シークレット・オブ・モンスターの作品情報・感想・評価 - 83ページ目

シークレット・オブ・モンスター2015年製作の映画)

THE CHILDHOOD OF A LEADER

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の…

1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれた米政府高官。彼には、神への深い信仰心をもつ妻と、まるで少女のように美しい息子がいた。しかし、その少年は終始何かに不満を抱え、教会への投石や部屋での籠城など、その不可解な言動の数々に両親は頭を悩ます日々。その周囲の心配をよそに、彼の性格は次第に恐ろしいほど歪み始める―。そして、ようやくヴェルサイユ条約の調印を終えたある夜、ついに彼の中の怪物がうめき声を上げる―。20世紀が生んだ最悪の怪物=”独裁者”生誕の謎に迫る至高の心理ミステリー。

「シークレット・オブ・モンスター」に投稿された感想・評価

鑑賞記録。
筆舌に尽くしがたい。
誰かと共有したい。
まみや

まみやの感想・評価

5.0
淡々と進んでいくストーリーに最初は入り込めず、観客はみな置いてけぼりををくらっている感じがした。

緊迫感のある音楽を聴きながら、訳のわからないまま募っていく緊張感。

途中、あれ?これこういうこと?と少しずつ分かってくると、これも?これもか!?とどんどん広がっていき、一時も目を離せなくなる。

自分なりの解釈が出たとき気持ちいい。
その後、友達の解釈も聞いて、見逃していた部分を教えてもらって、更にあーーー!と思う。

映画は一人で見ることが多いけど、これは誰かと一緒に見て、答え合わせをしたい作品。
友達と当選した試写会で観ました。
映像がきれいで美術館で絵を見ている感覚。

主人公の男の子がかわいすぎる!
あんな演技ができるなんてすごい。
ginzam

ginzamの感想・評価

4.8
うーーん、とにかくトム・スウィートくんがかわいい!!!!

女の子のような格好をさせられたり、、、お父さんの友人にお嬢さんと呼ばれたり、、、

トム・スウィートくんの、笑顔と自慢気な顔と反抗的な目と、、、色んな表情が見れるだけで、もう大満足です!!!笑
映像面は好きです。ヒッチコックを想起させるカメラ・ワークは面白いし、フィルム・ノワールの要素が漂う暗さもツボ。フリッツ・ラング的な色合いがあるんですよね。具体的には『死刑執行人もまた死す』あたり。

ファシズムをテーマにしたストーリーも悪くない。権威主義や構造的な男尊女卑がファシズムを生みだすのでは?という視点から、物語を紡いでいる。ムッソリーニやサルトルをヒントにしたそうだけど、男の暴力性が際立つ内容は今っぽい。父性の怖さも浮きぼりになっている。

残念なのは、スコット・ウォーカーによる音楽。清々しいほどに作品の面白さをぶち壊している。映像のムードをふまえれば静謐な音楽が似合うと思うのだけど、やたら大げさで映像とまったく合ってない。
とにかくスコット・ウォーカーの音楽が素晴らしい!内面をえぐり出すような旋律が、カッコよかった。オープニングだけでも、何回でも観たい。こんな重厚でドラマチックな映画は久しぶり!

⇒衝撃的な旋律によるオープニングが好きすぎて、半休もらってまた見に来てしまった、、、。
難解だよ、きっと好き嫌いも分かれるよ、だけど、なんとも言えない不気味な人間のサガをえぐり出す旋律が紡ぐ深いドラマ感がたまりません。
アメブロを更新しました。 『「シークレット・オブ・モンスター」親の愛が無ければ、子供は貪欲に愛を求めて歪んでいく。』https://twitter.com/yukigame/status/797097899775565825
hakofg

hakofgの感想・評価

2.5
一度観ただけでは分からない…
小夜子

小夜子の感想・評価

2.5
突然、癇癪をおこす時の少年の目が、とてもリアルで迫力あり、慄いてしまう。

子供も親を選べないし、親も子供を選べないというようなメッセージなのだろうか…音の演出が激しくて、ちょっと疲れてしまう
shoko730

shoko730の感想・評価

2.6
戦慄の謎に迫る心理パズルミステリー…
…って、え?これミステリーか?過剰な音響演出(爆音)で不安感を煽るだけの映画。期待外れ。。