シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価 - 83ページ目

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

Vakira

Vakiraの感想・評価

2.5
ミニシアター系はそのうち見に行こうって思っていると知らないうちに終わっていたりする。思い立った時に見に行かないと公開終了していて後悔する羽目に。


でこれ、予告編のタルコクスキー的映像に惹かれたのと、原作はサルトルの「一指導者の幼年時代」(新潮文庫の「水いらず」に収録)だし、ステイシー・マーティン出てるし、見に行かんと、と思い立ち初日に見に行く。


イメージ 浦沢直樹のモンスター的な精神にグサグサ来る怖さを期待してましたが、見事に裏切られ。案外考えさせられる問題作も刺激的で好きなんですが発問力もなし、普通に愛に飢えた少年の反抗話でした。


ヨーロッパの風景や古い屋敷もうそれだけで見ていて絵になるので映像は良いです。メイドが佇む姿さえ絵になってます。人間のドロドロドラマがあればもっと自然の美しさが引き立つのに。

音楽は演出しすぎ、チョット気合い入れ過ぎでストーリー展開に合わなかった感。

コーベット監督~ ステイシー・マーティンの使い方、ラースに挑戦してますね。ブラウスの下はノーブラ。見えそうで見えないバストを少年の視線で長回し。僕もウハウハ。そのままで~ な~んてね。

コーベット監督 28歳。監督の年を考えるとよく出来ました。まる。
スタ

スタの感想・評価

3.5
思わせぶりなショットの連発に酔う

普通の歴史映画で描かれるような結果は無いに等しく、"結果"が生まれる前の、といっても論理的な過程とかではない、人格形成の段階を淡々と写してある。いや、画面が淡々としているのであって、音楽の効果は凄かった。

かなり不思議な映画で、ラストもかなり唐突。おもしろい訳ではないとは思うが、興味深い
mi2ru

mi2ruの感想・評価

-
いわゆる「戦争モノ」ではあるが、戦時中でもそこには変わらない彼らの日常があった、というものを描いた作品であり、戦争の恐ろしさは直接描いてはいないものの、結果的にその恐ろしさはヒシヒシと伝わってきて、これをみんなにどう伝えたら良いのか、どうにも言葉が見つからない映画、という点では、これは実質、お恥ずかしながら私はまだ見ていないのですが、いま話題の「この世界の片隅に」と同じではないだろうか。全く残念なほうの。


とにかく、で?で?結局?それで?この後?何?どう?どうなの?なんなの?
え?なんなのーーーーー!!!!!!!!って話。


何が始まるんだよ、なんだよなんだよ何時代の映画だよ面白そうかよ、みたいな超×10000カッコいい音楽、オープニングでスタッフロールをババーンと出しちゃうとことか、そういう古い映画みたいなフォーマットは好きなんだけどなぁ。話がダラダラしちゃってそのクセ最後アレだもん。。。そういうところ古い映画のマネせんとってよ。と思いました。


頭悪いし咀嚼が足りないのかもしれないだけなのかもしれないけど、散りばめられた謎ガー衝撃の結末ガーリピーター続出ガーとか、そのへんわかりません。訳わからんからもう一回見たくなるんでしょうけど。それでまたあのカッコいい映画のフォーマットに酔わされちゃうんでしょうけど。


久々に、なるほど、わからん。
ねごと

ねごとの感想・評価

4.4
喉が渇く映画だった。

まず、あの子ども。一体誰なんだ。
愛くるしい顔から突然放たれる挑むような眼つきに怒りに震える声。すべての仕草が画になってる。

大衆から熱狂的な人気をほこるどこかの国の独裁者の幼少時代を描いた映画。
幼い頃からどこか異質。どんな子どもにもありえるようなことでも、この男の子はどこかおかしい。共感性に欠け、思いどおりにならない事に感じる激しい不満。だけど子どもだからどうにもならない。それもわかっている。その鬱屈した内面がいろんな行動の引き金になる。一体次にどんな事を起こすんだろう、と不安な気持ちになる。

終盤になってほとんどはじめて男の子の名前がはっきりわかるからか、余計にラストシーンが効いているように感じた。ただあのラストシーンは…好みが別れそう。

【パンフレット】720円
・作品紹介
・物語
・監督ノート
・レビュー
・インタビュー(トム・スウィート、ステイシー・マーティン)
・バックグラウンド:独裁者の世紀
・インタビュー:ブラディ・コーベット監督
・音楽

監督インタビューでの質問内容が聞きたいことを聞いてくれている。それとあの人、一人二役やったのか。言われるまで気付かなかった…
物語は難解。
音楽とラストシーンの為に観てたんだなと。そりゃそうか
あまり情報も入れずに観た映画。

タイトルからして怪物が登場して、暴れるような作品を想像していて、いつモンスターが出没するのかワクワクしながら観ていましたがいっこうに現れず。
最後にその意味を理解しました。

初めは宗教色が濃いので、日本人には見にくい作品かも?
そして、物足りない終わり方.....(-_-;)
Moeka

Moekaの感想・評価

3.5
"メランコリア""ニンフォマニアック"を思い出させる重苦しい不協和音でオープニングから引き込まれてしまう。(監督やっぱりメランコリア出てた) これ言うほど少年モンスターじゃなくない?と突っ込みたくなるが 家族の教訓の話でもあり、戦争の時代を揶揄的に詩的に描いた話でもあるのでは。"どんなことを考えて独裁者になったか"ではなく"どんな状況や経験が、いかにして独裁者へ導いたか"が表されていたと思った。たくさん考えて、人と話し合いたくなる映画。主役の男の子は文句なしに天使。
livestock

livestockの感想・評価

3.0
少年時代の癇癪の描写がラストに繋がるのか何故なのかわからず、置いてきぼりを食らった感覚になりました。
主演のトムスウィートは美少年ですけど全体的に画面が暗い上、顔のアップなども少なかったです。
あと何故女装させて育てられてるのかもイマイチわかりませんでした。
Oshio

Oshioの感想・評価

3.0
人を選びそうな作品。
個人的には描かれていた"癇癪"が何故ラストに繋がるのかいまいち分からず...もやもや。
緊張感のある音楽と薄暗い映像は良いです。あと主人公の美少年っぷり。