聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

nico

nicoの感想・評価

3.7
面白いんだけど、気分は良くない。
もやし

もやしの感想・評価

5.0
胸糞映画の代表格ということで、まあわざわざ見ることもないかと思ってたけど、やっぱり気になるから鑑賞笑


音楽がめちゃくちゃ良いですよね。
何やら物々しくて格調高くて、この映画がただ事じゃないと伝わってくる。
不幸が起きる時のあのドドドドドドッ…が良い。



おじさんと10代の青年。親子ではないようだし何だこの変な距離感、と思ってると徐々に理由がわかってくる。

そしておじさんの子供達が謎の体調不良に陥り、どんどん弱ってゆく…
そこに来て、その青年にとんでもない告知をされる…



いわゆる「呪い」というものに近いんだろうけど、明確な不条理。
肝心な呪いの肝を話すシーンが異様に早口で事務的なのが印象的。(おじさんが時間がない時間がない言ってたからだけど)



大人になると、自分の失敗であったり隠したいことであったりがどんどん増えてきて、自分のプライドが傷つけられたくないという理由で嘘を重ねることが増える。
そこの欺瞞を一点突破で突き通す脚本。


そしてそういう人間の思考の部分を超えて、これは誰にでも起こりうることなんだということをはっきりと伝えている。
幾多の作品が伝えてきた世の不条理を描いた作品だけど、それでも見たことのない映画になっている。



この監督の呈示する世界観って、本当に殺伐としてるよね…
たぶんこの人とは友達になれないと思う…笑

このレビューはネタバレを含みます

因果応報の世界として
つじつまを合わせたくなるほど
解き明かされない映画
ドキドキしたからいいけどね

なにもその映画の経糸である
超常現象さが、
ヘッドフォンを映しだぐらいで、
一切解き明かされないって
すごいことするなあ
ってのが感想
愛

愛の感想・評価

4.5
なんなんですかコレは?!
怪しい魅力全開。

やっぱり凄い、ヨルゴスランティモス監督。
終始不穏で歪なシュールな世界観。

あぶり出される人間の醜さったらない。

絶妙に挟みこまれる居心地の悪い音楽とカメラワークにひきつけられる。

これはほんと好き嫌いわかれると思うし誰にでもオススメなんてできないんだけど、近しい誰かに観てもらって語り合いたくなる作品。

ラストの無言のやりとりに更に想像が膨らむ。
きしの

きしのの感想・評価

3.8
バリーコーガンの演技に魅入った。
鈴木

鈴木の感想・評価

3.4
一生不穏な音楽が流れてたしカメラワークがシャイニングみたいな感じでメチャメチャ良かった、、
考察やら解説まで読むまでがワンセット感あって映画だけだと不完全燃焼〜感あるけど、不穏な空気感を味わう映画としては良かった 保身に走りまくる家族怖い ずっとサイコパスとカス人間しかいねえ〜!!!って思ってた
izumi

izumiの感想・評価

1.5
長いですね💦
あと意味がよくわからないです。。
終始暗めのストーリーと、ホームビデオみたいな映像面でかなり低予算感ですね。

話がとびとびになるので理解しにくいです。
smatsunaga

smatsunagaの感想・評価

4.0
終始つきまとう不安を掻き立てる効果音と、仄暗いトーンと、超シリアスで生々しいのにスキのある設定。
あと定点でじわじわ引いたり寄ったりするカメラワーク。

この監督のモード全開。
やっぱ変態やわ、でも嫌いじゃない。

なぜかBattlesのThe YabbaのPV思い出して観たくなった。
>|