シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

冒頭の音楽と歴史的フィルムが緊迫感を高める。美しい少年の成長の癇癪。美しい母と家庭教師の耽美なエロチシズム以外は退屈な展開なのが残念。高尚な方好みの作品か?!
みこ氏

みこ氏の感想・評価

2.6
面白くなくて途中で見るのをやめた
Nene

Neneの感想・評価

-
記録用。
あいり

あいりの感想・評価

5.0
俳優が美しすぎる。眼福です。お母様綺麗すぎて泣きました。淡々と語られる親子のすれ違いストーリーです。頭からっぽで観ると本当にただのすれ違いストーリーです。独裁者要素がどこにあるのかわかりませんでした。色んな人の考察みてやっとあーなるほど…という感じです。深い。深読みのしがいがある作品です。
個人的にこの作品で好きだったのはお家です。洋風の重い造りのお家が素敵でした。厚いカーテン、暗い部屋、子供部屋の観覧車のおもちゃ、フリルのシャツ、メイドさんのロングスカート…たまらないです…ヨーロッパ好きはきっとストーリー関係なく好きだと思います。微妙にくるエロチシズムがまたぐっときます。少年に積もっていく数々の苦痛がひとつひとつ人間臭くてすごく好きです。汚れた人間の欲望が彼を徐々に独裁者への道へと導いたのではないか、そう思いました。
thiroshige

thiroshigeの感想・評価

3.3
雰囲気、映像、演技共に素晴らしいのだが、少年がカリスマ指導者になる過程は描かれない。
彼が築いたと思われる独裁帝国の表象も、ナチス風ともスターリン風とも見えて、なんか作り物感がありありで、説得力がない。
そもそも独裁者だからといって、幼年期に異常な性格だったとは限らない。むしろ人とちゃんとコミュニケーションが出来て、人心掌握に長けた人物こそ、カリスマになれるし、独裁権力を握ることも可能なのではないか。
映画(もしかして、サルトルの原作も)の描く独裁者観に少々違和感を感じざるを得なかった。
もう一度みる
kawara

kawaraの感想・評価

3.6
小説読まない私が知っている『一指導者の幼年時代』から着想を得たということでアングラ『断食芸人』と一緒に借りた

『断食芸人』同様に原作への忠誠心はあまりなかった
実存主義的というよりも、むしろファルス=力という構図を含んでいて精神分析的だった

あとこれもなぜその邦題にしたシリーズ
なかなか語られる機会ないけど表題はまず最初に入る情報なのだからこれは結構な問題だと思う
menomarori

menomaroriの感想・評価

3.8
考え込むとひたすら深読み出来るが、上っ面だけを見てしまえば馬鹿親の子育て失敗物語。
ageless505

ageless505の感想・評価

4.5
かなり良質なサスペンス作品。話のわかりにくさを留保して観続ける寛容さが必要ですが、その分だけラストの衝撃は思わず声が出るほどでした。

ヴェルサイユ条約締結に奔走する米国人役人の家庭の話、女の子のような美少年をめぐる人間模様。何か心に闇を抱えているらしき少年が、周囲の大人たちを困らせる言動を繰り返していく。さて、その少年が長じて・・・という話。
意味ありげな人物描写や素晴らしい音響効果などにより、両親への不満や大人社会の欺瞞を受け入れられない美少年の感受性が瑞々しく描かれてる感じ。仕事第一の父親、ヒステリー気味の母親、次々とイライラ感を募らせていく少年、それぞれいったい何に想いを巡らせているのか?

余談ですが、今朝たまたま観た映画『来るべき世界』の原題が「Things to Come」で、夕方観た本作第1章のサブタイトル「A Sign of Things to Come」<来るべきものの予兆>を見て、同じフレーズがあることに気づき、おっ!?となった経緯ありました。これが本作ミステリーの核心部分に初見でズバッと触れることができた奇跡のきっかけでした。

「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミが絶賛するだけある、重厚な仕掛けの衝撃に酔える作品です。