シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    ヨランド・モロー
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

    YUZU
    1.0
    男の子が可愛い以外褒める点は無し
    つまらない
    うーん…期待ハズレでした。遂に最後まで盛り上がる事なく終わってしまい、アレって(笑)何を表現したかったんだろう…。
    唯一、音楽は不気味で良かった。
    サルトルの短編である一指導者の幼年時代を映画化した、若手俳優ブラディ・コーベットの監督デビュー作

    ボロボロの壁の部屋等の美術もとぐろを巻く蛇や燻る蝋燭等を映した象徴的なカットもどこか前衛的な音楽も、どれも不安感を煽るものばかりで雰囲気が出ていたのがまず良く、主役の子供も不気味さがよく出ておりオーメンのダミアンを髣髴とさせるものがあった

    その子供がただ座っているだけのカットを余計に長めに映していたりした点にも拘りを覚えたし、監督が同じ嗜好を持っていそうだなとシンパシーを感じて尚のこと好感が持てた

    ところで厳格な宗教を暗に批判的に描いたり、閉鎖的な環境で事件が起こる顛末、愛の重要性を逆説的に描くテーマ性と、ミヒャエル・ハネケの白いリボンをまるでリスペクトしたかのような要素が散見され、それでいてモノクロとカラーという明確な違いがあることから、もしかしたらこの監督は白いリボンをカラーで自分なりに撮ってみたくなったのかなと邪推してみたけど実際のところどうなのかが少し気になった

    オチはまあそうなるわなってものだったけど、夢と同じカットが出てくるのは良かったし、出番が少ないロバート・パティンソンの起用理由が判明して驚いたしで概ね満足のいく出来で、何より概ね台詞に頼らず映像と被写体の力で訴える姿勢は好感が持て、同年代としては監督の今後に期待を抱かずにはいられない力作だった
    マリ
    1.8
    監督の趣味で作って失敗したパターンかなと思った…
    ポスターが気に入って見たけど、少年は大きな事件を起こしたわけではないし、反抗期かな?🤔
    少年をはじめ、人のことをなにも考えない両親は不快。モンスターが成長していくかんじも感じにくいし、もうわからない…
    無意味な長いカットが多くて疲れた
    母親と家庭教師と息子が美形でなかったら最後まで見れなかった。。独裁者っていうか監督の独りよがりな感じ
    映像は完璧。
    美しい影と光
    しかしストーリーが...
    最低もっとちゃんと作って欲しかったなぁ

    このレビューはネタバレを含みます

    暗い映像。
    ネットで解説読むと面白かった。