シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    ヨランド・モロー
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    暗い映像。
    ネットで解説読むと面白かった。
    BARi
    2.7
    音楽は良かったけど。。
    うーん、のれなかったし退屈だった。。
    ラストが腑に落ちない。
    まるで家庭環境や親のしつけが怪物を産み出しました(^ー^)ノ
    みたいな。。
    たとえこれはヒトラーの幼少期を描いた実話を元にした物語!
    と言われたとしても。

    アタマが悪いから理解出来なかったのかもしれないが、、
    単純に映画としてつまんなかった。
    独裁者がどうやって生まれたのか...とこ書いてあった気がしたけど、意味不明。結局、ひねくれた子供が更にひねくれていく様子を見せられただけ。独裁者が誰かも分からないし、セリフも読んでて意味が分からない。独裁者になるほどの要素があったか?唯一音楽だけは、不協和音で何かありそうな雰囲気をバンバン醸し出してて、ゾッとした。
    う
    -
    少年の美しさに期待して観たけど、終始暗くてよくわからなかったし曲だけがすごく怖い…。だらだらと長い感じがあって、このシーンもう少し短くていいなって思うところが沢山あった。もっと少年を堪能したかったから、思春期あたりまでみたかったな。
    shin01
    2.8
    音楽がやべーな_(:3 」∠)_
    不調和音すぎで気持ち悪さを引き立たせてる。

    独裁者!!
    まぁ親の行動だったり、愛だったり、ちりも積もって独裁者は出来上がるって事なのかな・・・

    グレるならまだしも独裁者までなれるって凄いよ!!
    1人で勉強頑張ったんだな・・・

    結果、よく分かりませんでしたw
    ymk
    2.9
    不協和音の不気味なBGMは割と好きだけど、内容が想像してたより退屈すぎて残念
    とてもヨーロッパ
    モモコ
    3.0
    2017/6/18鑑賞

    暗くて美しくて静かな映像の中で発達障害抱えてそうな美少年が癇癪起こしてるだけの映画と言っても間違いではない。前半は特に退屈だった。
    でも徐々に、モンスターなのは少年じゃなくて両親なのね、と分かってくる。
    そして最後の最後にプチどんでん返し。ははぁなるほどなと思ったし、それまでのストーリーも格段に意義付けられるけれど、もう一度見返そうとは思わない。その程度。

    映像と音楽は素晴らしかった!
    オーメン的なレトロな
    サイコスリラーかと思いきや
    素晴らしい美術の近代欧州歴史モノ。

    独裁者の少年時代だけど
    ヒトラーとかムッソリーニでもなく、
    パッケージと邦題にしてやられたで候。