シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

美少女のようなトム・スウィートくんを鑑賞するためだけの雰囲気映画。
内容を楽しみたいと思うなら事前に解説やレビューを読むべき。
子育てが下手すぎて折り重なった不穏が、やがて折れなくなるまで積み重なったっていう話(だと思う)
何はともあれ、観る前にある程度タイトルから想像して期待している人は全然そういう作品ではないので注意。透け乳は必見。
ペイン

ペインの感想・評価

3.9
“独裁者、ムッソリーニここにあり”

なんとも重く暗く辛気臭い映画とも言えるが

衣装や美術を含めた映画全体のルック、“画”の完成された風格と高級感はとても俳優出身の新人監督が撮ったとは思えない。

そして特筆すべきはレオスカラックスの『ポーラX』の劇伴も担当したイギリスが誇る名ミュージシャン、スコットウォーカーによる劇伴。これはマジで大傑作スコアです。あの不気味な音には身体中がゾクゾクする。

そんなわけで特別、好みの映画ってわけではないけど映画としての風格や立派度で言ったら5点満点。
ニャー

ニャーの感想・評価

2.4
ホラーかと思っていたら…
パッケージだけで判断したらいかんなw
フランス?映画の陰気臭い感じは肌に合いませんわ~(-""-;)
重苦しいのが続く。

1918年。
第一次世界対戦が起こった時代。
ヴェルサイユ条約の為にアメリカからパリにやって来た男がいた。
男には美しい妻と美少女の様な息子"プレスコット"がいた。
パリに越してから暫くして、息子プレスコットが豹変し始める…

幼少期の話がメインで結構肝心な青年期をすっ飛ばして大人になってて、しかも大物って…意味分からん!
カメラワークが意味不明で何を見せたかったんだろうか。
申し訳ないが何も残らなかったよ(;´д`)
P

Pの感想・評価

2.0
思ってたのと違った。別にモンスターじゃなかった。音楽が浮いてる気が…
『いかにして独裁者になったか?』という前提を持ちつつ観たからか、謎解きのように見れたので淡々としてても飽きずに見れた。また少年が綺麗過ぎて、見てて飽きない。

ただすべてのシーン、またカメラアングルに意味があるんだろうなと思うと結構情報が多過ぎて、考えがついていけないのはある。何回も見直すのがベストなんだけど、またすぐには見るには結構重い。
buenavista

buenavistaの感想・評価

3.2
この映画は、予備知識がないと
ちんぷんかんぷんやわ

でも、奇行に走るが何か中途半端な感じ
ε=(ノ゚Д゚)ノ
よく分からんかったし、
最後の方ウトウトしつつも...
でも最後まで何とか観れました。
ぜんぜん思ってたのと違うかったけど(°▽°)