聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

1ken

1kenの感想・評価

3.7
劇場で観れなかった作品!

彼は4つの悲劇を用意した。
途中からジワジワ不気味な感じが
物語を漂いはじめ…体が重くなり…
あのラスト…。

う~~ん。
これで納得できるのか?
よくわかってないと??になりますね~。
好き嫌いが分れるのかも。

まぁ、とにかくマーティンの演技が
数日頭から離れなくなります。
コリンファレルに手短に説明する場面も恐ろしい。
OPも要注意⚠️
その点では劇場で観なくてよかったかも😅笑

ファニーゲームを観れた方なら
この作品も観れますよ👍
s

sの感想・評価

3.2
バリー・コーガンこわ
華

華の感想・評価

4.0
いろんな意味でお腹いっぱいになった。これはたぶんしばらくずっと頭についてまわる系の映画だ。好きだけど。
動機なき者の哀れ
やるなら倍返しを覚悟する
どう評価すべきか、よくわからない映画。

ギリシャ神話だの取り入れて、わかりづらくしてるが、マーティンのしようとしたことは割と明快で、足し算をして損失(父)を補填するか、引き算をして相手にも損失(家族の死)を与えるか。
マーティンは、常に秤を平衡に保とうとする。

足し算or引き算 の話に超常的な事象が絡んで不可解な映画に仕上がってる。

聖なる鹿(神の使い、富や権力といった支配者の象徴)を殺す(叛逆する)映画とも言えるけど、それだと前半の父親補填計画がぼんやりしてしまうし、やっぱ足し算or引き算の話ではないのだろうか。

面白くないわけじゃないが、人に勧められないし、スコアを何点と付けれない規格外な映画に思う。

とりあえずパスタの食い方汚ねぇwww
たぼ

たぼの感想・評価

3.5
この映画を真意を紐解くキーワード

『ギリシャ神話』
『革命』
『正義』
『支配者と被支配者』

全体的にアート寄りで、スタイリッシュな作品。

コリン・ファレル×ニコール・キッドマン…これはずるい。この組み合わせは最強。

作品自体が重い作品であり、どの命を助けるかの選択に迫られる主人公と、その選択権を持つ主人公へ縋る選ばれる側の人間。
その心境を上手く演じきっている俳優陣に拍手。

静かな映画で、独特の広い画を映し出すカメラワークとカメラズームが、今作全体に不気味さを帯びさせております。
ぞわぞわ。ぞわぞわ。

終盤のファニーゲームみたいなシーンはとくにもう目を背けたくなる。
あれは強烈でした。夢に出そう。

ネタバレどうこうの作品ではなくて、展開等全部わかっていても、見応えのある作品です。

そして個人的にこのパッケージも好きなんだよなー。
"だってこの状況は…自分が招いたことでしょう。"

コリンファレル、バリーコーガン主演。カンヌ国際映画祭出展のサスペンスホラー。キャッチフレーズは"彼は4つの悲劇を用意した"
心臓外科医である主人公がてがけた手術により、命を落とした男。その残された遺族の息子を中心に、不可解な現象が主人公家族に襲いかかる。

なかなかに古典的なホラー映画。話は単純で登場人物も少ないんだけど、ストレートに背筋がゾクゾクするやつ。不協和音と周囲の生活音以外、無駄な音やBGMを一切省くことで、異様な雰囲気が出でいた。きわめつけはノイズ混じりの映像と、バリーコーガンの怪演。徐々にパーソナルスペースに入り込んできて存在感を増してく彼…おそろしや。ナポリタンを食らうシーンは、意味不明に気持ち悪い。クソマズそうな食べ方と見た目。なんで白シャツ着てるの!はねるよ!ってツッコミは置いておいて、フォークの持ち方もキモし、口の周りも汚いし、ヘラヘラ最後笑ってるし。映画史に残るシーンなのではないだろうか。

マーティンは一体なんなのかは重要ではなくて、結局追い詰められた家族はどうなるか、がフォーカスされていたんでしょう。ニコール演じる奥様は"私たちが残れば、子はまた作れる"とかいいはじめる狂気。最後親父の選択の仕方は…この状況で、天に身をまかせるにはあまりにもみっともなさすぎる。終わり方からしても胸糞悪いけれど…すごく印象深い作品。
Sayu

Sayuの感想・評価

2.1
過去観賞………意味不明。
理解出来んかったー(((((((・・;)
何なの?息子が犠牲になるって!
Ryuichi

Ryuichiの感想・評価

3.7
なんだこの狂気に満ちた映画、、

カンヌで脚本賞に輝いた今作。
幸せな家庭を持つコリンファレル演じる医師とバリーコーガン演じる気味の悪い青年マーティンが序盤は少しきな臭い、性的な映画なのかなって思ってたら全然違くて、、ダンケルクではカッコ良かったのに

家に招いてから事態はゆっくりと変わっていく。

マーティンの父親の主治医をしていたスティーブンだが彼の失態が原因で後々の出来事に繋がると。
ここは普通のストーリーなのよ、
それを咎めているわけでもないのか諭すように追い詰めていくマーティンが本当に不気味で。
内容もさる事ながら無音から音楽が流れ始めていくシーンが怖すぎた。

誰かを犠牲にしなければいけないことが家族の中でも周知になることで人の本性が剥き出しになる。年齢なんか関係ない、あんな小さい子が必死に取り繕っているのはみててあーーーってなる。

マーティンは神のような存在で子供たちが倒れたりしているシーンをアップで撮ったり、引きで撮ったりしてるのは彼の視点で助けは無いみたいなニュアンスなのかな難しい映画だったけど魅力的な映画。

パスタ食べるシーンは不気味でした。