22年目の告白 私が殺人犯ですの作品情報・感想・評価

22年目の告白 私が殺人犯です2017年製作の映画)

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「22年目の告白 私が殺人犯です」に投稿された感想・評価

これには騙された。
よく2回は見てくださいとかいう映画あるけど、これは一回で十分に騙される。
おもろー
ayumu

ayumuの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

邦画の緻密さが詰まった作品。一筋縄では解けない、そして大きな衝撃を与える。迫力では洋画には劣るがこれが邦画にしか見せられない魅力。予想などなんの当てにもならない。自分はなんて浅はかな考えの持ち主だったのだろう。
けい

けいの感想・評価

3.6
本当の関係が明らかになってからもうひと展開期待したけど、ラストはあっけなく、物足りなかった。
Marika

Marikaの感想・評価

3.5

初めてこの映画を知ったのがポスターだったのですが、「はじめまして、私が殺人犯です。」というのを目にしてずっと気になっていました。
藤原竜也の殺人犯、はじめまして感ない!!
5度目まして感!!見慣れた殺人犯感!!!と思ってしまって、ポスターを見た時から気になっていた作品です(笑)

前情報はとくに見ずに見たので、まさかな展開、どんでん返し系で楽しかったです。内容もサクサク進んでいったので、飽きずに見れました。
AM

AMの感想・評価

4.0
展開にスピードがあり、予測できない展開の連続で楽しめる。殺人犯の告白本がバカ売れするなど現実とリンクしていて身につまされる。匿名だからと言って何をしても許されると思っている男がテレビカメラの前に連れ出されるところは痛快。
arata

arataの感想・評価

3.5
韓国映画「殺人の告白」の日本リメイク。

オリジナルがかなり大味な作品だったのに対し、ずいぶん地に足のついた作品にまとめてくれた。

あえて、突飛で派手なエンターテイメント性を抑えるかわりに、現在と過去をしっかり紐付かせ、どうしても出てきそうな元の話自体の展開の無理をなくそうとしてる点も好感がもてる。

ただ、やはりこの話自体、シチュエーションが先行している。この図式をやりたいがために生まれた登場人物という感じで、発する言葉から苦悩や傷心がそれほど伝わってこない。役者が達者な人が多くなんとか説得力が持てている感じ。

韓国版からのいくつかの重要な変更点は成功だったと思う。リメイク作品としてのクオリティは高く、オリジナルの欠点を上手く修正していて、違いも楽しめた。
田最環

田最環の感想・評価

3.0
録画したやつを視聴。

何気に怖いの、藤原が顔だしたとき、キャーキャーいってた人達だなと感じた。ホームで誰かが飛び降りしたときとか、なにか事故とか起きたときにスマホで撮るような人達のようにね。

展開は読める。
でも東京タワーのことは驚いたなー。

終盤の方で、「美しくないんだよ、刺殺は」云々のくだりは少し萎えた。ケーブル絞めるところは、演技のせいかSMプレイにも見えた。「そうだ!もっと、もっと!」っていってたしね。

邦画あるあるだけど、怒ったときいつも怒鳴る演技多めだよね。最初の方のチンピラ捕まえるとことか。笑

このレビューはネタバレを含みます

思ってた結末と違ってたから、意外性があってよかった!そして、藤原竜也大好きだから、悪い人じゃなくて良かったー!やっぱ演技のうまい俳優さんの1人だと思う。
なんだろ、なんか、
カラフル?笑
原色感?笑

画面がうるさいって感じだった😂

内容は結構面白く見れた気がする
masa

masaの感想・評価

3.2
眠れない機内で鑑賞(帰国便)

んー期待はずれかな
リアルタイムで観れば良かったと後悔
もっとゲスいのを期待してしまっていた私がいけない
まぁ連続殺人だから十分外道だけど

藤原竜也さんは安定ですね、裏切らない
夏帆さんもうちょっと活躍して欲しかったな…

展開にスピード感があり、楽しめました
オチと大オチが良かったね
>|