Haruna

ぼくと魔法の言葉たちのHarunaのレビュー・感想・評価

ぼくと魔法の言葉たち(2016年製作の映画)
4.5
ほぼ初のドキュメンタリー映画でした。
映像と映像との合間に
イラストのアニメーション(ディズニーのラフ画風)が流れているのが
世界観的に好きだった。

自閉症の青年とその家族の今までのお話。
私たちには計り知れないほどの
苦労や悲しみを体験しているけど
ディズニー映画がこの家族を救ってくれた。

言い方が難しいけど
自閉症に対するイメージが少し変わった。
自閉症だからって人とコミュニケーション取りたくないわけじゃないし、むしろ人と関わるのが好き、
自分の意思だってもちろんあるし、
恋愛だってするし、もちろん失恋してこの世の終わりみたいに悲しくなる、
大学だって卒業できちゃうし、もちろん働く、それに一人暮らしだって挑戦する…
いっぱい自分の持ってたイメージを覆してくれた映像だった!

元からディズニーは大好きだけど
このドキュメンタリーを観て
よりディズニーが好きになった。
ディズニーアニメーション、片っ端から観たくなる。

もし自分に子どもが出来たら
どんな子どもでも最後まで愛し抜く
強くて優しいママでいたい。
絶対、ディズニー映画観せよ。