22年目の告白 私が殺人犯ですの作品情報・感想・評価

22年目の告白 私が殺人犯です2017年製作の映画)

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「はじめまして、私が殺人犯です」残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件。未解決のまま事件は時効を迎え、完璧に逃げ切ったはずの犯人は、22年後、思わぬ形で姿を現した。〝殺人手記〟出版記者会見――。そこにいたのは、自らの告白本を手にカメラのフラッシュを浴びて不敵な微笑みを浮かべる美しき殺人者。「はじめまして、私が殺人犯です」あらゆるメディアを通じて発信されていく殺人の告白と、犯人…

「はじめまして、私が殺人犯です」残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件。未解決のまま事件は時効を迎え、完璧に逃げ切ったはずの犯人は、22年後、思わぬ形で姿を現した。〝殺人手記〟出版記者会見――。そこにいたのは、自らの告白本を手にカメラのフラッシュを浴びて不敵な微笑みを浮かべる美しき殺人者。「はじめまして、私が殺人犯です」あらゆるメディアを通じて発信されていく殺人の告白と、犯人の容姿。その男に日本中が惹きつけられ、逆撫でされ、そして欺かれていく――。日本中を巻き込む告白の行方とは? 先の読めない結末に向かって、新たな事件が動き出す!

「22年目の告白 私が殺人犯です」に投稿された感想・評価

takanabe

takanabeの感想・評価

2.6
オリジナルは未見。

つまんなくはないけど
全体的に作り物っぽく感じた。
セリフがセリフっぽいとか
有名俳優が出過ぎて、感情移入しづらいとか
阪神淡路大震災を絡めるのもよくわかんないし。

伊藤英明はがんばってたな。
かっこよかった。
環境が作り出してしまった悪
その悪は法律では裁きの対象にある
容疑者を弁護するわけではないが
そういった環境にも少しは責任があるのではないか
容疑者もまた環境という名の犠牲者である
ゆず

ゆずの感想・評価

3.3
テレビにて鑑賞。最後なかなかのどんでん返しでした。1回目見るのと、2回目みるのとでは全然違う印象になりそうです。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

CM「衝撃の大どんでん返し!あなたは必ず騙される!」

ワイ「ということはコイツ犯人じゃないんだろうなあ」
ワイ「オープニングクレジット怪しくない?コイツ犯人じゃない?」
ワイ「普通に犯人だったわ」

…ということがあったのでもうちょっとオープニングクレジットにも気をつけて良いと思うアレじゃ普通にバレるよ
とは言いつつもどんでん返しとしてはとても面白かったし確かに騙されました
確か元は日本の映画じゃないんだよね?
元の方の脚本や構成がよく出来ているんだな〜と思いました
藤原竜也はマキムラ刑事の妹の恋人〜じゃなくて爆発に巻き込まれた刑事の息子だと勘違いしてた

なんにしても犯人の出版物というアイテムは絶歌を思い出して凄く嫌な気持ちになったよね〜。
被害者でもなんでも無いけど本屋で働いてた時アレに群がる客もメディアも流通させている取次も何もかもが憎かった
それじゃ向こうの思う壺だろうと

だからこそこの映画の最後はスカッとしました
遺族感情も考えずにこういうことをしたら必ずその報いを受けるんだよ
あさ

あさの感想・評価

4.0
そういうことになるのね、、、!
と驚かされた。

ビックリな展開の後から、急に別人になったかのように映ってみえるのが不思議。
きゃぷ

きゃぷの感想・評価

4.0
途中、まさかの展開で驚きました。愛する人を亡くした人の心の動きが悲しく切ない気持ちにさせました。
なおや

なおやの感想・評価

3.5
所々日本映画の悪い点の安っぽさが見え隠れする。
脚本の面白さと藤原竜也の演技力でカバーしている感じ。
中盤見ている人の8割はオチに気づいてしまうだろうけど最後まで見せる脚本に拍手。
オチは大嫌いです。勘違い監督に鉄槌を
70点
kumiporo

kumiporoの感想・評価

3.8
気分悪いやろうなぁと思いつつ鑑賞。

汚い言葉ですが…

クソヤローです。

意外に結構最後はスッキリ出来ました。
AIRI

AIRIの感想・評価

3.8
思っていたよりおもしろかった!去年エンドロールチェックで結末を見てしまっていたのを途中で思い出しても、どんでん返しにびっくりした!笑

それにしても、殺人犯といわれているひとを、スターのような目で見て、SNSにあげたり、本のサイン会に行く日本人にゾッとした
芋

芋の感想・評価

3.2
サクサク話が進むおかげで、しんどさがなく見やすかった。
ただ、話の展開が途中から読めてしまう。
終わり方は好き。
>|