TomoHojo

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアのTomoHojoのレビュー・感想・評価

3.2
うーん、何時もランティモス監督の作風が個人的に合わないだけ?というか、完全に自己満足丸出しの演出についていけないだけなのかもしれない。。。

不条理で狂気的な世界観。
不安を煽りまくるサントラ。
的確な映像面でのカット割。
キャスティングの妙技。
総体的には素晴らしいのだけど。。。
観終わった後の疲労感と不快感が半端無い。


奇才という事で片付けてしまうしかないんだろうけど、彼独特の世界観はやはり好みではないかな?

良作だが非常に評価が難しい賛否両論がありそうな作品。