ぼくと魔法の言葉たちの作品情報・感想・評価

ぼくと魔法の言葉たち2016年製作の映画)

Life, Animated

上映日:2017年04月08日

製作国:

上映時間:91分

3.7

あらすじ

愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった――。 それでも“信じる”ことを諦めなかった家族は、やがて大きな奇跡を起こす。 サンダンス映画祭で鳴り止まない大喝采を浴び、アカデミー賞®ノミネートも果たした 愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー

「ぼくと魔法の言葉たち」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.5
2歳まで他の子と変わりなく、しゃべったり歩いたり遊んだりしてたのに、ある日突然それができなくなったりすることもあることを知らなかった。

自閉症とかそういった人たちも、きちんと自立して一人暮らししたり、仕事に就いたり、凄いなと思う。

兄の誕生日の話には、兄が抱える責任の重さとか、綺麗ごとだけじゃない苦悩も垣間見れてグッときた。

色んな人に見て欲しい作品
miho

mihoの感想・評価

3.7
Happy ever after...
とはいかない現実の世界。
最高な事もあるけど、人生は
どうして辛い事ばかりなの?

ディズニー映画が大好きな
自閉症のオーウェンの物語。
ノンフィクションです。

膨大な台詞とシーンを記憶して
いる彼は、人生をディズニー映画と
照らし合わせながら、大人になって
現実と向き合う。

何かあった時に好きなものの引用言葉や
世界に頼る事は悪いことじゃない。
それが生きることの糧になるのなら。
勇気になる場合もあるしね。
心の中に幸せを作れるのは、どんな人
にとっても大切だと思うから。


自閉症の人は他人と関わりたくないと
思ってると考えられがちだけど、
そうではありません。とオーウェン。
子供の頃は沈黙が多かったそうだけど
実際、映画の中の彼は色んな人と
好意的にコミュニケーションをとって
いました。愛に溢れた家族のお陰かな。
ご両親もだけれど、お兄ちゃんの
優しさと大変さが心に刺さった。
ふじさ

ふじさの感想・評価

3.5
自閉症のオーウェンのお話。

「子供時代は終わった。でも僕は大丈夫。」
と私も言えるようになりたい。
ディズニーの世界のように、現実もキスで終わるハッピーエンドの世界ならいいのに。
ひでG

ひでGの感想・評価

3.8
僕は脇役たちの守護神

一人の脇役たちも見捨てない


なんて神々しい言葉

なんて清澄な言葉なんだろう。

この映画の主人公、オーウェンが、ある人たちに発した言葉

2歳の時に突然言葉を失い、自閉症と診断されるおーオーウェンとその家族の感動のドキュメント!

医師からはもう話すことは出来ないと宣言させていたオーウェン。

でも、同時に今のオーウェンの姿も映し出している。

もちろん。言葉に詰まったり、やや言いたいことが言い切れなかったりする場面もあるが、今の彼は何かの会合を仕切っている。

彼と家族はどのように今の状態を勝ち取ったのか?!


奇跡は思いがけないところに待っていた!

just your voice!

僕の声をよこせ!

これを観たら、ディズニー映画に携わってきたは人々、
あるいはもっと広くアニメ映画に携わってきた人たちが、

心の底から、僕らの仕事やってきて良かったなあ〜

って思えるだろう。

そう映画を作る、映像を送り出すって
ことには、

こんなすごい力もあるんだね!

昨年観た「ギフト」という記録映画も、
本作もそうだけど、

ありのままを撮って、伝えることによって、

やりオーウェンを身近に感じることができた!

独り立ちするその朝、彼はあるものがなくて、車を出せなくなってしまう。

そんなもの代わりはあるのに、

って、彼の心のの中には代わりのものなんてない。

私たちは知っているようで彼らのことは知らないんだ!

大切なことをたくさん教えてくれた
まさに「魔法が生まれたことを記録した」作品でした。

こんな壮絶で清らかな記録に点数なんで付けられないので、とりあえずそこに置かせてもらいました。
切身

切身の感想・評価

3.8
ディズニーは人を救う。
何か1つあれば良いんだ。
人と同じじゃなくたって良いんだ。
えす

えすの感想・評価

4.2
「本作に感動したディズニーが異例の劇中でのディズニー作品の使用許諾を出した」というエピソードで公開時からすごく気になっていたけど見逃して、DVDになってからだいぶ経ってからやっと観られた作品。

もちろん自閉症への理解とか、家族の絆とかたくさんのメッセージが入っている映画だけど、わたしにとっては「映画を観る意味」についてものすごく考えさせられた。

「映画を見る意味」なんて人それぞれ違って当たり前だし、正解なんてないけど、なんとなく町山智浩のラジオでの「なぜ映画を観るのか?どんな映画を観るべきか?」の回を思い出した。

個人的にこの時期に観られて良かったと思ったし、これからも定期的に観たい作品。
純粋なオーウェンに心が洗われた。
うさこ

うさこの感想・評価

3.3
お父さん、お母さん、お兄ちゃんの愛が溢れててそれを感じるだけでジワーときました。
kiki

kikiの感想・評価

5.0
いやぁ感動した!

自閉症って後天的になるものなの?
2歳まで普通に遊んで喋ってたのに。

お父さんとお兄さんとの関わり方が素晴らしい。コメディアンとか声優さんみたいに喋って聞き取りやすく理解しやすくしている。

なるほど何より愛を感じます。

心を閉ざしてからお父さんと初めて会話した場面やエミリーにお父さんと考えたメールを送った内容を聞いたお兄さんの言葉が詰まったシーンは見ていて辛かった。

あまりに純粋で心配な事もあるけどきっと大丈夫🙆‍♀️みんな幸せになるよお母さん‼︎
ma

maの感想・評価

4.3
自閉症への理解が深まった。
見てよかった。

ディズニー映画にそれほど関心なく過ごしてきたけど、正義を教えてくれる影響力・価値のある映画ということが少し理解できた
それほど好きになれるものがあって羨ましい。

オーウェンの絵がうまくて驚いた!
アニメーションより何よりも印象深い!
自画像もそっくり。

ドキュメンタリー、現実的に自分の知らない世界や出来事を知れて面白い。
この作品のような素晴らしいドキュメンタリー映画をまた見たい。
>|