曇天に笑うの作品情報・感想・評価

曇天に笑う2018年製作の映画)

上映日:2018年03月21日

製作国:

上映時間:94分

3.1

あらすじ

物語の舞台は、明治維新後の滋賀県・大津。300年に一度蘇り、人に災いをもたらすという巨大な力を持つ大蛇(オロチ)。大蛇復活の年、その力を阻止するために立ち上がった曇神社を継ぐ曇家(くもうけ)の長男の曇天火、次男の空丸、三男の宙太郎の曇天三兄弟(どんてんさんきょうだい)と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)は、それぞれ違った方法で大蛇の力を再び封印し、日本に平和をもたらそうとしてい…

物語の舞台は、明治維新後の滋賀県・大津。300年に一度蘇り、人に災いをもたらすという巨大な力を持つ大蛇(オロチ)。大蛇復活の年、その力を阻止するために立ち上がった曇神社を継ぐ曇家(くもうけ)の長男の曇天火、次男の空丸、三男の宙太郎の曇天三兄弟(どんてんさんきょうだい)と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)は、それぞれ違った方法で大蛇の力を再び封印し、日本に平和をもたらそうとしていた。しかし、その力を手に入れ明治政府を転覆させるため動き出した最強の忍者集団・風魔一族の暗躍により、曇天三兄弟の行く手は阻まれてしまう。曇天三兄弟vs犲vs風魔一族・・・ 三つ巴、空前絶後の戦いが、今始まる!

「曇天に笑う」に投稿された感想・評価

ビジュアルイケメンを愛でる映画。

私はおっさんなので美男子にはびくともせず。

テンポの良いオープニング。そこから段々尻すぼみ。
キャラ設定に深みがなく、ストーリー展開もイマイチ盛り上がらない。

1番の欠点はラストバトル。憎っくき風魔一族との戦いであるのにアレで良いのか?私は消化不良。

福士蒼汰の爽やかスマイルだけでお代わり3杯ごはんが食べられる輩以外は近づくべからず。
ぴぽぱ

ぴぽぱの感想・評価

3.5
福士蒼汰を見るためだけの映画。
ちよこ

ちよこの感想・評価

2.5
漫画を読んでいたのでかなりがっかりした。
kohei

koheiの感想・評価

3.2
単純な冒険活劇が続く映画。アクションもストーリーもそれほど。衣装や舞台セットは雰囲気あってよい。
Phill

Phillの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

原作未読だったためか内容に追いつけなかったので少々わかりづらさは感じてしまった
かわ

かわの感想・評価

2.5
内容としては日本あるあるな兄弟愛映画でアクションシーンに物足りなさを感じた。敵の終わり方が呆気ない気がした。
優馬くんがテレビで見ない間に演技上手くなってたと思う。
まず、中山優馬が福士蒼汰に対して兄貴って呼ぶところに違和感(笑)

そして、福士蒼汰の話し方に違和感(笑)
キャストは皆んなイケメンなんだけど、違和感だらけの作品でしかない(笑)


桐谷連出てるから見たけど、びみょーだった
原作未読

警官達もあれだけしっかり「闘うぞー!」って軍隊に見せてたんだから
そういうシーンが欲しかった
展開は読めたけど、思ったよりは面白かったです
桐山くんがいい役でおお!ってなったのと、歌仙ぽいな!ってなったのと。笑

刺すところ映さなかったのはやはりJ的な配慮なのかな?
ntm

ntmの感想・評価

1.0
サンシャイン池崎みたいなんおった
>|