22年目の告白 私が殺人犯ですの作品情報・感想・評価

22年目の告白 私が殺人犯です2017年製作の映画)

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「はじめまして、私が殺人犯です」残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件。未解決のまま事件は時効を迎え、完璧に逃げ切ったはずの犯人は、22年後、思わぬ形で姿を現した。〝殺人手記〟出版記者会見――。そこにいたのは、自らの告白本を手にカメラのフラッシュを浴びて不敵な微笑みを浮かべる美しき殺人者。「はじめまして、私が殺人犯です」あらゆるメディアを通じて発信されていく殺人の告白と、犯人…

「はじめまして、私が殺人犯です」残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件。未解決のまま事件は時効を迎え、完璧に逃げ切ったはずの犯人は、22年後、思わぬ形で姿を現した。〝殺人手記〟出版記者会見――。そこにいたのは、自らの告白本を手にカメラのフラッシュを浴びて不敵な微笑みを浮かべる美しき殺人者。「はじめまして、私が殺人犯です」あらゆるメディアを通じて発信されていく殺人の告白と、犯人の容姿。その男に日本中が惹きつけられ、逆撫でされ、そして欺かれていく――。日本中を巻き込む告白の行方とは? 先の読めない結末に向かって、新たな事件が動き出す!

「22年目の告白 私が殺人犯です」に投稿された感想・評価

Emi

Emiの感想・評価

3.3
お盆映画生活20本目🎬
サスペンス、ヒューマン
途中まで、話がどう展開して行くのか心配でした。
若干中だるみした、うん。
でもよかった〜
刑事が最後まで正義感強くて良かった。
大事な人を2人も殺されて、それでも犯人を守れる気にはならない。ような気がする。
道徳の葛藤だわ〜
韓国の「殺人の告白」のリメイクらしいが、本作はそれを見事に日本版に落とし込んでいる。年代、犯人の告白本、時効制度とそれぞれが相まって、実に生々しく感じられた。
特に中盤からの怒涛の展開には目が離せなかった。
あまりに生々しく胸糞悪い映画だったために、最後まで胸糞悪さに振り切れて欲しかったのが正直なところ。
HEIDI

HEIDIの感想・評価

3.5
先が読めてしまったけど、面白かった。ひどく暗い気分になるので、もう観ないけど。
bluesky

blueskyの感想・評価

3.0
意外な結末⁉︎
確認したい点があるので
もう一度見ようと思います(^^)
PAGE

PAGEの感想・評価

4.3
久々面白い邦画みた気がする。藤原竜也のはまり役が自分の中ではツボだった。ホントに天才俳優。良い意味で裏切られた。
IBONKO

IBONKOの感想・評価

3.3
この作品も面白かったけど、
元の韓国映画版の「殺人の告白」の方が衝撃的。
面白かった。意表を突かれました。ラストもよかった。楽しめました。
たま

たまの感想・評価

3.0
楽しめましたがもう1度見たいとまではなりませんでした。個人的にはどちらかというといまいちですね。

このレビューはネタバレを含みます

登場人物が少なくて犯人の予想がしやすい
犯人が几帳面で完璧主義などのヒントがあって
それをわかり易くし過ぎたかんじ

4人の対談までは伊藤英明と藤原竜也がグルだとは予想がつかない、ここまでは凄かった


4人の対談の時点で
伊藤英明藤原竜也が1枚食わされて
そのまま真犯人の思惑通りになるパターンが見たかった
おぼろ

おぼろの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なかなかエグい事件でした。最後の最後で大どんでん返しでした。
>|