えし

マンハントのえしのレビュー・感想・評価

マンハント(2018年製作の映画)
3.0
こういう白い鳩の飛ばし方かぁ。

製薬会社の顧問弁護士の主人公は、会社のパーティの次の日、朝目を覚ますと社長秘書の女性の遺体が自らの真横に。
こりゃハメられたなとわかった主人公は、逃亡。
大阪府警の刑事が主人公を追う。

『君よ憤怒の河を渉れ』のリメイク…らしいんだけれど、ちょっと前に元の作品を観た私からすると、その世界線にあるというだけで、リメイク感はないかな。
冒頭のシーンで謎BGMがかかって嬉しい反面、そのシーンの違和感にうわぁとなったり。
ジョンウー流の解釈なんだろうか。