ぼくと魔法の言葉たちの作品情報・感想・評価

ぼくと魔法の言葉たち2016年製作の映画)

Life, Animated

上映日:2017年04月08日

製作国:

上映時間:91分

3.7

あらすじ

愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった――。 それでも“信じる”ことを諦めなかった家族は、やがて大きな奇跡を起こす。 サンダンス映画祭で鳴り止まない大喝采を浴び、アカデミー賞®ノミネートも果たした 愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー

「ぼくと魔法の言葉たち」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.5
2歳まで他の子と変わりなく、しゃべったり歩いたり遊んだりしてたのに、ある日突然それができなくなったりすることもあることを知らなかった。

自閉症とかそういった人たちも、きちんと自立して一人暮らししたり、仕事に就いたり、凄いなと思う。

兄の誕生日の話には、兄が抱える責任の重さとか、綺麗ごとだけじゃない苦悩も垣間見れてグッときた。

色んな人に見て欲しい作品
SUMIRE

SUMIREの感想・評価

4.0
ディズニー映画をきっかけに、言葉を話せるようになった自閉症の子が、自立して行く話。
感情とアニメがリンクしたり、優しい家族や、ピュアな彼の態度や言動にぐっときました。

今日は何する?
クッキー作って映画見よう

なんてことないこの会話が
たまらなかった。
moon

moonの感想・評価

3.3
自閉症の男の子がディズニーアニメを通じて言葉を取り戻し、社会生活や人生に必要なものを学んでいく過程を追ったドキュメンタリー

オーウェンは一人暮らしにも挑戦し、映画館でも働き、彼女なんかもいて、自閉症の中でも知能レベルはかなり高い方でしたね。
人生は困難なことの連続で、それはディズニーアニメのように脚本通りにいかない。予想不可能な事が苦手な彼らにとって、それを乗り越える事は大変だけど、ディズニーの脇役達がそばについてるから頑張れる。
版権に厳しいディズニー本部が許可を出したらしくディズニーアニメの断片がバンバン流れるので、それを見ているだけでも楽しい。見やすいドキュメンタリーでした。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.5
内容は3歳から自閉症が発覚した男が全て見たディズニーのアニメ映画のセリフを完全暗記して、長年一言も話せなかったことを突然自分の親のところに行って、兄のことが心配で、親に「兄がピーターパンやモグリーと同じ様に大人になりたくない」。びっくりした親がディズニーのアニメ映画のおかげで、息子と会話出来るようになった。彼も成長し、高校を卒業、ひとり暮らしも始める(アシストコミュニティで)。フランスまで自閉症の国際会議のゲストスピーカーまで描いてる。人間って本当の凄いと感じた。あとはやっぱり家族の愛と理解があった上での成長だ。素晴らしい!
mofu

mofuの感想・評価

3.5
ディズニーの映画が出てくるから気になってた映画。

2歳になった時に自閉症になり 言葉を失ったオーウェン。
3歳の時にリトル・マーメイドのセリフを、意味のある言葉を話した時は鳥肌がたった。

その後の人生の中でも、ピーターパンからお兄ちゃんの気持ちを理解したり。

ディズニー映画には、1つ1つにメッセージがあって、この映画を見た後には、今までの感じ方と違う英語の見方をしよう。と思える。

映画の可能性が広がる、ディズニーの力の大きさを感じるドキュメンタリーの映画。
Hayato

Hayatoの感想・評価

3.0
淡々と進むんだけどなぜか飽きずに最後まで見られた。
最後までは観てない。けどディズニーと出会ってあんな楽しく生きられるなんて素敵!
chieko

chiekoの感想・評価

-
ASDの人の目線、その家族の思いがとても分かりやすかった。
でも障害や特徴があってもなくても、同じ人間で、楽しいことも辛いこともある!それが人生!って最後はスッキリした気持ちになった。
自閉症というものを学んだ。

ディズニーの力の大きさに感動した。

何気に見てたものにそんな力があったのか!

偏見で判断してはいけないと教えられた。
>|