シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    ヨランド・モロー
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

    2017/6/18鑑賞

    暗くて美しくて静かな映像の中で発達障害抱えてそうな美少年が癇癪起こしてるだけの映画と言っても間違いではない。前半は特に退屈だった。
    でも徐々に、モンスターなのは少年じゃなくて両親なのね、と分かってくる。
    そして最後の最後にプチどんでん返し。ははぁなるほどなと思ったし、それまでのストーリーも格段に意義付けられるけれど、もう一度見返そうとは思わない。その程度。

    映像と音楽は素晴らしかった!
    オーメン的なレトロな
    サイコスリラーかと思いきや
    素晴らしい美術の近代欧州歴史モノ。

    独裁者の少年時代だけど
    ヒトラーとかムッソリーニでもなく、
    パッケージと邦題にしてやられたで候。
    パッケージの〝20世紀が生んだ最悪の怪物〟っていう謳い文句につられレンタル。



    まんまと騙された…😭



    最悪のモンスターではないよね?





    特定の誰かっていうのではなく、架空の独裁者の幼少期を描いていて、いかにして独裁者は誕生するのか?っていうの描いている。





    要は、独裁者の子供時代ってこと。



    ローマは1日にしてならずっていう言うけど、独裁者も1日にしてならず、ってことなんだろうけど…




    それにしても我が儘放題の女の子みたいな美少年の主人公が好き勝手するだけ?にしか見えなかった。(←わたしの頭があんぽんたんなもんで理解不足なのもあるが…)




    ただただ重苦しい雰囲気だけの映画。とりあえず煽るだけ煽ってたよね。




    ベースとなったのは哲学者ジャン=ポール・サルトルの短編小説『一指導者の幼年時代』




    原題は『The Childhood of a Leader(リーダーの幼少期)』
    あの子は普通なの変なの?それすら分からない
    暗え!暗えぜ!
    つまらなかった。
    難しすぎ?
    とにかく途中で寝そうになった。

    このレビューはネタバレを含みます

    始まって30分くらいして何か変だなって思ってたんだけど気がついたら全身鳥肌だった。

    少年期のラストシーンまで、この綺麗な少年の名前は一度も呼ばれていない。(要検証)
    映画のラストシーンを飾るのは群衆がプレスコット万歳と喝采。

    ゾックゾクした。

    このレビューはネタバレを含みます

    嘘はよくないねえ。
    無条件に無垢に信じてくれてる相手ならなおさら。
    隠しておきたい事があることぐらいわかっちゃうよねえ。
    奥に隠そうとするほどなおさら。

    嘘はよくない。丸見えだよ。

    にしても最後の食事の席のシーンでの元々決められてた席の並び、考えてみると、父親だと思い込んでる他人の横で血縁的な家族の並びが完成してるのまじでヤバいな。震えるわ。
    かなり期待していた作品…なだけに。。。

    それなりに面白かったですが…