ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Yearsの作品情報・感想・評価

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years2016年製作の映画)

The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years

上映日:2016年09月22日

製作国:

上映時間:109分

4.0

あらすじ

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築…

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築したのか―それと同時に、ビートルズの類まれでユニークな音楽の才能や、突出していて補完しあう個性も探ります。リバプールのキャバーン・クラブ時代から、最後に観客の前で演奏した1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までを描いたドキュメンタリー。監督は、『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』などを手掛け、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞®を受賞したロン・ハワード。 最新インタビュー収録!世界初公開映像満載!!貴重なライブ映像がカラーで蘇る!!! 本作の為に準備された映像は、デジタル修復され、さらにカラーで蘇った世界初公開のアーカイヴの数々。 モノクロでしか見ることのできなかった60年代のライブ映像が、まるで今の時代の映像のように鮮明になって音楽と共にスクリーンで体感できるとなると、ファンならずとも必見です。ライブ音楽は、劇場公開用にリマスターされているため、今までにないクリアな音でビートルズの名曲たちが楽しめます。

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」に投稿された感想・評価

ファンが壊してしまったのかなーとかなんとか色々考えてしまう
ミリ

ミリの感想・評価

3.9
60年代当時のビートルズを取り巻く異常な熱狂の様子がわかる。
お馴染みの歌がたくさん聴けるし、どういう背景で完成したのか知ることができる。

熱狂の渦に何年もいるなんて、想像するだけでしんどいな。
DVD
やっぱりビートルズだね!
ミオ

ミオの感想・評価

5.0
ビートルズには、自分たちの周りのものに「一流」という価値を与える力がある。

オモチャのような、決して上等とは言えないギターは、彼らが使ったことで一流のギターになる。
誰も着ないような襟なしスーツは、彼らが着たことで一流のスーツになる。
一見すると胡散臭そうな瞑想は、彼らが行ったことで一流のサブカルチャーになる。

服も、タバコも、クスリも、故郷すらも。
それまでどんなに価値がないものと思われていたとしても、彼らに関わったものはすべて一流になる。

そんな彼らのドキュメンタリーが一流でないはずがない。
これは、4人の若者が世界を席巻し、歴史を作っていった時代の、あまりにも眩しい、一流のドキュメンタリー映画である。
R.ハワード監督、流石だった! 抜群にテンポ良く興味深いドキュメンタリーでいて、若者のきらめきの日々とその美しい終焉を描いた青春映画。
ヒカル

ヒカルの感想・評価

4.7
ビートルズ第2世代で作品は全て見聞きしてきましたが、久々な新しい映像が入っていてとても感慨深かったです。初期の頃のドキュメントが多く、4人が強力し合って本当に仲良かったんだなって嬉しい気持ちになりました。暴露本とか見るよりこの映画を観た方が楽しさも苦しさも4人で分かち合い活動してきたのがよく分かって、またアルバム全部聴きたくなった。
Sayu

Sayuの感想・評価

4.0
ポールカワイイ、ジョンオモロイ
ジョージカッコイイ、リンゴスキ♡
あの時代に生まれてたらどんな感じだったんだろ
いつの時代でも素晴らしいものは素晴らしいね♡
ナオ

ナオの感想・評価

3.7
ビートルズ、全く世代ではないんですが何かと曲を耳にする機会が多かったのもあり勝手に親しみを持ってて。
何年か前ポール・マッカートニーが来日してコンサートするのを知ってポールもおじいちゃんだしこれを逃すともう機会がないかも!とほとんど衝動的にチケット取って見に行ったんです。ひとりで。

豆粒大のポールがめちゃくちゃはしゃいでお茶目に日本語喋ったり、元気に走り回って2時間半ノンストップで歌い続けるのみてもうめちゃくちゃ元気もらった!すごくよかった!
見た目はおじいちゃん(というかもはやおばあちゃん)なのに!
あの時の空気感とか余韻はずっと忘れないだろうなってくらい興奮した〜〜あの空間にいれた感動を将来孫に自慢しようと思います。


何かライブの感想みたいになっちゃったけど笑
それもあってこれはレビューが低くても絶対観ると決めてた。

大筋は知ってても実際のインタビュー映像や当時の映像を交えながら観るとね。
成功の裏に影は付き物だけど、世界規模で人気者になった彼らは一般ピーポーには計り知れない挫折や葛藤があったんでしょうね...
そういう背景を知って聴くとまた違って感じる不思議。
すべてハッピー!じゃないけどやっぱりビートルズってすごいバンドだったんだなあ、月並みだけど。

私も世代ドンピシャだったら追っかけしたかったな〜〜〜!
Kaz

Kazの感想・評価

3.9
Great :)
>|