シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    ヨランド・モロー
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

    Eva
    2.5
    久々にこういう社会問題を取り入れてるものすごい真剣な映画を見た気がする。
    昔と今じゃあ当たり前だけど全然物事に対する社会の受け入れ方というか…が違う。想像以上なことにびっくり!
    男の子がすごい年頃なのもあってかずる賢さに逆に感心した。笑
    けど最後はひどすぎて、え!それで終わり?みたいな個人的にはそんなに納得はいってないけど全体としては考えさせられる映画だったとおもう。
    McQ
    3.8
    この映画、とにかく音楽が素晴らしいです!
    とんでもないことが起きているかのような音楽、、、映像としては特段すごいことが起きてるわけではありません。
    本作は独裁者の子供時代を描いた作品ではありますが、この独裁者というのは架空、歴史上の独裁者たちの幼少期の実話を組み合わせたものだそうです。
    だからでしょうか、決してなるほど!!とはなりません^^;
    いかにして少年は独裁者となるのかを描いているのですが、行き着く姿が架空なので、繋ぎ合わせるのが難しい。。
    にも関わらず、とにかく音楽がすごいので、結局最後まで見入ってしまいます。
    最後に仕掛けがあるのですが、それに対しての説明は一切ありません。違和感を感じてもほとんどの人はそれが仕掛けであることに気付くことないまま終わるかもしれません^^;
    ですがその仕掛けを解いた時、ちょっとした驚きが待っております。
    好き嫌い分かれる作品だと思いますが、自分としては実験的な作品であることと、映像や音楽、ファッション等でも楽しめたので、これはこれで面白いと思いました>_<
    時代背景とかがわからない馬鹿には面白さがわからなかった。ただプレスコットは可愛い。最後の車から降りてくるシーンのカメラワークあれなに?????
    独裁者や犯罪者などの恐怖の対象にそうならざるを得なかったトラウマを見つけようとするけど、トラウマなどなくても狂ってるやつは最初から狂ってるし、むしろトラウマがない方が重症って気がするよね。
    殺人事件や、それに相当するような事があるとワイドショーなんかで、犯人の幼少期のエピソードや学校時代の友人知人にインタビューして、どうして犯行を犯したのか、どこからおかしくなったのかを詮索しイメージを作ってく作業をする。
    毎回思うけど、意味あるの?

    本作は独裁者の幼少期にだけスポットを当てた作品。どのようにしてとか何故独裁者になったのかについては描いていない。
    深読みしなければ子供のワガママだったり幼少期のあるある。僕も記憶は薄いが覚えがある。

    終始不穏な雰囲気が漂っていて、音楽がそれを煽る。最後まで「何かあるかも感」でひっぱられた。

    ちなみにTSUTAYAでホラーの棚にあったが1ミリもホラーじゃない。
    jo
    4.0
    独裁者と呼ばれるまでに至ったプレスコットの過去を描いた作品。
    途中から物足りないと思いながら見てたけど、最後のシーンで急にいろいろ気になりすぎたので、もう一回みます。
    もこ
    3.4
    劇伴なんかすごかったな
    kotchan
    3.0
    予告動画からはオカルトホラーやサスペンススリラーのような印象を受けましたが全く違いました。今作は第一次世界大戦後、ヴェルサイユ条約締結直前のフランスを舞台に描かれる家族ドラマ。

    「何が少年を独裁者へと変貌させたのか」
    これに対する解答は提示されません。そもそも少年が独裁者へ変わっていく様子を克明に綴った物語ではなく、独裁者の少年時代にフォーカスしたに過ぎない。しかも少年の内面を深く抉っていないため、心の変化や歪んでいく過程があまり見えてこない。単なる反抗期の少年にしか見えず、将来独裁者になる人間の狂気や屈折した内側の描写が圧倒的に物足りない。
    それに反し、音楽はとにかく煽ってくる。煽り系不気味音楽としては『ボーダーライン』と『メッセージ』のヨハン・ヨハンソンが最高に素晴らしいと思っていますが、今作の音楽も負けず劣らず気持ち悪い 笑。
    こんなにも気持ちを煽りザワつかせておきながらほとんど何も起こりません 笑。本当に何もないこともあります 泣。この肩透かしと思わせぶりのコラボには参りましたが、音楽のおかげでチープな家族ドラマを退屈せずに観れたのは大助かりでした^_^

    心理パズルミステリーという宣伝文句もあったけど何か違う。少年の奇行や家族の秘密も今時珍しくないし刺激もない。
    少年が独裁者になった姿を終盤に見せていますが、その顔立ちから察しろってことなのかな。まぁそうなんだろうね〜が正直な感想。およそ予想していた通りのオチが何の驚きもなく残念、ただただ残念‥‥
    主人公プレスコット役のトム・スウィートは撮影当時9歳!少女のように美しい彼と透け乳だけは観て損はない 笑。
    okke
    -
    2017年4月 早稲田松竹にて 併映『エヴォリューション』
    PAPERBAG
    2.6
    なんとなく不穏な空気が流れ続ける雰囲気映画。
    この広すぎる余白を想像力で埋めていけるほど、自分には元気も意欲もないようだ。
    sin182
    3.0
    不貞の子として産まれ、
    独裁的な両親の元、
    信じた者全てに裏切られ、
    離されていく中で、
    destructionistとして
    成長した人間の物語。

    不協和音の音楽や、
    絶妙な間の取り方は
    観る者を引き込む凄さがある。

    ただ、観る側の解釈に
    自由度が高過ぎて、
    最低とも最高とも捉えられて
    しまう。

    ファニーゲームの色が濃く
    映し出されてると思うのは
    自分だけかな?(^^;;