22年目の告白 私が殺人犯ですのネタバレレビュー・内容・結末

22年目の告白 私が殺人犯です2017年製作の映画)

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「22年目の告白 私が殺人犯です」に投稿されたネタバレ・内容・結末

思ってた結末と違ってたから、意外性があってよかった!そして、藤原竜也大好きだから、悪い人じゃなくて良かったー!やっぱ演技のうまい俳優さんの1人だと思う。
どんでん返しのどんでん返しにびっくり
最後の方は予想がついたけど、心理的な根拠もあってよかった
ただの猟奇殺人よりいい
仲村トオルが悪役というだけでレビュー書きますし星1つ増やせます。最高ですありがとう。
見てる途中で黒幕が誰かわかった。
正直見る前から感づいてはいた。
芝居が上手くてぞくぞくした。
さすが藤原竜也、クズの役が素晴らしい。
やっぱり野村周平くんの演技好きだなぁ。

藤原竜也×野村周平と知った時の衝撃。

最後にむけてしぼんでった感あるけど、野村周平の正体わかったあたりまでは面白い。
怖すぎる。

地上波で観たし、こういうタイプの描写は苦手な方ではないからまだ大丈夫だったけど、少しでも苦手な人が映画館でこれを観てたとしたらたまったもんではないなと。

絞殺のシーンがリアルすぎて夢に出てきそうでした。

結末は予想外ですごく裏切られました。

仲村トオルさんは正体を暴かれてからもあまり狂気を感じられなかったことが、こういう役のイメージがあまりなかったことと相まって少し残念だった。
真犯人の登場、衝撃的。
スリリングだった
主題歌もかっこよかった
俺たちの竜也シリーズ!
ストーリーのどんでん返しが良かった!
ただ、仲村トオルの存在感がありすぎて、
それで若干先が読めてしまうのがもったいなかったなと思ったり。
トオルがそんな中途半端な立場で終わるはずがないだろ!的な。
主題歌の感覚ピエロの「疑問疑答」も、疾走感があって良かったです!
どんでん返し系ミステリ。2時間の間でしっかりまとめられていて良い作品。

起きた事件の説明と遺族同士の関係、一連の囮作戦の概要など必要な説明をしっかりかつ簡潔に行っている。そのため展開への理解がしやすく、どんでん返しにも素直に納得できる。
ただ欲を言えば真犯人の過去等の伏線はもう少し早くから張っていて欲しかった。

ミステリ慣れしていると、展開や犯人が読めてしまうけれど面白い作品でした。
結末わかった瞬間の「うわあああああ〜〜〜…!」感がよかった。

虐待された子が親になると虐待する、っていう理論と似てるような。同じ目に遭った人がこの世界に自分以外にもいることに対する、安心感?優越感?すごく気味が悪くてよかった。

のだけど、似たような感情の上司が現れてそこに巻き込まれるとだいぶ面倒で厄介。ひとりでやってください、ってかんじです。
>|