シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

nnewao

nnewaoの感想・評価

2.9
なるほど。

不穏なBGMを聴きながら他の作品をいくつか思い出す。
CHIAKI

CHIAKIの感想・評価

3.0
美少年を拝みたくて見ました。すごく美少年でした。
何となくで見ていたら、理解し難い映画だと思います。私は1回目を見終えて、気になったところをもう一度見て、ようやくといった感じ。多くを語らない作品なので、空白の部分は見る人の理解力や解釈に委ねられる。
最後のシーンは、してやられた!となった。
不協和音のような音楽が作品の雰囲気をさらに良くしてる感じがしました。
クアラ

クアラの感想・評価

3.0
『複製された男』の様な映画を期待して鑑賞したので、かなり面食らいました。

冒頭から終盤まで終始BGMが不穏で心を掻き乱されそうになります。個人的にはこのBGMの使い方と、絵画的なシーン描写がとても気に入りました。

オチにどんでん返しを期待するようなミステリ・サスペンスではなく、オチに至るまでの過程と要所に散りばめられたヒントを追いながら結末を《理解》する事に重きを置いて作られた映画かと自己解釈しましたが、もう一度観たいと思う程ではなかったかな…

主人公の少年の中性的なビジュアルが本当に美しくて、CGかと思いました。
Naareesan

Naareesanの感想・評価

1.0
甘やかされてるなー
N

Nの感想・評価

3.0
難しい...もう一度見たい。
少年がボブヘアーでいる理由は、きっと見た目ではなく自分の中身を誰かに見てもらいたかったという心理の反映なのだろうか。この映画、他にも暗喩が多くてなかなか理解するのが難しい...。

それからなんと言っても音楽。ここまでの不協和音、なかなかない気がする。ホラー映画よりも怖さを感じる音楽、耳に障る音。ものすごくこの映画に大切な要素となっていて、サントラまで聴く始末...。良かったです。
おね

おねの感想・評価

-
あの印象的な音楽がなかったら、特筆するところも無いような…
確かに、人ではない何者かが遠くから見てるような意味深シーンはあったけども。
歴史にそってたのに、最後だけフィクションになるもんだから、「これって何のシンボル?」って戸惑うでしょ。
OS

OSの感想・評価

3.7
記録
切身

切身の感想・評価

3.5
ラスト5分、鳴り止まぬ恐ろしいBGM。
悪童は大人が作ると言わんばかりの構成。
もとまと生まれ持ってた素質だってあるだろうに。

コレってヒトラーをイメージしてるんだろうよね。全然風貌が違うからアレだけど。

とにかく音響とトーンが恐ろしい映画だった。ホラーと勘違いしちゃったよ。
kairi

kairiの感想・評価

2.5
20170129