ぼくと魔法の言葉たちの作品情報・感想・評価

「ぼくと魔法の言葉たち」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.5
2歳まで他の子と変わりなく、しゃべったり歩いたり遊んだりしてたのに、ある日突然それができなくなったりすることもあることを知らなかった。

自閉症とかそういった人たちも、きちんと自立して一人暮らししたり、仕事に就いたり、凄いなと思う。

兄の誕生日の話には、兄が抱える責任の重さとか、綺麗ごとだけじゃない苦悩も垣間見れてグッときた。

色んな人に見て欲しい作品
がっつりドキュメンタリーな作品は初めてかも。
全然観れました。

オーウェンの心のきれいさにやられました。
大人には気付けないピュアな感情や考え方もありそうだと思いました。
そして本当にディズニーが好きなんだなと。
テンション上がってる彼を見るとこちらも嬉しくなるほど。
何かスピーチ感動しちゃったよ。

色んな人が色んな状態色んな状況で生きてる。
そういうのって定期的に考えないと自分が1番大変ぐらいに思っちゃうよね。

みんなすごいなぁ。
最近他人を尊敬してばかりだ。
megさん

megさんの感想・評価

3.4
私のような自閉症などの発達障害について理解が足りていない者にとっては興味深く観ることができる良作だと思う。
オーウェンが主役の作中アニメがとても優しさを感じさせ、観ている人をオーウェンの世界に連れて行ってくれる。脇役たちの守護神、いい。

印象的だったのは兄ウォルト。彼が話すオーエンに関わる考えはとても素直で正直で共感できる。
オーウェンが支援専門の教育機関に通ったり自立支援住宅で一人暮らしをするなど見ていると、アメリカは日本より多分福祉は恵まれている(サスカインド家の経済力もあるのだろうが)ようだが、それでもウォルトが抱える未来の重さは軽いものではないんだろうな。

誰がみても面白い映画ではなかったけれど、私は興味深く観た。
ディズニー映画は好きではないけれど、今度観てみようかな。
【昨今のマイノリティーの強要がウザいです】

作り物と違って実在の人間を映し出しているドキュメンタリー映画にスコアを付けるのは躊躇します、それが障害を抱えた人のドキュメンタリーならば尚更スコアを付けるのが難しい……でも正直に書くならば「ん?」って印象でした。幼くして自閉症を患った成人男性のドキュメンタリーなのですが、身内(両親、兄)には愛情を注がれて彼女もいるし仕事もあり一人暮しできる家も与えられている、それでいて人生が辛いって嘆かれても反応に困りました……自らが潜在意識的に大人になることを拒んだのに「それって甘くない?リア充じゃん」と私は思いました。実際には辛い思いをしただろうし努力もしてきたのかもしれない、でもこのドキュメンタリーからは本人の努力や苦悩が見えてこない、本人は何も悪くないです映画の作り方の問題だと思います。本作に低いスコアを付ける事によって明日から私は「鬼畜バーニー」とか「人でなしバーニー」とか罵声を浴びせられ石を投げつけられるかも知れません…でも障害を持っているからって「マイノリティー至上主義の世論に甘えるな!」と言いたくなるような作品に仕上がっていましたし、健常者でいるよりも障害者でいた方が「楽じゃん」と思える作品に仕上がっていましたので、堂々と低いスコアを付けさせて頂きます。
波南

波南の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

失恋するシーン…悲しいんだけど、何故か笑っちゃった!
映画館での理想的な仕事も見つかって、生活もギリギリだけど自立出来て、一人の大人の男性となった!
A

Aの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

言葉を失なったはずの自閉症の息子と、ディズニーキャラクターの人形を介して数年ぶりに突如として会話することができた父親の心情とは。その嬉しさと感動を抑えてまで、会話の為にキャラクターを演じた父親の愛の深さよ。
もちろんディズニーアニメーションの力も偉大なんだけれども、それをも超える家族の愛を感じた。
これからディズニー映画は教えてくれない世界にも踏み込むことになるオーウェンに幸あれ。
障害があってもエリートの片鱗を見せる主人公。
健常者ならば、さぞ素晴らしい人物になっていただろうな。
障害者の弟と年老いた両親を持つ兄のコメントは一番切実に響いた。
きれい事では終われないよな。
ドキュメンタリーだけど、難しくなくあっさり楽しむことができた。

自閉症の青年を題材にしている作品。
ディズニーアニメを通じて成長していく彼と、その両親、家族。
完全にドキュメンタリーであったけど、合間にアニメを挟んだりしてくれているおかげで、懐かしい思い出に浸れながら観ることができた。
2歳までは他の子と変わりなく、よく喋りよく笑う子だったのに、突然自閉傾向が表れ、別人のようになってしまうケースがあることに驚きました。
(折れ線自閉症というらしい)

そんな少年が、大好きなディズニー映画を繰り返し観るうちに、徐々に言葉を発するようになり、コミュニケーションが取れるようになり...。

ディズニーというか、アニメが子どもに与える影響は計り知れないな~と。声優さんが施設に会いに来てくれるところに感動。
>|