ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Yearsの作品情報・感想・評価

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years2016年製作の映画)

The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years

上映日:2016年09月22日

製作国:

上映時間:109分

4.1

あらすじ

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築…

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築したのか―それと同時に、ビートルズの類まれでユニークな音楽の才能や、突出していて補完しあう個性も探ります。リバプールのキャバーン・クラブ時代から、最後に観客の前で演奏した1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までを描いたドキュメンタリー。監督は、『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』などを手掛け、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞®を受賞したロン・ハワード。 最新インタビュー収録!世界初公開映像満載!!貴重なライブ映像がカラーで蘇る!!! 本作の為に準備された映像は、デジタル修復され、さらにカラーで蘇った世界初公開のアーカイヴの数々。 モノクロでしか見ることのできなかった60年代のライブ映像が、まるで今の時代の映像のように鮮明になって音楽と共にスクリーンで体感できるとなると、ファンならずとも必見です。ライブ音楽は、劇場公開用にリマスターされているため、今までにないクリアな音でビートルズの名曲たちが楽しめます。 今年は、日本の歴史に残る“伝説の武道館公演”から50周年に当たるメモリアル・イヤー! 武道館公演は、1966年6月30日から7月2日までの3日間、5回の公演で各回満席の延べ5万人を動員、テレビ中継の視聴率は異例の56.5%を記録。当時は、ロックミュージシャンがライブ会場として武道館を使用することは前例がなく、社会問題にまで発展していった。音楽シーンのみならず世界を変えたビートルズに再注目です!

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」に投稿された感想・評価

ファンが壊してしまったのかなーとかなんとか色々考えてしまう
かなり作り方が丁寧だし上手い。ビートルズファンは必見。
Axlrose

Axlroseの感想・評価

3.2
まあまあかなぁ〜
ザ・ビートルズのドキュメンタリー映画
(本日=2017年11月12日、鑑賞)

「良く、こんな昔のライブのカラー映像が残っていたなぁ~」と感心する曲もある。
特に、1963年11月20日マンチェスターの『シー・ラヴズ・ユー』や『ツイスト&シャウト』は綺麗なカラー映像。

ただ、途中はビートルズのライヴ映像にインタビューを重ねる編集がなされており、この辺りは、曲の合間にインタビューの声は入れて欲しかった。

あの映画『ヤァヤァヤァ』が7日間で撮影されたとは驚き。

また、ゲイターボウルという会場は、黒人隔離する会場だったそうだが、これをビートルズのコンサートから撤廃されたというエピソードは、人間として立派である。
⇒今年公開された映画『ドリーム』を思い出した。

1964年8月ハリウッドボウル公演にはシガニー・ウィーバーが観に行っていたり、シェイスタジアム公演にはウーピー・ゴールドバーグが行っていたりと、良い環境に居た人達の紹介もあり。

基本的にはコンサートにうんざりするビートルズを描く部分に比重が置かれており、その後のスタジオ・レコーディングやアップル屋上ライヴはチラリという感じ。

「ジョージ・マーティンに捧ぐ」とされた本ドキュメンタリー映画、ビートルズ・ファンであれば一見の価値あり、と思う。
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

3.6
1963年に始まった15か国90都市のツアーから最後に観客の前で演奏した1966年8月29日まで貴重な映像をまとめた作品。日本公演の舞台裏も新鮮。
あずう

あずうの感想・評価

4.1
どんな表現の曲でも素敵に思えてたけど、
背景をああやって知ると曲の見方が良い意味で変われた気がした。
音楽を聴いていないファンがいる、って本人達が気付いた時、どんな気持ちだったのかな、、、
どんな時代の曲でも、心が弾む曲を歌っているのはやっぱ才能だなあと思った
何と言っても、初期の若々しいライヴ映像を満載しているのが良い。デジタル・リマスターにより、以前はモノクロだった映像もカラーで復元。音質も画期的に向上して、'60年代当時にタイムスリップしたような感覚に陥る。

このように目玉となるライヴ映像がガッツリあるからだろう、音楽ドキュメンタリーにありがちなプロデューサーや業界の大御所による冗長な音楽談義が殆ど収録されていないのも好印象。

その代わりに、リチャード・カーティス(映画監督)、シガニー・ウィーバー(女優)等、異色のメンバーがかなり興味深いエピソードを語っている。エディー・イザード(コメディアン)が分析するビートルズのインタビュー受け答え術の分析は目からウロコだし、ウーピー・ゴールドバーグ(女優)が語るビートルズと人種問題の話は心に沁みる。これら多彩なインタビューを小気味よくまとめたベテラン監督、ロン・ハワードの手腕にも拍手である。

映画で完結するのではなく、観終わった後に「ビートルズのアルバムが聞きたい」と思わせる、音楽ドキュメンタリーの理想形がここにある。
pitasii108

pitasii108の感想・評価

4.8
劇場版でみたのでライブ映像までたっぷりみた。
The Beatlesが小さい頃から大好きで何がそこまで私を虜にするんだろうって思っているのですが
曲のバリエーションとクオリティの凄さもさる事ながら、メンバーのお茶目なキャラクターが世界の心を撃ち抜いたんだと思う。とにかくみんながムラなくユーモアがある。インタビューで名前を間違えられたジョンがそのままその名前で自分からインタビューを進めたり、受け答えしてるメンバーの頭の上に煙草の灰を落としてキャッキャする所なんてもう最高の極みでした。
世界的スターなのに観ているファンの、しかもイギリス人でもない、リアルタイム世代でもない、日本人の私ですらなぜ身近に感じてしまったんだろうとハッとしてしまうくらい。それが本当のスターの魅力なんだなと再認識しました。
ジョン

ジョンの感想・評価

4.0
アンソロジーで見た映像が多かったが見たことないものあり満足です
劇場限定の最後のライブ映像の迫力はすごかった
隣で見てたおじいさんが涙を流していたのが印象的です
>|