ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

ドキュメンタリー映画。

今まで出来てい事が少しずつ出来なくなっていく日々の中で、人間の弱さも強さも赤裸々に語ってくれている。
観てると色んな感情が溢れてきましたが、人間って凄いなーと実感。

父と息子がキーワード。
息子くん、君の両親は凄いよ。

ユーモアを忘れない、日々の生活と周りの人を大切にしようと改めて感じさせられました。
YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.7
見ていてつらくなるのかなとも思ったけど全くならずむしろ元気をたくさんもらった作品。
現実は残酷でそれでもあきらめない。
言うのは簡単だが実行するのはそう簡単じゃない。
状況が違うので簡単に比べるとか出来ないが自分に降りかかる困難なんてどれだけ小さいのかと恥ずかしくなった。
そしてこの作品を通してこの病気を以前より知れた。
この2人を見ると悲しくて出てくる涙ではなく自然と良い涙が出た作品。
人生の逆境の時に、彼のように強く立ち向かえるだろうか
子供と会話する何気ないシーンですごく感動してしまった。。
#彼女もいなにのに
TakuroAbe

TakuroAbeの感想・評価

4.2
筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病を患ったグリーソンという男が息子の為に取り始めたビデオなどを編集したドキュメンタリー。

弊社がALSの疾患啓発活動の一環として後支援した映画。

途中ボロ泣きしてしまった。
グリーソンの男泣きが沁みる。

“NO WHITE FLAGS”
俺も頑張らなきゃなと思った。
やまだ

やまだの感想・評価

4.0
ユーモアのある人ってやっぱり素敵。勇気あって正直な夫妻が魅力的過ぎました。ただただ泣けるものだと思ってたけど、考えたくなることが多いのと、ただスティーブと父親との関係が気になっちゃって、、、もう一回観たらもっとハマれる気もするなー。音声合成機器に笑い声ってあるのか、気になるな。

すき→「私たちは幸せだから、明日が土砂降りでも平気」。リヴースかわいい。名前もよいね!
一人の男が文字通り「命を懸けて」撮り貯めた、息子への贈り物をお裾分けしてもらった気分。

主人公の「白旗は掲げない」生き様にはとても感激させられるんだけど、その裏では妻の多大なるサポートと犠牲もあるんだよ、とただの美談に終わってないところもまた強く心を打たれた。

車イスにソリを付けて息子と遊ぶシーンにほっこりさせられた。あの場面の、父子の背中が忘れられない。
YUkaKO

YUkaKOの感想・評価

4.2
リアルにALSと戦う姿に胸が締め付けられる。奥さんの気持ち色々葛藤しているんだろうなって思った。自分ならどうするのか、、色々考えた。
観て良かった。
miki

mikiの感想・評価

5.0
子供達に会って抱きしめたくなりました。

すごい。周りの人達も含めて。
妻にも会いたくなった。
2MO

2MOの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

遺言だったはずのビデオレターが、今なお続く戦いの記録だったと気付いた瞬間、心臓が震えた。
無意識のうちにドラマチックな悲劇を求めてしまっている自分に、愕然とした。
改めて。終末の美に囚われ過ぎている。

どれほど苦しく、絶望の淵に立たされる日々が続こうと、決して白旗を揚げることなく、生きることを諦めない男の姿と、彼を支え続ける妻のまごうことなき愛を眼前に、何を思う。何を思い、如何にして立ち上がらんとする。

悲しみに暮れる人々の希望は、ヒーローの死に様ではなく、生き様にあるのだった。
本人が実際に残した録画をつなげた実話の領域を超えたドキュメンタリー作品。
決して白旗を上げない信念に涙が止まらない。
残された時間のなか、自分の良い部分を全て子供に伝えることが親の使命なのか。