• Filmarksトップ
  • シークレット・オブ・モンスターの感想・レビュー

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・レビュー

    ゴルフ0013
    ゴルフ0013の感想・レビュー
    2017/02/18
    3.0
    わたしにはこの映画🎬が何を言いたいのかが分かりません。が正直な感想でした。しかし全編を通して流れる音楽は恐怖へと引きずり込み・・・一瞬息を止めてしまうくらい!心理ミステリーだそうだか、独裁者とは何らかの御し難いものなのか?
    sovtek
    sovtekの感想・レビュー
    2017/02/17
    5.0
    トム・スウィートくん可愛い
    nc
    ncの感想・レビュー
    2017/02/17
    -
    記録
    NZRK1
    NZRK1の感想・レビュー
    2017/02/12
    3.8
    20170211 大津アレックスシネマ
    あおやま
    あおやまの感想・レビュー
    2017/02/09
    4.0
    映画館で観るべき映画。圧倒的な音楽に、逃げ場のない感覚。有無を言わせぬ美しさを纏った少年の、どこまでも延びるような闇に心を奪われます。
    てんま
    てんまの感想・レビュー
    2017/02/07
    3.0
    難しい
    こやまです
    こやまですの感想・レビュー
    2017/02/07
    4.7
    2016.11.28 TOHOシネマズ川崎 Sc.7
    後に独裁者となる美しい少年がどのような少年時代を過ごしたのか。まさにこれだけを描いた映画。
    日常の出来事にそぐわないような大仰な音楽も、無垢(でもないけど)な少年の無意識に独裁者へと繋がる影響を受けていることの表現だと考えると納得がいく。

    そしてあのラスト。
    突然年月が進み、少年がその後どのように変わっていったかを全く描かずに突入したあのシーン。
    青年時代に何があったのかを自由に想像する観客の姿は、独裁者を独裁者と知らずに支持する市民のそれと似ているものなのではないだろうか。
    また、斬新なカメラワークの後に暗転する演出も、独裁の後の展開を示唆している。

    独裁者となった彼の容姿も要チェック。彼自身の顔と出で立ちを少年時代のシーンと比較すると、とても衝撃的。


    そしてそして何より!!
    ニンフォマニアックで盛大に脱いでくれたステイシー・マーティンが脱がないエロスを魅せる!
    薄いレースから想起させられる美乳…!
    これだけでも見応え◎


    国内配給の予告編や宣伝文句は一切無視しなきゃいけません(笑)
    ノムチ
    ノムチの感想・レビュー
    2017/02/06
    3.2

    このレビューはネタバレを含みます

    気づけなかった。

    でも噂の透けブラウスのシーンはスグに気づけましたよ。もうそこにしか視線はいってませんでしたよ。世界でも相当に上位入れますよ!
    murph
    murphの感想・レビュー
    2017/02/06
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    最後独裁者がロバート・パティンソンということで察する感
    でも最初は全く気づかず考察読んで気づいた…
    まぁ、歪むよね
    しもんぬ
    しもんぬの感想・レビュー
    2017/02/04
    3.6
    のちに独裁者となる人物の幼少期を描いた作品。とくにストーリー仕立てにはなっておらず、「癇癪」というワードで括られたいくつかのエピソードが語られていきます。その中に観てる私たちはどれだけ「人間が歪む要素」を感じ取れるか?

    た~くさん詰まってるので挙げてたらキリがないんですけど、意外と気付き難いんじゃないかと思ったのは、W不倫と「本当の父親は?」ってとこ。これは話のオチに繋がってることなので、本来あまり触れない方がいいんでしょうけど、意識して見ておかないと多くの方は見過ごすなと思ったので...。あと女家庭教師の「透け乳」問題ね。あれは歪む。

    この作品はヴェネチアのオリゾンティ部門(ある視点みたいなもの)で2冠を獲ってて、監督のブラディ・コーベットはこれが長編デビュー作。まだ弱冠28歳で、俳優としてはこれまで結構ツボを押さえた作品に出てきてますが~なんと!!次回監督作「Vox Lux」、ルーニー・マーラとジュード・ロウ主演のミュージカル映画ですって!しかも65mmフィルムを使っての撮影なんだとか!めっちゃ気になる~♪