22年目の告白 私が殺人犯ですのネタバレレビュー・内容・結末

22年目の告白 私が殺人犯です2017年製作の映画)

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「22年目の告白 私が殺人犯です」に投稿されたネタバレ・内容・結末

だいぶ前に映画館で観た。
藤原竜也の狂気じみた演技に震えながら、犯人探ししてた 笑
復讐の仕方に衝撃を受けた。被害者が加害者のふりをして犯人をおびき寄せるって、私の中では革命的な復讐だった。
司会者の人、普通によく観るしセットもリアリティ溢れてたから現実味がすごい。現実と混同しちゃった。
マスク被った人って、殺された女の人の元婚約者だったっけ?
この映画でゾクゾク系少し克服。
韓国版先に観ちゃったからなんかアクションとか胸糞の悪さとか色々足りないなって
完全に別物だと思って観れば面白いかな
恐ろしいけど、興味深かった。
石橋杏奈ちゃんが死ぬ瞬間が怖かった...
なんか整形して顔変えて他の人として生きるパターン多くない?まぁ見事に騙されたけど。
要所要所におっ!ってなる場面が多くて面白かった。情報量多いから頑張ってついていかなきゃだけど。
藤原竜也は安定。
最初からアナウンサーは怪しかった。
でも、あの2人がグルとは気づかない…
予告から私たちを騙そうとしてくれてたんだな、というのが少し嬉しかった。
昔のシーンは映像が粗めで、当時のニュース流したりとか最初のワクワク感もよかった。けど、藤原竜也が犯人ではないのは序盤でわかってしまった。あと野村周平が整形して藤原竜也はちょっと無理があるのでは…?というとこから始まり、テレビに真犯人来るわけない!あんなの放送しちゃった後の世間の反応は?警察批判は?病院もやばいのでは?真犯人見つけるまで早っ!最後マスコミ二人は警察通報しないんかい!藤原竜也は殺人未遂で捕まるはずなのにあのまんまの顔で海外行ってるー!!等々ツッコミたいことがたくさん出てきてしまってのめり込めなかった。
が、総じてはエンタメとして飽きることなく面白かった。
仲村トオルは最初から怪しすぎて、途中からなんとなく犯人が分かってしまったのが残念。
藤原竜也はやはりさすがの演技。
真犯人が名乗り出るまでは
楽しめたが、その後の展開が退屈で
事件の真相が明らかになり、
本当の犯人が分かった時は…
『お前か~い!』みたいな😓
そもそも、何の根拠もないが、
台詞の喋り方が胡散臭く、
意表をついたつもりだろうが、
意表をつきすぎて失敗のパターン。
やはりこの方は『あぶ刑事』で
コメディチックな役の方が良い感じ。
後半のどんでん返し!
なぜ身を削ってまで犯人を守るのか、ってのはいい伏線だったんじゃないかな。
途中まで演出や展開がすごい好みだったし、二転三転おもしろかったんだけど、ミステリでこれだけは許せないんだよね~。
>|