ナラタージュの作品情報・感想・評価

ナラタージュ2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:140分

3.3

あらすじ

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えき…

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。 葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えきれない葉山への恋心。葉山もまた泉への複雑な感情を抱えていた。 やがて、大きな事件が起こり、ふたりの想いがぶつかりあったとき、それは痛みすらも愛おしい逃れることができない恋となっていたー。

「ナラタージュ」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

3.1
映画『ナラタージュ』鑑賞。

映画の中も雨、現実世界も雨続き…でも気分がこんなにも滅入ると思った理由は、それだけではなかったかも。

出てくる登場人物全てが、自己本位で、気持ちも揺れまくっていて、弱さと狡さが垣間見られたから。

でも「恋」が「恋」であるうちは、誰の過去にも身に覚えのある狂おしいほどの独占欲も、どんどん自分をコントロール出来ず壊れていく感じも、全てが切なさを通り越すリアルな感情なんだと思う。

記憶の中の成就しなかった恋は、いつまでも美しく心の中で咲き誇る。
あの時に結ばれなくてよかったと心から思える時にしか、その呪縛はきっと解けない。

原作を読んだらきっとまた違うんだろうな…。『マチネの終わりに』も誰かに映画化してほしい。
松潤と坂口健太郎両方ダメ男すぎて有村架純がかわいそうになった。やたら長いし、主旨がよくわからなかった。
るみる

るみるの感想・評価

3.6
好きな人に抱かれて幸せな顔なのに、どこかせつなくて胸が苦しくなった。
Tera

Teraの感想・評価

3.5
工藤の気持ちも、小野くんの気持ちも、葉山先生の気持ちもわかる。だから観てる間常に胸が痛い。まったく同じような経験でなくても、人を本気で好きになったことがあれば登場人物誰かしらに共感できると思う。

有村架純と坂口健太郎はすごくいいけどやっぱり松潤は松本潤以外の何者にもみえないんだよな(笑)葉山先生役は別の人が演じてもいいかなと思ってしまった。

あとは冒頭とラストの瀬戸くん良かったなー。工藤と後輩の関係性が唯一ほっこりした場面。

実際には数年間経っている設定だけど、ひとつひとつのシーンはゆっくりと描かれている。そういう映画も嫌いじゃない。


観終わってから気付いたんですが、この映画をみた日が人生の中で1番好きだった人の誕生日でした(笑)だからといって特別なことはないんですがその人のことすごく思い出した。

あー工藤にも幸せになってほしいな。
Misamisa

Misamisaの感想・評価

2.7
有村架純かわいいな〜
切ないな〜
重い話しだったな〜

それにしても葉山先生思わせぶり男子代表だ!
諦め

諦めの感想・評価

2.5
どのシーンを切り取ってもそれを額縁に入れて飾ってウットリ眺めたいくらいにずっと絵が綺麗。構図とか、メチャメチャこだわってんだろうな〜って思った。

潤くん普段はギラギラなのに葉山先生になると本当に地味でもさく見えたのでスゴ〜って感動した。まあそれくらい。
sn

snの感想・評価

2.0
みんな自分勝手なんだけど、
泉にとっても葉山先生にとっても
暗闇にさした一筋の光のような
存在だったんだろうなと思う。
有村架純の儚さも作品に合っている。

ただ、薄暗くて静かな雰囲気の作品なのに
テンポが悪いので140分は長く感じる…
坂口健太郎も束縛が怖かった。
mochi

mochiの感想・評価

-
綺麗にとっておきたい過去
人間の曖昧さがリアルに描かれてた。
他人から見たら不純なのかもしれないけど、ただひたすらにまっすぐ想いを向ける泉はとても綺麗だった。
AiMi

AiMiの感想・評価

-
2018⭐53
>|