聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

りな

りなの感想・評価

3.8
ずっと違和感。この気持ち悪い感覚、大好き〜笑 ただ音楽は露骨でちょっと嫌かな。すごく面白かったです。この監督さんの不気味を演出するセンスは惹かれます。
難解。
ギリシャ神話がモチーフというか、作っていたら似ている事に気付いたと監督が答えていてらしい。
少し調べてみたけど、長ったらしいカタカナがいっぱい出てきたのですぐやめた。

カメラワークが俯瞰ショットを多用してたように思う。誰かの名言で、人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見ると喜劇だ、という言葉がありますが、もしもそういう意図があるならば、監督は性格悪いんだろうなーと思った。

子供達や奥さんが、死が刻々と近づいてきてるのを感じてか、「私は殺さないで、他の誰かを殺して」と、父にそれとなくそれぞれのアプローチをしてる様(あくまで僕はそう見えた)はほんの少ーしだけ、ニヤリとしてしまった。

ただラストシーンはマジでよくわからない。誰か教えてくれー。
ぽむ

ぽむの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

TSUTAYAでみつけたコリン・ファレルの文字。何故か惹かれるコリン・ファレルの文字。
ちょっと待って…、数ヶ月前に「ロブスター」でコリン・ファレルはもう無理かもって思ったやん。自分アホなんかな…。
なんやかんやで借りてしまって、見始める休日の午後6時。
終始暗いし、終始重いし。
前回と同じ過ちをおかしてる気が俄然してきた休日の午後7時。
あれ、デジャブ?
フィルマ開いて監督調べて、ロブスターの監督とコリン・ファレルのコンビで作られ作品だと気づいて納得したようにみせかけた休日の午後8時。

なんか言いたいことはあるんだよねきっとね、なんかしら問題提起したい病なんだよねこの監督はきっと…。

とりあえず解説読んできます。
解説必須だよ!なんで鹿なの!!
あのぼっくんが鹿なんか!犬嫌いって言ってたし!

♪ま~かふしぎ~ま~かふしぎ~ま~かふしぎ~お~いぇい♪
ぱぷり

ぱぷりの感想・評価

3.4
酒は身を滅ぼす。

オープニングロールで手術中の心臓ドックンをアップで見せ続けられるところで、「あ、これヤバいヤツ」
「監督がどエス、もしくは変態」
「好きか嫌いかどっちかに転ぶ」
「ハネケタイプなら良いけど、トリアータイプはゴメン」
等等予想どおり、或いは期待どおりの超奇妙な展開をしてくれはりましたわ。

あの少年は魔法のランプを手に入れたに違いない!
だって美少女がメロメロになるって⁈
あの容姿で⁉︎あのキモさで⁉︎

復讐映画で復讐される側の人間の視点で描かれても、主人公に感情移入しがちだけどこれが主人公もアカンヤツで、、、

ハイ、ハネケタイプのウツ映画で面白かったです。
rain

rainの感想・評価

-
理解不能…誰か解説してくれ
阿部

阿部の感想・評価

-
こわきも~こわ。支配と服従?なんだかね、どう解せばいいかわかんねー
不快極まりない映画でした
暗すぎる、私の想像してたのと全然違いました

観終えて気づいたのですが
この映画の監督って「ロブスター」の監督だったのね
全く知りませんでした
いつもながらよく見て借りようよ
と自分に言いたくなる・・・
お恥ずかしい
だからこの映画でもコリン・ファレルを使ったのかなあ
「ロブスター」では太ってたけど
今作は痩せてましたね
しかし髭がモジャモジャすぎ
痩せたんだし普通の姿で出してやってよ

「ロブスター」の監督って事で納得した私
この映画、さっぱりわかりませんでした
まだ「ロブスター」の方が自分なりに解釈はできたんだけど
「聖なる鹿殺し」は解釈すらできない

たぶん、復讐、下剋上的な話かな?とは感じるんだけど
話の中で起こった事柄というか事象の説明が全くつかないし、説明できない
ラストは下剋上されて下剋上し返すかって感じの雰囲気を受けたかなあ

「ロブスター」の場合は舞台設定がSF的だったからまだ自由な解釈ができて自分なりに決着したけど
「聖なる鹿殺し」は現代が舞台だから余計に非科学的な部分がね・・・

緊張感があって不気味な映画でした
下手なホラーより怖いかもね
2時間ありましたが
あのテンポでわけわからない話で
全く退屈しなかったから不思議だ

ただ一回観たらもういいかな
何度も観たくはない映画です
なんだろ気持ちが不快で重くなる
って感じですね

これ以上考えても無駄なので
考えるのは止めます!

監督は斬新すぎるというか
突拍子もないというか
とんでもない映画をつくりますねえ
でも知らずに次回作も観るんだろうな
次回もコリン・ファレルだったら面白いね!

あとこの映画のカメラワークが独特でしたね
これは映画の冒頭から
ん?なんか撮り方が変っていうか
視点がちょい変なところから映してるような・・・
意味わかるかな?
上手く書けません💦
それと、音楽の使い方は効果的だったと思います

そんな映画でした
はい、降参、終わり

わけわからなかったので
スコアのつけようがないのですが
退屈せず、緊張感を持って観れたという事で3.5にしました!
なんと言えば良いのか、あまりにも衝撃的すぎて伝え方が分からない作品。ただただすごかった。
シリアス感が逆に笑いを誘うという不思議さもあり、とにかくすごかった笑
英検が終わったので映画解禁です☺︎
さすがド変態映画ロブスターのヨルゴス監督。こちらでも初っ端からかましてます。パンを食べながら見てたのですが思わず口の動きが止まりましたよw

これ映画館で見れなかったんですけど、見なくてよかったかも。終盤のグルグルランダム銃なんて画面まともに見てられなかったと思う。もうずっと怖いし、ずっと不気味。私は全てのホラー映画の中でシャイニングが1番好きなんですけど、見ていて似たような感覚がありました。度々流れる不穏な音楽とただ歩いてるだけなのに次何が起こるんだろうっていうぞわぞわする恐怖感とか。(調べたらトラッキングショットっていうんですね!)

でもこれ難しいな、どう受け止めたら良いんだろう。私はシンプルにマーティンの復讐劇だと思っていますが、彼は明らかに普通の人間ではないわけで。マーティン役のバリーコーガンがハンサムな青年じゃない所が何だかリアルで不気味さに拍車をかけています。良い。

最後スティーブンがマーティンの言う通り役目を果たしたことである意味一家が救われて、はい終了。もうお互い関係ありません。だとしたら随分あっさりしてるよなと思いました。個人的にアナとマーティンのパスタの件、アナの質問に対してのあの無関係そうな彼の答え、結局マーティンは何が言いたかったのか分からないけど、1番重要な気がしてならない…

相変わらず全体的にグロテスクできつい。けど私はこのヨルゴス監督の独特で妖しい世界観がすごく好きです。自分だったらどうするか?なんて考えたくないのに深く考えさせられ、囚われてしまう。今作でもばっちり魅了させられました。

☆90
はじめ

はじめの感想・評価

3.5
何故か娘の初潮に関してオープンな家族…。

最初から最後までキナ臭い…。