聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

合理的な説明がない部分があるので、観る人を選ぶ映画だとは思いました。
実はこの映画を観たのは、少し前なのですが、いまだに気になり頭に残っています。
なんといっても、バリー・コーガンの怪演が凄く好きでした(真実の行方のエドワード・ノートンや、ギルバート・グレイプのディカプリオに匹敵するような…というのは、ちと言い過ぎですかね)
メインの家族が根本的に自分を守ることしか考えておらず、ちょっと胸糞です。人間の汚いところをたくさん見れます。そこが醍醐味かと。理由や理屈はないんだろな。
35

35の感想・評価

-
わろたって感じ
2453

2453の感想・評価

2.5
うーん

この物語を理解するには勉強不足だったようです。

しかし、あれもこれも投げっぱなしで...
物語の核となるところはそんなとこじゃない
ってのは分かるけどさ

だからといってこんな
分かる人には分かるみたいな映画
理解できる人が何人いるんですか?

終始なんかある、なんかあるって
ソワソワ、ソワソワしてたけど
ソワソワしたままエンディングロールいって

ぐぐぐ.....
ってなりました。
1ken

1kenの感想・評価

3.7
劇場で観れなかった作品!

彼は4つの悲劇を用意した。
途中からジワジワ不気味な感じが
物語を漂いはじめ…体が重くなり…
あのラスト…。

う~~ん。
これで納得できるのか?
よくわかってないと??になりますね~。
好き嫌いが分れるのかも。

まぁ、とにかくマーティンの演技が
数日頭から離れなくなります。
コリンファレルに手短に説明する場面も恐ろしい。
OPも要注意⚠️
その点では劇場で観なくてよかったかも😅笑

ファニーゲームを観れた方なら
この作品も観れますよ👍
s

sの感想・評価

3.2
バリー・コーガンこわ
華

華の感想・評価

4.0
いろんな意味でお腹いっぱいになった。これはたぶんしばらくずっと頭についてまわる系の映画だ。好きだけど。
動機なき者の哀れ
やるなら倍返しを覚悟する
どう評価すべきか、よくわからない映画。

ギリシャ神話だの取り入れて、わかりづらくしてるが、マーティンのしようとしたことは割と明快で、足し算をして損失(父)を補填するか、引き算をして相手にも損失(家族の死)を与えるか。
マーティンは、常に秤を平衡に保とうとする。

足し算or引き算 の話に超常的な事象が絡んで不可解な映画に仕上がってる。

聖なる鹿(神の使い、富や権力といった支配者の象徴)を殺す(叛逆する)映画とも言えるけど、それだと前半の父親補填計画がぼんやりしてしまうし、やっぱ足し算or引き算の話ではないのだろうか。

面白くないわけじゃないが、人に勧められないし、スコアを何点と付けれない規格外な映画に思う。

とりあえずパスタの食い方汚ねぇwww
たぼ

たぼの感想・評価

3.5
この映画を真意を紐解くキーワード

『ギリシャ神話』
『革命』
『正義』
『支配者と被支配者』

全体的にアート寄りで、スタイリッシュな作品。