シュガー・ラッシュ:オンラインの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

シュガー・ラッシュ:オンライン2018年製作の映画)

Ralph Breaks the Internet

上映日:2018年12月21日

製作国:

上映時間:112分

3.7

あらすじ

「シュガー・ラッシュ:オンライン」に投稿された感想・評価

こせ

こせの感想・評価

4.3
「ディズニー」のでかさを見せつけられた。
インターネットの世界の具現化がしっくりきすぎてる。シンプルにすげぇ。
でも、感動パートはいらなかったかな。これといった悪役がいたわけじゃないけど、ラルフ集合体のところは冷めた。

アリエル、良い。シャツのくだり。
イースターエッグがレディプレーヤー1並にありそう。
みすず

みすずの感想・評価

3.5
プリンセスたちが好きだから
まじ可愛い〜ってなった
庭

庭の感想・評価

3.7
オンラインを可視化した世界がすごくワクワクしたし、有名なサービスがちらほら見えて楽しかった。そこらへんの発想がとても良かった



あと、
ラルフの集合体がキツかった
sukentaro

sukentaroの感想・評価

4.0
・友情モノとしてストーリーがよかった
・インターネットの世界の作り込みがすごい
・グルートが出てきた!
wowow

予想外に楽しめた。
インターネットの世界。何気ない負の感情は増幅し、いつの間にか自分の感情以上のモノに化けてしまう。
こんな身勝手な感情『トモダチ』の存在は本当に気持ち悪く、うまい表現だなぁと感心してしまった。
ディズニーのプリンセスの登場にはテンション上がる。
友達の夢を叶えるのを阻止しようとする男のサクセスストーリー。

いつも思うんやけど、海外の取り返しつかん悪いことしてもごめんね!って言うたらいいよ!っていう関係やばくない?
今回のは結構キツいわ、こんなんされて許すバネロペ仏やろ。
手を振り合うラルフとヴァネロペが好き
新しい世界を知っての件"トイストーリー4のウッディ"を重ねてしまった…
Toku

Tokuの感想・評価

4.0
インターネット世界を舞台にする同じような映画はいくつか見てきたけれど、この映画はインターネットをよく表現できていてディズニーすごいとなる。
自立とか成長のテーマのテンプレ構成力も安心して見ていられる。
ディズニーらしい非常に教育的映画。
自己言及とメタの連続で飽きさせない。

結構意外な展開だけど、ここ数作のディズニーのメッセージ性を貫くテーマが描かれてる。プリンセスの登場もその意味で、ただのファンサービスではない用いられ方をしていた。