ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

ryoseisato

ryoseisatoの感想・評価

3.9
ALSと闘い続けるわけは
疑い 問いかけ 受け入れ それに進んで
正解を探しても
パーソナルな映画だけど
彼のために 苦しほど堪えた!
MAITY

MAITYの感想・評価

4.3
元アメフトスター選手がALSに。子供に残すビデオ日記。綺麗事なしのドキュメンタリー。希望も絶望も、病気故の衝突や悲しみも勿論あるけど夫婦の課題そのもの。本人の気持ちも奥さんの気持ちも刺さりすぎて泣きっぱなし( ; ; )あまりに現実的で人間らしく自分にも思い当たる節だらけで共感と反省。当事者になると忘れがちな余裕と思いやり!大事!不思議と前向きな気分。彼は今も活動を続けてるし息子くんとの時間もあるけれど延命を95%が断るのは衝撃であり納得。"No white flags"

あと一本なんとなくで借りたけどみてよかったなあ

アイスバケツチャレンジってこれだったのか〜
NFLのスター選手だったスティーブ・グリーソン。難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告され、生まれてくる子供にビデオダイアリーを残すことを思いつく。彼を撮影した映像をもとに作られたドキュメンタリー映画。ALSプロジェクトの一環なので、支援や沢山の人の理解を拡げるのが目的の作品。

徐々に出来なくなることが増えていく恐怖。狂ってしまいそうな状況に観ているだけでも苦しかったのに、白旗は上げない彼の気持ちの強さには驚きます...
妻のミシェルの苦労やメンタルも大変なものですよね。周囲に理解者が居ないと厳しいと思いました。幸い、友人の助けもあって気丈に振る舞っていたので、良かったです。

コミュニケーションって大事なんだなって、グリーソンが出来る限り他の人たちと交流したり、ミシェルや周りの人たちと瞳で操作する音声合成機器で話をする姿を見ると改めて感じます。音声合成機器は凄い発明ですね。これで希望を持てる人がどれだけいることか。アメリカでグリーソン法が出来て保険が適用されるようになったのも、彼の行動のおかげだと思うとすごいことです。

以前観たマイケル・キートンの「マイライフ」も同じように余命宣告をされた父親の話で、その時にも思いましたが、自分も父親として子供に何を伝えられるのか、残してあげられるのか、考えさせられる映画だと思いました。でも、なかなか実行に移せないんですよね~。
グリーソンは自分が生きて伝えられるうちは、子供にビデオダイアリーは見せずに、直に伝えていきたい、ビデオは亡くなった時のバックアップだど語っていますが、まずは直に何かを伝える努力をしていきたいと思いました。
予想したほどは泣かなかった。
かなりオープンに記録しているのが、すごい。
介護、育児もチームで助け合い
ワンオペじゃないのがいい。
助けてって言えることは大事だ。
ALSを題材にしたドキュメンタリー。
点数は付けようがないけど、良い映画だと思った。

家族愛。
本人も強いけど、奥さんも強い。
あと息子がものすごく可愛い。
彼にとってこのビデオレターが人生の支えになるんだろうなと思った。
お芝居じゃない、本当に息子のために遺したビデオレターだからこそ刺さるものがあった。

一生懸命生きようと思った。
いわ

いわの感想・評価

3.6
ALSという病気は恐ろしい。
いつなるか誰がなるか分からないし、神経系が異常を起こすだけだから脳は正常で本人は最期まで正常な意識を持っている。
食事も排泄も呼吸さえも出来なくなっていく、しかも進行が止まらない。
気がおかしくなりそうなこの病気と向き合って最後まで闘い続ける主人公とそれを支える周囲の精神力に脱帽。
でもやっぱり最後の方は見ていられないな…
ALSを題材にした本やTVを観たことがあるが、ドキュメンタリーとして映画を観るのは初めてでした。
進行の過程が丁寧に映されていて、悲観的なシーンも多いので観ていて辛いですが、それも含めて強く生きようする姿勢に強く感銘を受けました。
自分ならと置き換えながら終始鑑賞していたが、人工呼吸の延命を選ぶ選択は並みの決意ではないと思いました。それ故に金銭的な面が足枷になっている現状を歯痒く感じ、オバマケアを廃止するにしろ、代替え政策は低所得者を救うものになってほしいと思いました。
スティーブと、周りの人ひとりひとりの強さと行動力、失わないユーモアにもう圧倒された。でもそこだけじゃなくて疲れてつらくあたったりする人間らしさも描かれててよかった。

ALSは大好きな宇宙兄弟で知ったけどこの活動は知らなかった。メモ。
▼せりか基金
https://landing-page.koyamachuya.com/serikafund/
▼宇宙兄弟から始まるALS完治への挑戦
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/tuusin/201802/554719.html
なかお

なかおの感想・評価

4.6
ALSという絶望を叩きつけられたスティーヴだけれど、ALSじゃなくても人間誰でも死ぬんだよなあ、だからこそ充実した人生にしたいと改めて思った。

ことスティーヴに関して言えば、スーパープレイを遺し、リヴァースを遺し、ビデオレターを遺し、財団を遺すという素晴らしい人生を送っているのは彼自身が素晴らしい人間だからだと思う。

こういう映画からは本当に勇気をもらえる。
ALSのアイスバケツチャレンジを始めた人。ALSの人。1つ1つの言葉に重みがある。

病気との葛藤。でも強い。
そして奥さんもすごい。ずっとそばにいるのは並大抵の苦労ではないと思う。心を無にして、他の支援を借りて、自分の時間を持って…それでもしんどいものが介護にはあると思う。延命措置を決めたスティーヴ。隣で涙する奥さんを見て、話せなくなったスティーヴが機械を通して「付き合わせてすまない」というシーンは印象的だった。


息子のリヴァースは本当に天使のように可愛い。

何より辛い時にもユーモアを忘れない主人公と奥さんが一番印象的でした。辛い時ほど笑うってすごい。