• Filmarksトップ
  • シークレット・オブ・モンスターの感想・レビュー

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:
  • イギリス
  • ハンガリー
  • フランス
  • / 上映時間:116分
    監督
    ブラディ・コーベット
    脚本
    ブラディ・コーベット
    モナ・ファストボルド
    キャスト
    ベレニス・ベジョ
    ステイシー・マーティン
    ロバート・パティンソン
    リーアム・カニンガム
    トム・スウィート
    あらすじ
    1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

    「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・レビュー

    Yuki
    Yukiの感想・レビュー
    2017/05/05
    3.2
    見てる時は退屈でつまんなかったけど、あとから気がつくこと多くて、ミステリ小説みたいにもう一度見たいと思った。
    ハシビロコウ
    ハシビロコウの感想・レビュー
    2017/04/29
    3.3
    音楽とカメラワークが特徴的な映画。
    息苦しくなるというか、楽な感じでは見れないかな。
    少年の美しさも素晴らしいが、彼の時折垣間見える屈折している所がよかった。
    女の子に間違われることをかなり毛嫌いしていたなぁ。もっと知識があれば、いろんなメタファーがわかったんだろうなぁ。
    やしまんく
    やしまんくの感想・レビュー
    2017/04/28
    3.5
    音楽と建物と章のタイトルが思わせぶりでかっこよかった。
    主役の男の子がビョルン・アンドレセンに似てる。
    Luna
    Lunaの感想・レビュー
    2017/04/28
    2.9
    トムスウィートはとてもかわいい。映画館にて鑑賞。
    ogawanderland
    ogawanderlandの感想・レビュー
    2017/04/28
    2.5
    音楽がかっこいいし構図も工夫してたけど、それで煽った割にはプロットが陳腐だった。原作未読だから何とも言えないところもあるけど、あのストーリーならもっとプロット工夫してほしかった
    mgmgmg
    mgmgmgの感想・レビュー
    2017/04/28
    4.2
    早稲田松竹にて、エヴォリューションとの二本立て。
    エヴォリューション目当てだったのでこっちはノーマークだったけど一気に引き込まれました。全身が震えた。

    少女として育てられた、とはまた違う。
    他人に娘と言われれば、父は必ず「息子」であると訂正するし、彼は自身の性を認識しながらも少女の服を纏った少年である。

    ヒントだけが3つの癇癪として提供され、説明なく全て会話で展開してゆく構成の素晴らしさ。

    うるさいほどに鳴り響く画面いっぱいの音楽。

    なぜ怪物が生まれたのか、その理由はこの中の全てにあって全てにないのかもしれない。

    そして圧巻のラストシーン。独裁者の誕生である。
    この音響が作り出す何が起こるのかわからない張り詰めた緊張感とスリルは映画館で観なければ伝わらない。



    元になった小説が「一指導者の幼少時代」と聞いてタイトルの良さにびっくりした。
    まゆ
    まゆの感想・レビュー
    2017/04/27
    3.0
    音楽が素敵だった。
    映画の暗い雰囲気をさらに増幅させる様な、不安を煽るような音楽が魅力的だった。
    ストーリーはあまり理解をすることが出来なかったけど、なんとなく満足感は残った。
    Mitsunoir
    Mitsunoirの感想・レビュー
    2017/04/27
    3.5
    うーん、独裁者とかの背景知識イメージ、そして集中力が足りず頭の方の断片的なモンタージュで意識を剥奪されかけた。それとなんだか不釣り合いで煽る音楽が興ざめ感ある。物語的じゃなくて寓意的な音楽に思える。少し見る人を選ぶんじゃないかなぁ。(ってのもどうかと思うけど)
    jawをつかんで
    jawをつかんでの感想・レビュー
    2017/04/26
    2.0

    このレビューはネタバレを含みます

    2016.12.3鑑賞 TOHOシネマズ流山おおたかの森

    予想とあまりにかけ離れた内容で驚いた。
    見終わってみればそういう事なんだろうなとは思うけど、そんなの見たい話じゃないしねえ。

    同日鑑賞したもう一本も滑ったし。
    是非記録に残すべき一日でした。
    白の
    白のの感想・レビュー
    2017/04/26
    2.0

    このレビューはネタバレを含みます

    サルトルの「一指導者の幼年時代」が原作
    広告も興味深い
    実際にはファシストの幼年期を描いてる
    …だけ
    しかも架空の存在だから終演後の納得もない
    話の跳躍が過ぎる終盤の見せ方は陳腐
    特に見出だすべき謎も見いだせなかった
    気づけないだけかもわからないが