聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

町山智浩さんのトークショーとセットで鑑賞。
全くの予備知識無しで観たが、まさかホラーだったとは。
冒頭の描写とか痛い痛い感じとかジワジワと追い詰められて、非常にいやーな気分にさせてくれる作品でした。

町山さんの解説とセットで無かったら間違いなく観てないであろう作品。
でもラストの感じは、スゴいのを観たなって凄みを感じた。
あと、カメラワークが面白い。真上からのワンショットのカットはすごかった。

話のネタにするにはとても面白い映画だと思うが、人に勧めづらい作品。好きな人は好きなのかも。。?
KANAKO

KANAKOの感想・評価

3.3
最初、ん?ブルーレイの機械繋がってる??と思うほどの暗転にいかにもな曲。そっから映し出されたのは本物?の心臓?グロい通り越して美しさすら感じるわ笑
マーティンは一重なのかずっと気になって内容が頭に入ってこないのもあるしあと曲がもうホラーのBGMで不安になるほかない笑 というかただのシャイニングかな。
しかもマーティンなんか正論のように話してるけど全く何言ってるかサンドウィッチマンでイライラしてしまう。
生に関して全員執着があって(そりゃ生きてたらそうだよね。私もそうなるよ)遠回しに死にたくない!!!!!って訴えかけてるのが凄く痛々しくて辛くなった。ロブスターみたいになんか嫌な気持ちがずっと続く。もう観たくないわ。
「これはメタファーだ。僕は象徴に過ぎない」劇中で青年が囁く言葉。僕も会社の上司に言ってみたい。明日から来なくていいですって言われそうだけれも。
前作同様、死を可視化、シミュレーションゲーム括りにし、で、最後はどうなるのって展開。
形而上学要素に徹している為、流れる映像とセリフだけを追って観ていても何のことやらで終わってしまう。聴覚や視覚だけではなく鼻の奥にある受容体をフルに活性化させて理性と感情のうねりに身を任せましょう。
青年を演じたバリー・コーガンの何とも憎たらしい演技は『真実の行方』のエドワード・ノートンを彷彿させた。 怖いっす。
ぐへぇ…
なんちゅーもん作るんだ…
飽きずに観れるし面白いんだけど、不穏な空気と不協和音でヒリヒリしっぱなし
10000000

10000000の感想・評価

4.3
「恋はデジャブ」じゃない??
どうやって面白がればいいのか知りたくて観てしまうヨルゴス・ランティモスだが面白がれないまま終わってしまう。
ポスターがかっけえー!!!

エキセントリックな内容の話を過剰な音楽にのせて静かに淡々と進んでいき
悪魔少年と家族のねちゃっとしてるのに乾いた演技も相まって
すげー、惹き込まれてしまいました。

家族の自分のことが一番可愛いって所が、生々しくて怖い所でした。
輪をかけて、自分の子供を真顔で学校の成績や態度で天秤にかける恐怖!!
見応えが有りました。

タイトルの'聖なる'の意味が最後までわかりませんでした。
いぬ

いぬの感想・評価

4.0
意味わからないけど面白い。2時間あっという間。
ひたすら気味が悪い…。
終盤からラストが非常に印象的

神話を調べないと難しい。

ロカカカの実?
>|