ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Yearsの作品情報・感想・評価

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years2016年製作の映画)

The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years

上映日:2016年09月22日

製作国:

上映時間:109分

4.0

あらすじ

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築…

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築したのか―それと同時に、ビートルズの類まれでユニークな音楽の才能や、突出していて補完しあう個性も探ります。リバプールのキャバーン・クラブ時代から、最後に観客の前で演奏した1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までを描いたドキュメンタリー。監督は、『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』などを手掛け、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞®を受賞したロン・ハワード。 最新インタビュー収録!世界初公開映像満載!!貴重なライブ映像がカラーで蘇る!!! 本作の為に準備された映像は、デジタル修復され、さらにカラーで蘇った世界初公開のアーカイヴの数々。 モノクロでしか見ることのできなかった60年代のライブ映像が、まるで今の時代の映像のように鮮明になって音楽と共にスクリーンで体感できるとなると、ファンならずとも必見です。ライブ音楽は、劇場公開用にリマスターされているため、今までにないクリアな音でビートルズの名曲たちが楽しめます。

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

5.0
なぜか途中から目が潤み始めて終始そんな状態で鑑賞を終えました。もちろん彼らのアルバムは全て所有していますし自分の音楽人生にとっては極めて大きな存在に違いないのですが、そういうプライベートな感覚ではなく、もう少し俯瞰的な感覚に陥ったとも言いましょうか、不思議な感覚でした。本作で描かれているように彼らが登場した1960年代はある意味で世界的に激動の時代だったわけです。東西冷戦、人種差別、ベトナム戦争、ケネディ暗殺などそれは個人レベルではなく国家レベルでのイデオロギーの衝突の時代。そこに突然現われた彼らは国家など通り越した、実はそれがとても個人レベルでの社会的ムーブメントの可能性を世界中に知らしめたわけです。今みたくインターネットもSNSもない時代です。彼らに心酔し絶叫するのには、肌の色も政治的信条も関係なかったわけです。今では当たり前のそんなことを世界中の若者たちに初めて気が付かせたことこそ、彼らが身を粉にして精神的限界まで追い詰められながらも世界中をライブで回ったことの功績ではなかったか。だから監督のロン・ハワードはライブをしていた時までのビートルズを扱うことにしたのではないだろうか。精神の限界はドラッグへの逃避と依存を当然の帰結とし、その後の作品性に大きな影響を与えたはずであり、グループの解散にも少なからず繋がったはずでしょう。その意味において、彼らを消費し食い尽くしたのはあの時代、あの時代の若者たち、そして何よりもその後の時代の変化を享受している現代の我々一人ひとりなのではないか、そんな思いで終始涙目になりつつ観ざるを得なかったというわけでした。
皆さんも是非。
ジョージのくだりがおもしろかった気がする。
tapioka

tapiokaの感想・評価

3.5
新しい情報はなかったけど、良い音と映像でまとまったドキュメンタリー。ラストの屋上ライブが良い。大人になったビートルズが、それまでの対比として上手く映し出されている。
ザ・ビートルズのドキュメンタリー映画。
「良く、こんな昔のライブのカラー映像が残っていたなぁ~」と感心する曲もある。
特に、1963年11月20日マンチェスターの『シー・ラヴズ・ユー』や『ツイスト&シャウト』は綺麗なカラー映像。

ただ、途中はビートルズのライヴ映像にインタビューを重ねる編集がなされており、この辺りは、曲の合間にインタビューの声は入れて欲しかった。

あの映画『ヤァヤァヤァ』が7日間で撮影されたとは驚き。

また、ゲイターボウルという会場は、黒人隔離する会場だったそうだが、これをビートルズのコンサートから撤廃されたというエピソードは、人間として立派である。
⇒今年公開された映画『ドリーム』を思い出した。

1964年8月ハリウッドボウル公演にはシガニー・ウィーバーが観に行っていたり、シェイスタジアム公演にはウーピー・ゴールドバーグが行っていたりと、良い環境に居た人達の紹介もあり。

基本的にはコンサートにうんざりするビートルズを描く部分に比重が置かれており、その後のスタジオ・レコーディングやアップル屋上ライヴはチラリという感じ。

「ジョージ・マーティンに捧ぐ」とされた本ドキュメンタリー映画、ビートルズ・ファンであれば一見の価値あり、と思う。
イギリスに訪れた時、アビーロードスタジオに行った。落書きだらけであまり何も思わなかったのが本音だけど本当に彼らはそこに居たんだな。
彼らの音楽は本当に好きだけど周囲の反応が尋常じゃなくて怖かった。これから先もこんなバンド現れないだろうな。
naofumiman

naofumimanの感想・評価

4.2
初めてビートルズと向き合った気が。
音楽はすごく好きでずっと聞いてるけどその時の熱とかメンバーの表情を感じる事ができて最高でした(*´∇`*)
ys

ysの感想・評価

4.0
2016鑑賞。
ロンハワード✖︎ビートルズ
ビートルズがスタジアムライブの歴史を切り開いた。
ジョンレノンスーパーライブに最終回含め3回だけ行きました。
有名ミュージシャンのビートルズカバーに感動しました♬
桑田佳祐、奥田民生、吉井和哉、斉藤和義、LOVE PSYCHEDELICO、BONNIE PINK、THE BAWDIESののROY、井上陽水、浅井健一、OKAMOTO'S、the HIATUSの細美武士、MONKEY MAJIK、miwaなどなど。
Canape

Canapeの感想・評価

4.0
記録 ビートルは知ってるよ、大好きな曲もいっぱいあるよ。でも、当時こんなんだったんだね!!!スーツに身を包んだマッシュルームカットの4人。スーツを着させたマネージャーも凄い。光と影と伝説が蘇ってきて、わーーー!!!ってなりました。屋上で歌う姿と、見上げる人、思わず体が動く人、呆然と立ちすくむ人、とっても印象的でした。
ビートルズは高校卒業後に聴き始め、そこからハマった。本作は彼らのドキュメンタリー作品。ロン・ハワード監督が作ってくれたおかげでかなり良質な作品に仕上がっている。
ビートルズのアルバムは全てお気に入りだが、「サージェントペパーズ」「アビーロード」は今でもたまに聴く。
Iman

Imanの感想・評価

4.5
この映画で始めてビートルズの素晴らしさをしりました!ビートルズを荒らさずに作った映画。ロンホワード監督もビートルズが大好きなんだろうなぁ。
>|