あかね

ナラタージュのあかねのレビュー・感想・評価

ナラタージュ(2017年製作の映画)
3.8
忘れられない恋。

この映画だと雨が降るとあのひとのこと
思い出すだったのですがそういうのって
人間誰しも恋したことある人なら
ありますよね。
許されないことではありますが
私は恋してはいけない人間なんて
一人もいない、好きになってしまう事は
仕方ないことだと思ってます。


坂口健太郎くんもね、ただ
好きだったんですよね〜。
好きな人に曖昧にされるのは辛い。
気持ちわかりますが度が過ぎるというか
色々すごかったです。
絶対付き合いたくはないけど
でも、この彼の気持ちも決してわならなくない。

松潤。本当に色気があって素敵でした。
話し方もすごくよかった!
ただ、、ずるい本当にずるい男。
最後の最後までずるい男でした。


最後になってもどんなに苦しくても
彼の全てを五感全てに焼き付けたい
という彼女の気持ちは痛いくらい
わかりました。

ふと時々もらったもの、分かちあったもの
をみると走馬灯のように思い出すあの感覚。

ズルくても辛くても
結局あの人の事を思い出してしまう。

忘れようと次に恋してもダメな時はだめ。
ずるいといわれようが
超えらるものは超えられない。

別なレビューにも書きましたが
思い出は思い出のままだから美しい
のかなとも思います。

すごく美しい映画でした。