シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

に

にの感想・評価

-
美少年が女の子と知って激しい
Y

Yの感想・評価

-
これは歴史教養レベルが必要となる類のものだと思う。

暗く不穏な画と音楽が非常に良い。

これを楽しむにはおそらくエピソードと歴史的教養から想像力を働かせる必要がある。能動的映画。
何が少年を独裁者へと変貌させたのか。戦慄の謎に迫る心理パズルミステリー。あなたは、解き明かせるか。って…
ちょっと煽りすぎのような💦
戦慄とはラストの事かな。それは修羅場だったろうな。

いつ事件が起こるのかまだかまだかと待っていたけど、そういう映画ではなかった。ミステリーではない。おどろおどろしいサスペンス?あの音楽はとてもマッチしていてぞわぞわした。

厳しい父、弱い者に優しくない母、家庭教師のお姉さんへの恋心、絵本、神、優しかった家政婦のお婆さん。きっと色々なものが重なりあって、独裁者へ。

プレスコットは元々何か素質を持っていたのだろうと思いたい。最初から石投げていたし。誰でもすぐ独裁者になるとは考えたくない。

いつかこの様な映画も興味深いと思えるようになりたいな。
taiki

taikiの感想・評価

1.0
音楽は印象的
映画の内容というかテイストが自分には合わなかった
maco

macoの感想・評価

3.2
聡明で愛に飢えている子供と、都合がよく冷たい大人たち…
わたしは、人格を形成するのは環境だと思っている。たとえば独裁者の資質を持っていて、子供のうちからその種を発芽させないように周りがどう抑え込んでいくか

全体的に薄暗くて静かな作品な分、考えさせられることが多いが、
劇中に出てくるいくつかのモチーフ(朗読していた絵本など)が何のメタファーなのかを読み取るまで深く鑑賞できなかった、なんでかなあ
両親や周りの大人たちの思惑をもう少しはっきり感じ取れればよくわかったのかな

本当に、言葉通りずーーーっと少年の苦悩と大人たちの理不尽を描いている上に、音楽が重い(褒め言葉)ので、
テンポが悪い、面白くない、そう言う声があってまあ当然だなあと思ったけど
独裁者になるきっかけなんて、ある日突然何かが起こったから!ではなく、まさにこの映画の中に描かれている、ほんの少しの、少しずつの積み重ねなんだと思う。
特に何も起こらないんだよなあ

なにしろ少年のシルエットが良い。少し癖のある金髪のショートボブ…服装もクラシカルでたまらん
はる

はるの感想・評価

2.2
なんでそこなんだろうーなんでそこ飛ばしたんだろーう。音楽、オープニングは良かった。
独裁者の幼少期。
パズルミステリー。闇。
bopapa

bopapaの感想・評価

3.5
2017年 126本目

オープニングがめちゃ好き。第一次世界大戦頃の映像にのっかる、超不安にさせる弦楽器の音が。オープニングタイトルが流れて行く中で「音楽監修:スコットウォーカー」の文字が出てきます。

スコットウォーカーといえば1960年代にウォーカーブラザーズでフランキーヴァリの「太陽はもう輝かない」のカバーを大ヒットさせた人。映画は2016年の作品だったのでまぁ同姓同名だろうと調べたらまさかの同じ人でした。70歳代のおじいちゃんが作る曲じゃないですよ、不穏過ぎる。

作品の内容自体は、直接描写してないけど多分こうだろな〜、コイツとコイツはアレなんだろな〜と観客に想像させまくるシーンが多くて、そのくせ展開は激しくなく暗く重いので観ててホントに疲れる。

子供育てた人間にすれば程度の差はあれ、子供なんて大なり小なりああいう所あるんじゃないの?癇癪起こしたり喚いたり逆らったりさぁ。とか思って観てました。

が、ラスト15分で彼が成人になったシーンで展開がガラリと変わります。残念ながら人の顔が覚えられない僕にはこのシーンの配役の意味も全くわからずラストを迎えたのですが、俳優さんの顔の見分けがつく方なら多分ビックリするはず(僕は鑑賞後に解説サイトとかで配役の解説を読んでやっと理解。鑑賞中にリアルタイムで気付ける人が羨ましい)。

ラストシーンの意味がわかると、遡って主人公の少年時代の信仰心への段階的な反抗の意味がわかり、オォーッ!となる構成はとても面白かったです。まあ確実に眠くなるタイプの映画なので万人にオススメ出来ない所は残念ですが、面白かったです。

あと、使用人モナが解雇される時の捨て台詞が嘘みたいにカッコ良いので、自分の備忘録の中に書き留めたいレベルでした。
おとぎ

おとぎの感想・評価

3.0
カメラワークや構成が独特だった。

独特過ぎて全然わからなかった、わからないままいきなり終わって更にわからなかった…
kottan

kottanの感想・評価

3.0
人格形成には環境が問題か、資質なのか。モンスターと言われてきた人間(独裁者)はどのようにして作られるのか。哲学的で難しいテーマをこちらに投げ掛けてくる。出てくる人たちが皆何かしら燗に障るし重いんだけど……一気に観てしまった。