AmiSato

ナラタージュのAmiSatoのレビュー・感想・評価

ナラタージュ(2017年製作の映画)
4.1
ある人に対する思いが本当に愛なのかどうかを見極める必要があると思った。ずっとずっと忘れられない人、それは好きだから忘れられないのかそれとも他の理由があるのか。葉山先生はその線引きがしっかりできていたんだな。それを知った工藤さんはとても切なかっただろうな。でも最後に職場の後輩が時計を回してくれたことで、その切なさとか遣る瀬無さ、どうしようもない感情を少しでも拭うことができたように感じた。忘れられない人が必ずしも恋人である必要はない。自分の中に留めておいて、そういう人が私と関わってくれたって実感できるだけでとても幸せなことだと思った。