ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Yearsの作品情報・感想・評価

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years2016年製作の映画)

The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years

上映日:2016年09月22日

製作国:

上映時間:109分

4.0

あらすじ

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築…

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築したのか―それと同時に、ビートルズの類まれでユニークな音楽の才能や、突出していて補完しあう個性も探ります。リバプールのキャバーン・クラブ時代から、最後に観客の前で演奏した1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までを描いたドキュメンタリー。監督は、『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』などを手掛け、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞®を受賞したロン・ハワード。 最新インタビュー収録!世界初公開映像満載!!貴重なライブ映像がカラーで蘇る!!! 本作の為に準備された映像は、デジタル修復され、さらにカラーで蘇った世界初公開のアーカイヴの数々。 モノクロでしか見ることのできなかった60年代のライブ映像が、まるで今の時代の映像のように鮮明になって音楽と共にスクリーンで体感できるとなると、ファンならずとも必見です。ライブ音楽は、劇場公開用にリマスターされているため、今までにないクリアな音でビートルズの名曲たちが楽しめます。

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」に投稿された感想・評価

ファンが壊してしまったのかなーとかなんとか色々考えてしまう
7

7の感想・評価

4.1
42本目
Yumi

Yumiの感想・評価

4.3
本当に天才
ずっと観てたかった
タニー

タニーの感想・評価

5.0
ライブシーンがスゴイ!
4人の息の合った感じ・歌声や動き全ての4人のパワーが伝わってくるし、絶叫してる子の気持ちがわかる!

ファンじゃなくも、わかりやすいよう時系列になってるから、4人の顔つきや雰囲気がだんだん変わってきてるのも解る。
『ヘルプ』って曲の歌詞の意味とかも、そうだったんだ・・。
そして、最後の屋上でのライブに何だかジーンときた。ライブで休む暇がなかった時と違って、色々知って大人になった4人に見えた。
特にポールとジョンレノンの歌い方がヤケクソ?叫び?のようにも思えたし、リンゴの表情が暗かったような。(たまたまかな?)

ビートルズの凄さがわかる映画でした。
ツクダ

ツクダの感想・評価

4.0
「リンゴは鼻がセクシーなのよ」←わかる
aki84

aki84の感想・評価

4.0
アップル社の屋上でのライブ映像が最高すぎて泣いた

こんなにまっすぐ人の心に届く曲を作れる人たちは他にいない、イギリス行ったらLiverpool絶対行く
映画館で鑑賞。音楽ものは映画館で観ると全然違いますね。ビートルズということもあって観客の年齢層は高めでしたが、若い方もちらほらいらっしゃいました。
大画面、大音響でビートルズが聴けただけで幸せでした。ライブ当時の観客の熱狂も感じることができます。ドキュメンタリー部分は多くの本で既出なので目新しい部分はありませんが、音だけでも観る価値がありました。
MinKFJ

MinKFJの感想・評価

4.0
唯一無二の存在、20世紀最高のPOP STAR、THE BEATLES
ライヴ活動を活発に行っていた63〜66年の映像と音が鮮明に蘇り、まるで同じ時代自分もそこにいたかのような臨場感。
twist&shout!大大大コーフン。

ライヴ活動を休止したその後は4枚のアルバムを出した、とさらりと流すだけ。ライヴ中心のドキュメンタリーというコンセプト。
でもね、ライヴ休止前後からの色々あるよね…部分ももっと見たいし知りたい。ジョージがインド音楽に傾倒したのは有名だけど、J.ケージなど実験音楽からの影響とか、スタジオ録音時代の曲の作られ方にも興味津々だもの。

アップル社屋上での最後のライヴ。もう自由奔放で天真爛漫な青年達のshoutではない、いろいろくぐり抜けての魂の叫び。こころが泣いた。
saccharin

saccharinの感想・評価

5.0
映画館で見て、この前WOWOWでも見ました。

この世で一番好きなビートルズです。
デビューからサージェントペパーまでの歴史です。

ビートルズに関してはもはや研究家レベルで詳しいので(笑)ほぼ全部知ってる事なんですが、動いて喋って歌ってる彼らを見られるだけで最高です。  

感動するのはやはり世界中の人に夢と希望を与えたという所。
色んな人が証言してます。

後、もう1つ非常に重大なポイントが「黒人差別反対を明確に表明していた」という点。
彼らは当時アイドル的存在だったので公の場で政治的な発言はするなとマネージャーに止められていました。
それを振り切ってまで差別反対を堂々と表明したのです。
これがどんなに勇気ある事かおわかりでしょうか?
それによってキャリアを台無しにする可能性も全然あるんです。
ああ、なんてカッコいいんだこの人達は、、

あとエルヴィス・コステロも言ってますが、ビートルズは演奏が凄い。
映画館でしか見れなかったコンサートは最高でした。
グルーヴが段違いです。
もうビートルズは下手とかアホみたいな事言わせねーぞ!!

