脳筋のカマセになってました( ^ω^ )ライトパパが、1番まともでしたね。

「デスノート」として観るとコレジャナイ感しかないですし、熱狂的なファンは怒るでしょう( ^ω^ )

ただ、100分で収めたと思えばこんなんでも全然良いんじゃないでしょうか?日本人ならある程度設定理解して観てるやろうし、展開はスッと入ってくると思います。

色々なところに突っ込みながら、本家に想いを馳せて観るのもまた一興…

Netflix#14