ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Yearsの作品情報・感想・評価

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years2016年製作の映画)

The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years

上映日:2016年09月22日

製作国:

上映時間:109分

4.0

あらすじ

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築…

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築したのか―それと同時に、ビートルズの類まれでユニークな音楽の才能や、突出していて補完しあう個性も探ります。リバプールのキャバーン・クラブ時代から、最後に観客の前で演奏した1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までを描いたドキュメンタリー。監督は、『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』などを手掛け、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞®を受賞したロン・ハワード。 最新インタビュー収録!世界初公開映像満載!!貴重なライブ映像がカラーで蘇る!!! 本作の為に準備された映像は、デジタル修復され、さらにカラーで蘇った世界初公開のアーカイヴの数々。 モノクロでしか見ることのできなかった60年代のライブ映像が、まるで今の時代の映像のように鮮明になって音楽と共にスクリーンで体感できるとなると、ファンならずとも必見です。ライブ音楽は、劇場公開用にリマスターされているため、今までにないクリアな音でビートルズの名曲たちが楽しめます。

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

"ビートルずといると実に危険です
ステージのドアに近づくとほぼ完全に潰されます"
とてつもない人気だったことがこのセリフからも、当時の映像からよくわかる.そして、綺麗なライブ映像がこんなにも残っているのかと驚いてしまうくらい素敵な映像がたくさん!

ビートルズの人気の理由がつまってる
敏感な社会問題にまで堂々と向き合って音楽を続けてたこととか、ビートルズ排斥運動も起こってたりと知らないことたくさんで.ただとんなときもトークセンス抜群なのが印象的

とりあえず、ビートルズがこんなに色んな人に好かれて半世紀以上も音楽が残り続けてる意味を理解した..いろんな人に愛される理由がここにつまってると思いました!

特にhelpが出来るまでのところとか限界に苦しんでる時期のとこ、ビートルズのこと全然知らないくせに泣いた.順風満帆なような人生だけど、4人は苦しんで音楽続けて、でもそれを誇りに楽しんでいたんだなと、そう考えながらi've good a feelingとeight days a weekを最後に聴くと、さっき言ったことに重なるけど、知らないくせになんだか泣けてきてしまう

もっと書きたいことはたくさんあるけどこのへんで.とりあえずほんとにどの曲も素敵で、時代やそれぞれの背景を知ると余計に魅力を感じました

前に親にポールマッカートニーのコンサート誘われたのにその時興味無くて断ったことを今更悔やもうと思います笑 一生叶わない願いだけど、ビートルズのライブに足を運んでみたいですネ

とりあえずこの映画は、私みたいな「ビートルズのこと全然知らないけど、あの曲いいよネ」て感じの人が観るには最適の映画だとおもいます!
みそり

みそりの感想・評価

3.0
ビートルズ好きだったから泣いた
MIYUKO

MIYUKOの感想・評価

-
ビートルズが世界中で大ブームしていた時代に、今ぐらいの年齢だったらな〜〜ってひたすら悔しがってみてた。
本編終わった後に流れたライブ映像では、かっっこよすぎて涙止まらなかった😭
わたしはポール推しだから、今でも活動しているのありがたい!

このレビューはネタバレを含みます

eight days a weekってタイトル良いなぁ。言葉単独でも良いフレーズだが、ビートルズの当時の忙しさをうまく表現できている。
ビートルズの世界的活動に焦点を当てた作品で、ビートルズを語るキャストの中に日本人もいたが、その日本人の方が言っていたように私も「どうしてこんな曲が作れるんだ…」と思った。歌詞が聞き取れなくても、曲が。良い。
ワーイ

ワーイの感想・評価

4.7
サイコー!大好き!ビートルズの曲ってもう飽きるくらい聴いてしまったと思う時期が人生に何度か来るけど、イキイキしてるビートルズを観ると、大好き!サイコー!って気持ちがよみがえって何度も何度も大好きになる!つまりサイコー!
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.5
ロン・ハワード監督のドキュメンタリー映画。63年から66年がメインの話で、メンバーのインタビュー、貴重のライブ映像、芸能人ファンまで詰まった音楽ドキュメンタリーです。ビートルズの始まりからアメリアの発来日、アメリカの人気テレビ番組出演、ジョンのイエス発言とフィリピンの問題も全部公開されてます。改めてビートルズの曲やビートルマニア時代を見るとやっぱり凄い、凄すぎるわ!これはビートルズファン、やっ、音楽ファンなら見るべきの映画ですね。オノヨーコ嫌いの人、安心してください、この映画はジョンとオノヨーコの付き合う前の話なので彼女は出ておりません。
ビートルズのドキュメント映画の中でも最新の部類の作品、おそらく現時点最新

ビートルズの名曲と、それぞれ当時のライブシーンやレコーディングシーンなど映像記録と
現在の関係者や影響を受けた様々な著名人や業界人などのインタビューもまじえ

ドキュメンタリー映画として王道のつくりになっている

個人的に最高に気分が盛り上がったのは、公民権運動時代のアメリカでライブをする際にビートルズがとった姿勢の場面

あの堂々とした態度は、反感を買う部分もあっただろうに素晴らしいと思った
ビートルズ。
懐かしい。
eviny

evinyの感想・評価

3.9
60年代に世界的な大ムーブメントだったビートルズの貴重なライブ映像が満載で音源は大好きだがなかなか映像を観ることができなかったのでかなり面白かった。

また60年代の文化的背景も織り込まれており当時を知らない自分としては新鮮な内容だった。人種差別問題への言及など主張も明確で社会派アーティストとしての一面も新たに垣間見えた。

tomorrow never knows録音の際の実験的録音のエピソードは後のエレクトロニカにも繋がるパイオニア感もあり後世の音楽にも大きく影響を与えていたのだと思った。

スタイリッシュなファッションセンスもジョンをはじめとしてかなりかっこいい。

ライブをメインとしたドキュメンタリーなので録音が中心となったラバーソール以降が手薄だったけど、ラバーソール以降がモロに好きなのでそこは予想してたけど少々残念。
>|