Daydreamingの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

Daydreaming2016年製作の映画)

Radiohead: Daydreaming

製作国:

上映時間:6分

4.0

「Daydreaming」に投稿された感想・評価

斜線

斜線の感想・評価

4.0

RadioheadとPTA...!!
思いつく限り最高の組み合わせ。泣ける。
すざ子

すざ子の感想・評価

4.5
この人だったのか、見た。白昼夢か昼間の現実かわからん感じ。トムヨークの汚さ。
MVもFilmarksにあるんだ笑

見たことあるけどPTAが監督してたとは知らなかった。
So

Soの感想・評価

3.4
たしかにこれは映画監督が撮ったミュージックビデオだな~ってわかる。
PTAだからなんかもっと変なの求めちゃった笑
TOT

TOTの感想・評価

4.0
レディオヘッド meets PTA。
扉を開けて彷徨い続ける男トムヨ。
長回しの白昼夢。
去年のサマソニでも聴いて、アルバムでもとても好きな曲&好きなMVですが、レディオヘッドのベストMVはやっぱり「No Surprises 」か「Street Spirit 」だと思う。

2016年夏、目黒シネマ『JUNUN』Play It Loud上映の併映
思い出し記録
keco

kecoの感想・評価

5.0
365日毎日観てます。観てない時もドア開ける度にこれです。
大好きな監督と大好きなトム。

NUDEのpvも最高だけどこれはほんと映画館で観たい。
個人的に2016年最大のキラーチューン。もう2017年も半ば過ぎた?知らねーよ。
長回しっぽいのがこの人っぽいし扉のアイデアもmvっぽい
個人的にはやっぱりもっと意味不明でゴチャゴチャしててほしいからptaはmvより長編映画のほうが好きです
2017年1本目は『ザ・マスター』や『マグノリア』で知られるポール・トーマス・アンダーソン監督が撮ったレディオヘッドの“Daydreaming”のMV(1月4日@自宅)。
レディオヘッドが全米の映画館にフィルムを送って話題になった今作は、ボーカルのトム・ヨークが、目の前に現れた扉を開けても開けても希望の地に行けない夢境をただただ彷徨ってエンディングを迎える。
年齢を感じさせるトム・ヨークの周りには、彼が経験してきたであろう華やかな社交場や絶景が広がるが、彼には笑顔がない。
観ているこちらも、年齢を重ねたトム・ヨークを受け入れたくない、むしろ周りに広がる世界の中心にいて欲しいと願うその様がDaydreamingなのかと…。

フィルム作品の楽しみは感じながらも、正月から観る作品ではなかったかも。笑
今年サマソニでレディオヘッド見ました。
人生で一度はメンバーの姿を見たかっただけで、一曲で流行りもの俗物バンドThe 1975に移動したので文字通り見ただけ。
ミーハーなんです、すいません。

本作は映像も去ることながら意外にレディオヘッドっぽくなくて良い曲。