ビートルズが存在することに感謝して日々過ごします☀️
青の

青のの感想・評価

4.0
中学生になったばかりの頃、我が家の朝の食卓ではテレビじゃなくてラジオを点けるのが日課になっていた。
ふいにハーモニカが流れて、なんだかワクワクすようなハーモニーと、ガシャガシャしたギター。
なんだか目の前がふわぁーっと明るくなったような気がした。
「これは誰?」
僕ははボリュームを上げながら母に聞いた。
「びーとるずでしょ?」
母は味噌汁と納豆を準備しながら答えた。
それから僕は母にしつこくザ・ビートルズについて質問攻めにした。
世代的に母はジャストだった。
ただ、母は洋楽より沢田研二が好きだったらしく、今思えば誰でも知っているような当たり前のことしか教えてもらえなかった。
その日以来FMの番組表を毎朝チェックするようになり、ザ・ビートルズ特集があれば必ずカセットテープで録音するようになった。

そんな僕の姿を見てそう考えついたのか、ある日母が提案してきた。
毎月の小遣いの代わりに、ザ・ビートルズのアルバムを1枚買ってあげると。
当時はネットどころかCDも無かったのでLPだ。つまりレコード。当時で2.500円。
今思えば学業かんばしくない僕が、少しでも英語に興味をもてばとの想いがあったようだ(皆も分かっている通り、洋楽を好きになっても英語の成績が上がるわけではない笑)。

そして、ザ・ビートルズのLP『Please Please Me』をゲットした。
最高だった。
翌月『With The Beatles』をゲットした。最高だった。
5人目のビートル、スチュアート・サトクリフの恋人が撮ったジャケ写だ。
『A Hrad Days Night』もゲットした。最高だった。
イントロのジャーン!だ。
あの革新的なジャーン!だ。
コード的にはF69/Dだという(よくしらないけど)。
これは二本のギターとピアノで鳴らされているという(このジャーン!だけの研究考察サイトがある)。
とにかく最高だ。

ギターを買えなかった僕は、箒(ほうき)にパンツのゴムを張って、ジョンの弾き方を真似していた。
近眼だという彼のように目を細め、ガニ股で。
そして姿勢よく、たまに頭をクンッとしてタコみたいに唇を突き出すポール。
左眉毛を上げ気味に、上目遣いで自信なさ気なジョージ。
シンバルを打つ時に首を真横に傾げるリンゴ。
そう、まずは見た目から真似して楽しんでいた。
オリジナルアルバムを全て集め、アメリカ版LPや写真集やVHS『コンプリート・ザ・ビートルズ』やヒストリーものの書籍を網羅し、その頃には高校生となっていた。

何かの本で15才頃に聴いたモノで、今後の嗜好が決まるのだとか。
ハードロックもヘヴィメタルもパンクもブリットポップも、シューゲイザーも。とにかく何でも聴きまくったが、最終的にはThe Beatlesに帰結するのがそう言うことのようだ。
高校生になって、自らバンドを組んでオリジナル曲を作った時も、やはりビートル的なものが根底にあった。
必ず4人編成で、全員が楽器を持ち、リードボーカルは2人で分け合った。
ジョンの内向的な歌詞であったり、ポール風の複雑なベースラインを要求したりとか。

バンドもやらなくなり、オリジナル曲を作るなんてしなくなった。
今やすっかりオヤジだ。
ジョン レノンが逝った時の歳を超えてしまった。
でも、やはり聴くものや身の回りに置きたいものはビートル的である。

はて、ビートル的とは何か?と問われれば、それはThe Beatlesを聴いてくれと言うしかない。
神とか天才とか、いわゆる漫画界で言うところの手塚治虫 崇拝的なものを嫌う意見もあるが、そんなことはどうでもいいことだ。

今作は美しいです。ホントに。
色んなビートルフィルムを観てきたぼくが言うから間違いないです。
ツアー大変だったなーとか、そゆんじゃないです。
彼らは美しいから、美しいものを見たい人は見てほしいです。
>|