ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

milkshake

milkshakeの感想・評価

3.9

強い意志と周りのサポートが彼を常にヒーローとする。
ツギハギだからシーン変わりで急激な感情の高まりに所々ついて行けない。
子どもに初めてパパと呼ばれた時の彼の顔が全てを救われたようだった。生き甲斐。
ryoto

ryotoの感想・評価

4.4
人生の尊さ。
リヴァース。
涙腺壊れました。
JunpeiAsai

JunpeiAsaiの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーなので当たり前だが、患者やそのご家族の葛藤が生々しい。
KOKO

KOKOの感想・評価

-
ちゃんと「人間」の部分にフォーカスしていて、ALSの何が辛いか、みたいなことをあぶり出してるし、
美しくない、道徳で片付けられない面をさらけ出す姿は勇敢。
dancingufo

dancingufoの感想・評価

4.2
とにかく、元気で体が自由に動かせる今を大切に生きろということですね。

当たり前の日常がいかに有難いものなのか。大切な気づきを与えてくれる映画かと。
akikooo

akikoooの感想・評価

5.0
「死は残される人間のもの」
川のように。道のように。
何処かで繋がっている事を待ち望んでる。
emk

emkの感想・評価

-
身体を動かすことが生業だった人を襲うALS。こんなに酷なことってないと思った。ビデオ日記とホームビデオとインタビューで構成されたドキュメンタリー。

奥さま、なかなかファンキーな人なんだけど病気の受け入れ難さ、苛立ち、介護と子育ての両立による衰弱、すべて受けとめてとても人間らしい人だった。

綺麗じゃなくて、リアルだった。
上映館の少なさどうにかならないかな
お父さんとの関係は泣きそうだった
Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

3.9
ASLという病気の進行の速さと
周囲に与える影響とか
知識がなさすぎて、ただただ、
怖くなってしまった。
奥さんが本当に凄いなとおもった。
現実を受け入れる瞬間の表情が
忘れられない。
NO white flags !
Ayaka

Ayakaの感想・評価

4.2
数年前に話題になったIce bucket challengeの病気になったスポーツ選手の話。夫婦お互いがお互いをいつも思いやっていて、喧嘩の時でも相手を責めたりせずにいる奥さんがすごいなぁと思った。
もしも身体が意思に反して段々動かなくなっていったら、、考えただけでゾッとする。自分だったら発狂する。本当に強い夫婦。