• Filmarksトップ
  • シークレット・オブ・モンスターの感想・レビュー

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・レビュー

    りほこ
    りほこの感想・レビュー
    2017/01/25
    4.2
    一見女の子のような男の子。美しい姿を持ちつつ、だから故かすごく狂気じみている。家庭教師の若い女性に興味を持ったりメイドに懐く姿は可愛らしいのに、一つのことに対する執着や宗教や親に対する反骨心が異常。たぶんすごく賢くて小賢しいんだろうなぁって印象。急に未来になり年取った彼は人生を謳歌してるというよりも疲れ切ってる感じだった。彼が変わっていたのか、周りが彼に合わなかったのか、なんとも言えない作品。独裁者のイメージは最後まで持てなかったけど、、
    GOROTUKI
    GOROTUKIの感想・レビュー
    2017/01/24
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    2016年度もありました!
    難解映画!
    この謎をいち早く評価したのが
    『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ監督
    本作を大絶賛し、第72回ヴェネチア国際映画祭で、オリゾティ部門の監督賞を贈った。
    その監督ブラディ・コーベットですが
    この名前を聞いてピン!っときた方は
    かなりの映画通です!
    あの『ファニーゲームU.S.A』の
    二人組みの片割れデブ
    『マーサ、あるいはマーシー・メイ』の
    カルト教団の勧誘者などなど
    頭がちょっとあっち側の役をこなす役者さん
    です。
    そんな彼が監督ですから難解映画でしょう!
    劇場を出る観客の首が傾げていた本作
    ここで…
    〜おっさんでもわかる本作の楽しみ方〜
    少年プレスコットが何故?
    独裁者になったのか。
    ココを楽しみましょう!^ ^
    「序曲」から始まり
    「癇癪1」「癇癪2」「癇癪3」の
    チャプターに分かれ
    独裁者になったとされる出来事が
    パズルのように散りばめられています。
    そのパズルのピースは、いくつか欠けており、少年の行動に対する明確な説明はなく、ヒントが散りばめられているだけ。
    ◯何度も女の子と間違えられる。
    ◯神の教えを疑う。
    ◯愛に飢える。
    ◯母親と父親の欺瞞を察知。
    ◯数少ない味方のメイドが解雇。
    ◯寓話「ねずみの恩返し」を教訓にする。
    ◯ロバート・パティンソンのひとり二役。
    などなど
    何故、独裁者になったのか?
    明確な答えはないのですが
    自身の解釈は
    ◯家庭教師の透け乳。だと思います^ ^
    性的衝動を狂わせたのだから^ ^

    そんなこんなで
    監督インタビューによると
    終盤カーテンが燃えるシーンは
    「いろんな意味が込められている」そうで
    あの夜、少年は家と一緒に燃えてしまった。
    メイドが「一家を破滅させてやる」と言い放ち呪いが現実となった。あるいは呪いは効かなかったという皮肉と捉えることもできます。さまざまな捉え方がありますが、ほとんどどれも正しい。そうです。

    追記
    もう一つ忘れてはならないのが音楽
    作曲はスコット・ウォーカー
    デイヴィッド・ボウイなど影響を与え
    映画音楽は
    レオス・カラックス監督『ポーラX』以来
    本作の
    オープニングの「序曲」はとくにヤバイ!
    自身サントラを購入した程
    兎にも角にも
    スコット・ウォーカーがヤバイ!
    パーカッショ二ストをスタジオに呼んで、
    牛の生肉を叩かせる人です。^ ^
    詳しくは
    ドキュメンタリー映画
    『スコット・ウォーカー30世紀の男』を
    ご覧に!^ ^
    菊次郎
    菊次郎の感想・レビュー
    2017/01/22
    2.5
    画がいい。というのを新作レビューで書きすぎなのだけど、それは単に画が良さそうなのを無意識に観に行ってるんだなと確信。されはさておき。

    シンメトリックな画作りと、音楽の緩急で重厚かつ不気味で不安になる雰囲気は製作者の意図通りに作ることに成功している。画と音楽はミスマッチではなく、歪みや、非協調的なものの暗喩なのは単純ながら演出として効いてました。

    また「独裁者の出自」に関して、考察的アプローチな訳ですが、そこが”いかにも”すぎるのが個人的には腑に落ちませんでした。それならもっと創作に舵を取ってドラマチックにしても良かったのでは。
    めろこ
    めろこの感想・レビュー
    2017/01/21
    3.2

    よくわからないまま見ると本当によくわからない映画だったなで終わってしまうような作品だと感じました。いい意味でも悪い意味でも作り込み方が独特で、決して万人受けするような映画ではないという印象。

    わたしも1回見ただけではあまりよくわからず、帰りの電車でせっせと皆さんがされている考察を読みました。そうすると、あーーーそういうことか〜がおもったより多くて、びっくりしました。
    広告では心理パズルミステリーとか書いてあるけど、みんなが思ってるであろう謎解き系ミステリー物とは全然違います。

    単純に語らない演出が多いので、注意して見るといろんな解釈ができるのであろう…BGMもどこか不気味で訴えてくるような感じが不安になりました。
    あとは見る前から思ってたけど美少年が思った以上に美少年でびっくりしちゃう映画でもあります!!!美しい!!!

    見てみないと、自分に合うか合わないかわからない映画かなと思います〜。
    Mrt
    Mrtの感想・レビュー
    2017/01/20
    -
    記録
    moonjelly
    moonjellyの感想・レビュー
    2017/01/20
    3.5
    うーん。迫力はあったしミステリーちっくなところもあったけど・・ってかんじ。煮え切らない←
    子供って怖い。大人が奇怪な行動をするよりはるかに怖い。純粋なはずの子供に裏切られる怖さかな・・
    服装と音楽と画が好み。
    福本敏弘
    福本敏弘の感想・レビュー
    2017/01/20
    1.5
    これぞ、煮ても焼いても食えない映画。

    これほど、タイトルと宣伝文句が中身とかけ離れている映画も珍しい。

    宣伝チラシに「羊たちの沈黙」のジョナサンデミも唸った。とあるので、ハラハラドキドキの高度なミステリーをイメージしてると、物の見事に裏切られます。
    まな
    まなの感想・レビュー
    2017/01/19
    3.5
    最終章でなるほどね.......とはなると思うんですけど、それ以上に美少年が最終的にひげもじゃもじゃおじさんになってしまったことに泣いた
    m
    mの感想・レビュー
    2017/01/19
    4.0
    服装と色彩と温度が好み

    金髪少年はゾクゾクするほど美しく、あの子は怪物だ

    ラストシーンで鳥肌が立った 兎に角クレジットを観て、最高なので
    オシメとパンツ
    オシメとパンツの感想・レビュー
    2017/01/18
    4.0
    この歳になって母の愛と傷みたいなものを見せられるのはかなり辛いものがある。見終わって短すぎるなと感じた映画は久々。この5倍ぐらいの尺で作って欲しい。