ぼくと魔法の言葉たちの作品情報・感想・評価

「ぼくと魔法の言葉たち」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.5
2歳まで他の子と変わりなく、しゃべったり歩いたり遊んだりしてたのに、ある日突然それができなくなったりすることもあることを知らなかった。

自閉症とかそういった人たちも、きちんと自立して一人暮らししたり、仕事に就いたり、凄いなと思う。

兄の誕生日の話には、兄が抱える責任の重さとか、綺麗ごとだけじゃない苦悩も垣間見れてグッときた。

色んな人に見て欲しい作品
世の中に
一律に3を目指すのではなく
1つだけでいいからできるコトを
5にすべき。こうゆうことを言ってくれる先生は何人いるのだろうか。
名作。
映画としての出来とは関係なく、自閉症の人達は魅力的なキャラクターの人が多くて観てて飽きないし元気になる
ペニー

ペニーの感想・評価

3.9
ドキュメンタリーだと思ってなくてちょっとびっくりしたけど、めちゃくちゃよかった。

オーウェンが前向きで素敵でキュートだった。
ディズニー映画で世界が変わったなんてスゴすぎるし素敵すぎる。
maaco

maacoの感想・評価

3.5
映画と思ってたらドキュメンタリーだった。
オーウェンの心情や体験したことをディズニー映画のシーンで見せたりリンクさせたり、アニメーションで見せたりと
とにかく映画の演出が凝っていて素晴らしかった。
あと使われてる音楽が抜群によかった。
だからかなんか普通のドキュメンタリーよりも見やすくて引き込まれた。
色々考えさせられるものでした。
ラストのディズニーシーンめっちゃいい。
良き映画です。
タイトルとジャケットで鑑賞。まさかの苦手なドキュメンタリーだったけど、とても素晴らしかった。
mkjr

mkjrの感想・評価

-
記録📝
アル

アルの感想・評価

3.9
色々考えさせられたし素直に感動したしで素晴らしいドキュメンタリーだった。
saki

sakiの感想・評価

3.4
ディズニー観よっと。
mkp

mkpの感想・評価

3.8
自閉症をテーマにしたドキュメンタリー。当事者が語ることで、自閉症の方が感じる世界や、物事の見え方に触れることのできる作品です。幼少期に言葉を失ったオーウェンがディズニー映画を通して再び言葉を得る、彼のような例は多くはないのかもしれません。けれどこれが奇跡だと受け流すのではなく、決して諦めなかった家族の姿にも注目したい。自閉症の子どもたちは、自分の世界の中で必死に生きています。そんな彼らを信じ、寄り添うだけでなく時には失敗させることも恐れず、彼らの未来を決して諦めない、そんな家族の在るべき姿を教えてくれます。
>|