Death Note/デスノートの作品情報・感想・評価

「Death Note/デスノート」に投稿された感想・評価

城戸

城戸の感想・評価

1.0
ボンクラで集まってデスノートという名目でファイナルデスティネーションを作れて良かったですね。さようなら
あかぎ

あかぎの感想・評価

3.6
原作と比べて知能戦を乱す情動や若さによる至らなさにフォーカスしてて思いのほか面白かった。色とりどりのビー玉や教科書、シルクハット等、小道具の使い方も印象的だったし、雨とネオンに彩られた映像には耽美な匂いもあって良かった。
ここの総合評価はちょっと低くすぎるように思う。ただ、Lはもう少し感情を読めるかコントロールできてもよかったのでは…とは思った。
3io

3ioの感想・評価

2.8
The story goes almost as same as Japanese version, however as some people said not smart enough.
It might be good to watch if you wanna compared with the Japanese one.
いくらなんでもお互いアホすぎやん
ノートの使い方面白いっちゃ面白いけどトリッキーすぎる
ファイナルデスティネーションみたいな感じで悪くなかった
Y

Yの感想・評価

-
偏差値の低いデスノート

IQがグッと下がりましたが派手なアクションや映像的な勢いはこっちのデスノートの方があります。

リュークの日本語吹き替えが中村獅童さんだったのが胸アツな要素でした。

デスノート“テイスト”だと思って観れば楽しめるはず。
モモモ

モモモの感想・評価

3.2
主人公(月)を平均より賢いけどアホで冴えないティーン設定にするのは構わないんだけど、Lもアホっていうのはどういう事だ。
天才が1人も登場しないデスノートとは一体何なのか。
ルールの追加や変更は改悪作用しか生んでないし、ゴアゴアしてる殺害描写も魅力を感じない。
心臓麻痺をベースにして欲しかった。
このデスゲーム映画を「デスノート」でやる必要があったのかと思えてくる。
ラストカットのキレの良さとデフォー版リューク(ノーメイクでも良いのでは)は好きなので加点。駄作。
とむ

とむの感想・評価

-
ごめん正直原作より好き原作とは別作品だけど
そんなに期待してなかったけど、やっぱりこうなってしまったか。

一番残念なのは、原作では頭の良い月を始め、ミア、Lたちがみんな頭の悪い感じになってしまったこと。

あとは全体的に小さな範囲の話にもなってしまったな。残念。
頭脳戦をカットして「ファイナル・デスティネーション」みたいになってた。そりゃあ、思ってたんとちがう!となるわ。
>|