シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

彩華

彩華の感想・評価

3.5

難しかった、、、
もっとこの時代について
知識があればもう少しわかっただろうか
解説を読もう

音楽はとても効果的で不安になる
ファッションもゴシックで素敵
少年は妖しく美しく儚げだった
柴猫

柴猫の感想・評価

3.3
ジャン=ポール・サルトルの短編小説「指導者の幼年時代」から着想をえて生まれた独裁者、その少年時代を描くフィクション。
「何が少年を独裁者へと変貌させたのか」というキャッチフレーズ。
「戦争の悲劇とは一人では悪になれなくとも、大勢でなら容易に善を忘れられること」という冒頭から始まる。

ただ、この宣伝文句を目的に見ると肩透かしを食らうかも。
ほぼ少年時代しか描かれていないため、それを理由にするのはさすがに安易だし独裁はまさに言葉だけの独裁。
原因があったとしても結果が明らかにされていないせいでモヤモヤ。
ムッソリーニなどの過去の人物をモチーフに独裁者を普遍的な概念として扱い、一人の人間として語ることがないため過去を語られてもしっくりこない。

一方で監督が語る「劇中で一見無造作に散りばめられたパズルを観客自身がつなぎ合わせていき、その先に何かが見え始める。」と言うパズルミステリーとしては様々な凝った演出があって面白い。
初見ではよくわからなかったけど、監督の解説を見ていると良くも悪くも意欲作だということは伝わってくる。

ひやっとする場面もいくつかあり、ラストも必然とはいえ中々に衝撃的。
独裁者というテーマを端に置いて、戦後移行期のピリピリした雰囲気の中で繰り広げられるダークな家族ドラマとしては良かったかもしれない。
Kota

Kotaの感想・評価

3.0
“もう祈りなんて信じない。”

美少年が独裁者になるまで。とりあえず音楽がヤバイ。不協和音がヤバイ。気味悪い雰囲気や、よく分からない章立てが「マジカルガール」に似ている。

でも評価があまり高くないのも納得。何故なら、何が少年を独裁者に変えたのか明らかにされないから。確かに視聴者側に考えさせようとしたのかもしれないけど、それにしても特に決定打がない。強いていうなら仲のいい家政婦との別れや、親の不倫なのかな?

ま、なにはともあれこれだけの材料で独裁者になるまでと言われても、腑に落ちない。みんな独裁者になっちゃうよ。
akari

akariの感想・評価

3.0
期待して観た割に。
難解で退屈。解説みてもあまり理解できず。
安部

安部の感想・評価

2.9
む、難しい…そして眠い
不安の煽り方とか、子供の感情描写がよかった
使用人の捨て台詞、いつか使いたいレベルでかっこいい
はし

はしの感想・評価

-
ほんとは観に行きたかったけど映画館で観なくて良かった〜
流し見では理解できない、

まず、プレスコット役の少年の表情と序盤から嫌な雰囲気を感じさせるBGMが作品の重たさを最大限に醸し出してた。
トラウマ級のきっかけはなかったにせよ、日常の小さなひっかかりから時代背景、人間関係によって少年の心が乾いていく様が見られた🤔


ストーリーの進め方が舞台劇のような感じで音楽と共にまとまりがあるなあと思った、

途中眠気が襲ってくるししんどかったけど、
見終わって振り返ってみると割と興味深い作品だったと思った😳
うめ

うめの感想・評価

3.9
軋む心。

言葉も通じない。
ご飯も口にした事もないものばっかり。
打ち解けられる友達なんかいるわけない。

そんな僕が叫んだところで誰に届くだろう。
だから、声にならない叫びをあげるんだ。
石を投げ。
髪を伸ばし。
服を着ないで歩ってもみた。

お父さん。
お母さん。
みんな。
気づいてよ。
僕は怒ってるんだ。
僕は泣いているんだ。
僕は叫んでるんだよ。
僕を見てよ…

そうしないと、僕の中にいる何かの声を聞いてしまいそうだ。
ほら…
また聞こえてくる。
そうだね。
君の言うとおりかもしれない。
僕は…




私はかなり好きなタイプの作品でした。
確かに、苦手な人も多いでしょう。
孤独な少年が、なぜ独裁者になってしまったのか?
観て感じろ。
そんな作り手の声が聞こえてくるようでした。
大人は「所詮は子供」と思っても、彼等はその目で見通している。
こちらの想像なんかよりはるかに。
わからなくても感じている。

時折、彼の生活にも光が見えそうになるのだが…
そんな不安定さを煽り立てる音楽が良い。
弦楽器の音。
むしろ、その音こそが主演といってもいいんじゃないかというほどの存在感。


当然なのだけど、原題の方が内容にフィットしているのに…
これって邦題なのかな?
なりたい大人の姿。
それは、小さい時の環境が決めるんでしょうね。
私も肝に命じて、子供に接していかなければ…
RydiaRich

RydiaRichの感想・評価

2.8
ホラーのコーナーにありましたが、これはヒューマンドラマなのでは?かなりブラックな内容ですが…。

独裁者になるにはやはり普通の温かい家庭で育っている訳がないですよね。

こういう時代背景に生まれ、こういう家族の元に生まれてしまった。
環境って怖い!

音楽と映像にやられました。

理解を深めたくて色々調べてみましたが、サルトルの作品から着想を得ているとのこと。なるほど。
すみ

すみの感想・評価

3.0
難解も難解な映画!解説なしで理解しようとするのはまず難しいんではないかなと思う。

始まりの時点で既に歪みまくってるなぁと
どこを拾ってどうつないでいくかは見る人に委ねてる感じする
時代的な洋服とか建築、トム・スウィートが美しい
あとなにより不協和音がかなり印象的

美少年と退廃的ゴシックな雰囲気が好きであれば映像だけでも充分楽しめるけど、逆に言えばそこに興味なければ最後まで見るのは辛いかもしれない。