もやし

ナラタージュのもやしのレビュー・感想・評価

ナラタージュ(2017年製作の映画)
4.8
時間と共にジワジワ残るやつ。
後味神です。


でも肝心の話はどうなのか、と思って振り返ってみると、うーん、結構モヤるんですよね笑


好きでもないのに上手くいかない恋から逃げるために他の男と付き合う女。付き合う気はないのに思わせぶりな態度ばかり取って付かず離れずの男。

まあ結構共感する人は多いんだろうけど、いざこう物語としてどんと提示されると、うーんってなる。

何を見せられてるんだろう?と何度か思ったのは確か笑

でも終わってみるととても感動している。
本編中より見終わった後の方が面白さを感じるっていう不思議な映画。


でも好き嫌いはかなり分かれそうだな。
単に話が乗れなくてつまんないって人や、こういう恋愛の仕方が嫌って人もいそう。たとえ自分が似たような経験があっても、改めてこういう風に描かれると嫌悪感が出ちゃうってのはあるよね。




でも、真っ正面から恋愛のみを描いた邦画って、そういえば久しぶりだよね。
これからリアルで映画の話をする中で何度かこの映画を挙げる予感がする。




一番思ったのは、実らない恋の方が美しく残る。これ、ゼッタイ。笑