聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

巧みなカメラワークと不協和音。
じわりじわりと確実に迫る危機。

ヨルゴス・ランティモス監督、どの作品もクセになる世界観ですね。
じじじ

じじじの感想・評価

3.3
「好きなものは最後に食べたいから残す」っていってたじゃーん…
ヨルゴス・ランティモスの作品を表すなら「不穏・奇妙・不条理・ルール」。ある世界に独自のルールを当てはめることによって一瞬で物語をファンタジーに変身させる。完全に好き嫌いの分かれる監督。ちなみに私は好きです。今作も急激な呪い(魔法?)のような得体の知れないものの登場で幸せそうな家族が崩壊。崩壊させる張本人バリー・コーガンの不気味さといったらほんとに素晴らしい。不条理に翻弄される父=コリン・ファレル、気丈に振る舞うが最後に膝の折れる母=ニコール・キッドマンもハマり役。そして娘役ラフィー・キャシディー初めて観たけど美しかった。これから人気でるなぁ。
世界観を作るためのカメラワーク、音楽にも相変わらず非常に拘っていて良かったです。内容的には疑問符のつく所もたくさんあるけど、まぁファンタジーですから(笑)あとはギリシア悲劇『アウリスのイピゲネイア』が元ネタらしくて、映画の定番“トロッコ問題”が潜在的に描かれているので、考えさせられる作品にもなっている。まぁあのコリン・ファレルの選択はないけど。そしてラストシーンの娘がポテト食べるシーン。「好きなもの(ポテト)は最後に食べるんだ」と冒頭で語っていたバリー・コーガンが先にポテトを食べる娘を凝視している画。怖すぎます。世にも奇妙な物語。。。
何はともあれ楽しめました!
2018-108
sun

sunの感想・評価

4.0
ただただ奇妙で不気味。
結局、医療ミスをした事を隠し、謝らなかった結果なのか?
いや違う?
ラストシーンもまた意味不明だし…
考察すると余計にドツボに入って訳がわからなくなる。
ただただ感覚的に捉える作品だったのかもしれないな…
心臓外科医のスティーブン(コリン・ファレル)は過去に手術ミスで1人の患者を亡くしていた。
その後、患者の息子マーティン(バリー・コーガン)を自宅に招いてから、家族とマーティンの関係がジワジワと変化し、やがて円満だった家族は崩壊へと追いやられる。

他所の人間が家庭に介入する、その距離感の詰め方の不穏さや肌触りが強烈な違和感を生んでいて、マーティン(バリー・コーガン)の目つき、表情、悪びれない態度がとにかく不快で怖い。

ただでさえ他人を家に入れることは、日常のバランスを崩すもの。崩れかけたバランスを戻そうと意識が働くとさらに大きく傾いて、気付いた頃には取り返しがつかない。
個人的にはスプラッターや心霊よりも、家庭が歪められていく物語が心底恐ろしいので、その点では文句なしにイヤな映画だった(褒め)

全編にわたりパースペクティブが強調された構図、気付かないレベルでのズームイン、ズームアウトが多用され、精神を煽る。滑るような廊下のカメラワークは明らかに『シャイニング』の画面で生理的に安心できるカットが1つもない。
音楽の不協和音の効果もあり、蝕まれていくような感覚に陥る。

監督のヨルゴス・ランティモス、毎度新しい感覚を与えてくれるので、個人的には次はどんな突拍子を見せてくれるのか楽しみにしている。
次回作はエマ・ストーン主演で18世紀の女王という設定の『女王陛下のお気に入り』。年始辺りにやるのかな、2019年の楽しみな一本。
Kansuke

Kansukeの感想・評価

4.4
テイストがファニーゲームに似てる
つまり、好き。

ただ、あちらと違って理不尽ではないとまでは言えないけども、やられたらやり返すっていう動機の部分は明確。

絶妙な緊張感の中に笑っていいのか?ぐらいのユーモアさを入れるのがうまい!
mk

mkの感想・評価

3.8
とにかくバリー・コーガンがただスパゲティ食べてるだけで怖い。

面白いけど、観た後は少しどよんとするし、好みは分かれそうな作品。

コリン・ファレル好きな人はどうぞ。
Luna

Lunaの感想・評価

3.8
私的にはもう少し軽いホラーなら良かった。
ホラーというよりサイコな訳だけど、
バリー・コーガンの不気味な演技は最高にサイコで、彼なしではこの作品はありえないほど。
ストーリーは不条理で真面目に考察すると納得できなくなる。呪術なのか念力なのかわからないのがいいのかも知れないけど、母親がどちらかを、、なんて言い出すのは呪術のせいであってほしい。

性や食べ物の使い方がうまい。生々しくて気持ち悪かった。他人の事を考えてるふりして自己愛や欲望に満ちている。
安部

安部の感想・評価

3.8
いたってシンプルな話しなのになんでここまで恐ろしくできるのか…
だからこその不気味さなんだろうか
ヨルゴス・ランティモス監督の前作はコメディ風味もあったが、今回は完全にホラー。呪いをかけられた家族の末路。とにかく観客を気味悪くさせるのが目的かというくらい不安を掻き立てる音響が目立つ。順序良く並べたストーリーではなくてもっと根源的な、それこそ神話・寓話みたいな事なのかな。クズな父親スティーヴン(コリン・ファレル)を始め無表情のマーティン(バリー・コーガン)など誰一人として感情移入できないので、居心地が悪い思いを抱いたまま終わって呆気にとられる。劇中の台詞の「これはメタファーなんだ」に全てが凝縮されてる気がする、解説を読むまででワンセットのやつ。映画の中だけで通じるロジックが存在するのがこの監督の特徴か。この時点で星は3.7。


コメントでネタバレしてます。