カムイ

シュガー・ラッシュ:オンラインのカムイのレビュー・感想・評価

3.8
可視化されたネットの世界が見てて本当に楽しい。検索エンジンの擬人化キャラやネットサーフィンにショッピング、ああなるほどオンラインの世界ではみんなこういう風に働いてたのね(笑)
スパム広告やネトゲーのRMT問題、ウイルスや視聴稼ぎの模倣YouTuberといったネットの闇もうまく調理してストーリーに組み込まれていました。パロディも満載で映画オタクならニヤリとするシーンがいくつか。
ディズニープリンセス総登場のシーンには笑った! なるほどプリンセスの定義は「王子様がいないと何もできないと思われてる」も含まれていたのか。これ痛烈なセルフパロだよね。
ストーリーの軸はラルフとヴァネロペの絆、そしてそれぞれの成長。
ラルフのヴァネロペに対する愛情はまっすぐな故に独りよがりで、それがウザさに現れ(ヤンデレ一歩手前)ヴァネロペには届かず……。観ててやきもきさせられました。そして巣立ちを決意するヴァネロペの唐突とも言える成長に一瞬置いてかれそうになったけど脳内補完で乗り切った。この辺もうちょっと描写の尺が欲しかったけど、まあこの年頃の子はそれくらい生き急いでるからリアルといえばリアルなのかも。1日が大人の1年くらいあるしね。

夢を見つけてそれを追いたいヴァネロペと、ヴァネロペの夢なら何でも叶えてやりたいラルフ(ただし自分のそばで!)という二人が最後にたどり着いた答えとその選択の行く末は……。ぜひ本編でご覧ください。