ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Yearsの作品情報・感想・評価

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years2016年製作の映画)

The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years

上映日:2016年09月22日

製作国:

上映時間:109分

4.0

あらすじ

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築…

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品! 1963年~66年のツアー時期をベースとし、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがどのように集まり“ザ・ビートルズ”になっていったかを探ります。彼らのグループ内でどのように意思決定がなされ、楽曲が作られ、彼ら全体のキャリアを構築したのか―それと同時に、ビートルズの類まれでユニークな音楽の才能や、突出していて補完しあう個性も探ります。リバプールのキャバーン・クラブ時代から、最後に観客の前で演奏した1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までを描いたドキュメンタリー。監督は、『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』などを手掛け、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞®を受賞したロン・ハワード。 最新インタビュー収録!世界初公開映像満載!!貴重なライブ映像がカラーで蘇る!!! 本作の為に準備された映像は、デジタル修復され、さらにカラーで蘇った世界初公開のアーカイヴの数々。 モノクロでしか見ることのできなかった60年代のライブ映像が、まるで今の時代の映像のように鮮明になって音楽と共にスクリーンで体感できるとなると、ファンならずとも必見です。ライブ音楽は、劇場公開用にリマスターされているため、今までにないクリアな音でビートルズの名曲たちが楽しめます。

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

5.0
なぜか途中から目が潤み始めて終始そんな状態で鑑賞を終えました。もちろん彼らのアルバムは全て所有していますし自分の音楽人生にとっては極めて大きな存在に違いないのですが、そういうプライベートな感覚ではなく、もう少し俯瞰的な感覚に陥ったとも言いましょうか、不思議な感覚でした。本作で描かれているように彼らが登場した1960年代はある意味で世界的に激動の時代だったわけです。東西冷戦、人種差別、ベトナム戦争、ケネディ暗殺などそれは個人レベルではなく国家レベルでのイデオロギーの衝突の時代。そこに突然現われた彼らは国家など通り越した、実はそれがとても個人レベルでの社会的ムーブメントの可能性を世界中に知らしめたわけです。今みたくインターネットもSNSもない時代です。彼らに心酔し絶叫するのには、肌の色も政治的信条も関係なかったわけです。今では当たり前のそんなことを世界中の若者たちに初めて気が付かせたことこそ、彼らが身を粉にして精神的限界まで追い詰められながらも世界中をライブで回ったことの功績ではなかったか。だから監督のロン・ハワードはライブをしていた時までのビートルズを扱うことにしたのではないだろうか。精神の限界はドラッグへの逃避と依存を当然の帰結とし、その後の作品性に大きな影響を与えたはずであり、グループの解散にも少なからず繋がったはずでしょう。その意味において、彼らを消費し食い尽くしたのはあの時代、あの時代の若者たち、そして何よりもその後の時代の変化を享受している現代の我々一人ひとりなのではないか、そんな思いで終始涙目になりつつ観ざるを得なかったというわけでした。
皆さんも是非。
あらい

あらいの感想・評価

3.7
初期のライブ集かと思ってたら
彼らの苦悩とか音楽に対する姿勢を見ることができた
レジェンドの彼らも人間だったんだ..と考えさせられます

あと初期だけかと思ったら一応LET IT BEまでやってくれて嬉しかったー

初期ライブの映像リマスター技術すごくてまじかってなるから是非見てほしい
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
原点であったライブ、彼らの台頭がもたらす熱狂、やがてそれが社会を動かすようになり彼ら自身を窮屈にしていく...というビートルズの最絶頂期の内面に切り込んでいくドキュメンタリー。キリストより有名発言でアメリカの世論を敵に回し、徐々にライブで自分たちが歌を伝えられていない事に疑問を抱いていく過程が、よくこの後世にこれだけ集められたなというほどの豊富な映像で語られていた(まだ若いころのシガニー・ウィーバーも映ってるし!)。よくあれほどの何も聞き取れないような状況で演奏できてるよなあ、と変な所で感心するばかり。
Lostlion

Lostlionの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大学ので受けたビートルズの授業を思い出しながら鑑賞。
help!あたりから泣いてた。
When I was younger so much younger than today
I never needed anybody's help in any way
But now these days are gone and I'm not so self assured
Now I find I've changed my mind, I've opened up the doors
Help me if you can, I'm feeling down
And I do appreciate you being 'round
Help me get my feet back on the ground
Won't you please, please help me?
And now my life has changed in oh so many ways
My independence seems to vanish in the haze
But ev'ry now and then I feel so insecure
I know that I just need you like I've never done before
よ

よの感想・評価

4.0
途中まで気づかず見てたけど2回目だった

このレビューはネタバレを含みます

"ビートルずといると実に危険です
ステージのドアに近づくとほぼ完全に潰されます"
とてつもない人気だったことがこのセリフからも、当時の映像からよくわかる.そして、綺麗なライブ映像がこんなにも残っているのかと驚いてしまうくらい素敵な映像がたくさん!

ビートルズの人気の理由がつまってる
敏感な社会問題にまで堂々と向き合って音楽を続けてたこととか、ビートルズ排斥運動も起こってたりと知らないことたくさんで.ただとんなときもトークセンス抜群なのが印象的

とりあえず、ビートルズがこんなに色んな人に好かれて半世紀以上も音楽が残り続けてる意味を理解した..いろんな人に愛される理由がここにつまってると思いました!

特にhelpが出来るまでのところとか限界に苦しんでる時期のとこ、ビートルズのこと全然知らないくせに泣いた.順風満帆なような人生だけど、4人は苦しんで音楽続けて、でもそれを誇りに楽しんでいたんだなと、そう考えながらi've good a feelingとeight days a weekを最後に聴くと、さっき言ったことに重なるけど、知らないくせになんだか泣けてきてしまう

もっと書きたいことはたくさんあるけどこのへんで.とりあえずほんとにどの曲も素敵で、時代やそれぞれの背景を知ると余計に魅力を感じました

前に親にポールマッカートニーのコンサート誘われたのにその時興味無くて断ったことを今更悔やもうと思います笑 一生叶わない願いだけど、ビートルズのライブに足を運んでみたいですネ

とりあえずこの映画は、私みたいな「ビートルズのこと全然知らないけど、あの曲いいよネ」て感じの人が観るには最適の映画だとおもいます!
みそり

みそりの感想・評価

3.0
ビートルズ好きだったから泣いた
MIYUKO

MIYUKOの感想・評価

-
ビートルズが世界中で大ブームしていた時代に、今ぐらいの年齢だったらな〜〜ってひたすら悔しがってみてた。
本編終わった後に流れたライブ映像では、かっっこよすぎて涙止まらなかった😭
わたしはポール推しだから、今でも活動しているのありがたい!

このレビューはネタバレを含みます

eight days a weekってタイトル良いなぁ。言葉単独でも良いフレーズだが、ビートルズの当時の忙しさをうまく表現できている。
ビートルズの世界的活動に焦点を当てた作品で、ビートルズを語るキャストの中に日本人もいたが、その日本人の方が言っていたように私も「どうしてこんな曲が作れるんだ…」と思った。歌詞が聞き取れなくても、曲が。良い。
>|