聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

ラストがトラウマ
パゾリーニよろしくギリシャ悲劇を
アップデートした荒唐無稽なブラックコメディ。

はなから笑かしにかかっていた前作とは異なり、サイコな装いの中、随所に散りばめられた小ボケの数々が絶妙な異化効果を醸しており、悔しいかな目が離せない。

極めつけの最後の最後に最強のギャグを繰り出してくる。
悪い冗談も大概にしてほしい。
まな

まなの感想・評価

3.5
なんで?って思ったらいけないと分かりつつも、解説を聞きたい笑
moviEEE

moviEEEの感想・評価

3.0
えーっそっち?不穏・不条理を楽しむ映画
劇中のセリフでもあるからそうなのだろうけれど、この映画はメタファーなのだ。
これがなにについてのメタファーかというのは切り取る部分によって変わってくるだろう。
だからこそこの映画の内容の議論を出発点にして、派生してさまざまな事象への議論のきっかけになるような映画なのではなかろうかと感じる。

僕が感じたのは戦争ということ。

あと若干、映画のところどころにハネケのテイストを感じた。
拓哉

拓哉の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

少年は悪魔のメタファーなのか。

聖書に神のみを信じるキリストが様々な誘惑を
仕掛ける悪魔を追っ払う一話がある。
もしこの父親が神を信じ、何も行動を
起こさなかった(一人生贄をささげない)場合、どうなったのか気になる。。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.7
一体どんな生き方をしてたらこんなに恐ろしいロシアン・ルーレットを思いつくのか。普通にめちゃくちゃ気持ち悪いホラー映画。やたら長い病院内の廊下の撮り方とかエスカレーターの撮り方とか好き。「そして誰もいらなくなった」になると思ったらそうはならなかった笑こわ。
>|