ナラタージュの作品情報・感想・評価

ナラタージュ2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:140分

3.3

あらすじ

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えき…

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えきれない葉山への恋心。葉山もまた泉への複雑な感情を抱えていた。 やがて、大きな事件が起こり、ふたりの想いがぶつかりあったとき、それは痛みすらも愛おしい逃れることができない恋となっていたー。

「ナラタージュ」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

3.1
映画『ナラタージュ』鑑賞。

映画の中も雨、現実世界も雨続き…でも気分がこんなにも滅入ると思った理由は、それだけではなかったかも。

出てくる登場人物全てが、自己本位で、気持ちも揺れまくっていて、弱さと狡さが垣間見られたから。

でも「恋」が「恋」であるうちは、誰の過去にも身に覚えのある狂おしいほどの独占欲も、どんどん自分をコントロール出来ず壊れていく感じも、全てが切なさを通り越すリアルな感情なんだと思う。

記憶の中の成就しなかった恋は、いつまでも美しく心の中で咲き誇る。
あの時に結ばれなくてよかったと心から思える時にしか、その呪縛はきっと解けない。

原作を読んだらきっとまた違うんだろうな…。『マチネの終わりに』も誰かに映画化してほしい。
みっき

みっきの感想・評価

3.5
うーん、これは(嵐の)ファン故に感じてしまうのかもしれませんが…

松潤を松潤としか見れなかった( ;∀;)

あまりにも周りの嵐ファンの評判が良いので楽しみにしてたのですが、
いくら前髪重くして眼鏡かけても松潤なんですよね。
これが普段キラキラ王子様なアイドル松本潤しか知らないし、そもそもあんまり見ないよっていう人なら、新鮮に見れたかもしれないんですけど、
いかんせん色々な松潤を見てしまっているから、どんな表情してても「あ!松潤(*´ω`*)」てなってしまいました。笑笑

ストーリー的には3人ともしっかりしてー!笑
っていう展開。
特に葉山?先生!優柔不断すぎる!こんな思わせぶりなことしないで!って有村架純ちゃんに同情。
でも架純ちゃんも架純ちゃんでどっちなの?!とハラハラ。
坂口健太郎は意外に良かったな〜、嫉妬心に溢れるちょっと怖い元カレ役を好演していたと思います。

全体としては、私の松潤問題がなければ良かったんじゃないでしょうか。
恋愛ものだけど、漫画原作の軽い恋愛ものとは違って、少し大人な恋愛を楽しめました。
otkino

otkinoの感想・評価

3.0
ありかすが順調にガッキー路線乗ってることを教えてくれる一本。
はる

はるの感想・評価

4.0
誰かのものほど、欲しくなるものなのかなぁ。その先に幸せはないと教えてくれてたのかな。
HONEY

HONEYの感想・評価

3.6
終盤のシーンにあった架純ちゃんの「じゃあ何なんですか!」に全てが集約されてるような気がして、まったくその通りだ!と思わず突っ込みを入れた。
完全に両想いなのに。それなのに何故。終始もどかしい、切ない。分かるようで分からない恋愛観。途中で人格が豹変した坂口健太郎の演技は見事でした。架純ちゃんのラブシーン、ベッドシーンにドキドキしてしまう。あぁ…架純ちゃんがー!
お菊

お菊の感想・評価

2.7
何度も借りては期限内に観られずに返却し
やっと観たけど…うーん。。。
松潤を観たかったんですけど…うーん。。。
いろいろ うーん。。。でした。
今の自分には合わなかったかな。
もも

ももの感想・評価

2.0
割り切れない思いが沢山交差していて、切なくなったけれど、ぐいぐいと引き込まれていった。こういう思いって、分からなくないな…
taka

takaの感想・評価

4.0
先生の泉に対する中途半端な優しさが狡いなあとは思うけど、教師として生徒一人一人を大事に想う先生の暖かさにどうしようもなく惹かれてしまう自分がいた、、、苦しいなあ。ジメジメした雨の日に観たい〜。
蒼愛

蒼愛の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

静かで落ち着いた作品。
ストーカーのとこほんとゾッとした
葉山先生のムッツリ感すごい感じた。(笑)
てか、奥さんとより戻すって言った後にほかの女抱けるところみると、男ってほんとしょうがねえなって気持ちになる。こんな男ばかりじゃないと信じたい(笑)
あと小野くんめっちゃイラつく。
瀬戸くん、癒される。瀬戸くんと幸せになって欲しい💕
踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.0
こちらの期待値が高過ぎたせいなのか、あまり前のめりになって観ることが出来なかった。平板なストーリー展開が延々と続く……もちろん印象に残るショットはある。風呂場で散髪する場面、土下座、制服のままプールに飛び込む……それらが浮き立ってこちらの記憶を刺激し続けるのは流石に行定勲監督の手練れの技だなと思い知らされた。映像は上品であざとくない。だからあとは脚本の問題になって来るのかもしれない。原作を読んでいないのでなんとも言いかねるが、例えばこの映画に欲しかったのは今の邦画(の、時によると悪しき風潮)が備えている「登場人物が泣き喚く」「劇伴で引っ張る」「テクニカルなカメラワークで遊ばせる」といった刺激だった。逆に言えばそういう刺激がない分この映画を好ましく思う方もおられるわけで、だからこの点数は好みによるところが大きい。あとやはり時間が長過ぎるのではないか?
>|