ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

すごくさらけ出してこの映画を作ったんだなーと思った
ビデオレター見たら子供は深い愛情を感じるだろうな、と思った
教会での様子とか、そこでの奥さんの反発、とか興味深かった
奥さん、よくやってる
「博士と彼女のセオリー」をよく思い出した

ドキュメンタリーより事実に基づいた話、とかの方がやっぱり個人的には好み
k

kの感想・評価

4.0
大切な日常や家族、友達の存在を当たり前だと思ってしまうけれど、当たり前ではない事ってたくさんあるなぁと実感させられる。
わかってはいるけど。
強くて優しくて明るい素敵な家族に感動した。
nightowl

nightowlの感想・評価

4.2
元アメフトのスター選手が引退後ALSと診断された後に、奥さんの妊娠がわかり、まだ見ぬ子供へのビデオレターを取り始めたことから始まったドキュメンタリー。


元々ヒーローだと言われ注目されていた人が身体が徐々に病気に侵されていく過程とリアルな葛藤等を晒すのって本当にすごいと思うし、普通だったら自分のことで精一杯な中、同じようなALS患者たちをサポートする団体を立ち上げて動き出すその強さがまた素晴らしい。

そして、本人だけでなくずっとそばでサポートされてる奥さんが本当に素敵すぎます。
くろ

くろの感想・評価

3.3
ドキュメンタリーだった
二つの父と子、それぞれ感慨深い
介護、看護、綺麗事ではすまない
お金もかかる
覚悟がいる
難しい問題
chan

chanの感想・評価

-
困難な状況だからこそ乗り越えようとその先を目指し立ち向かえる強さは、元アスリートだったからこそ培われたものかもしれない。

不治の病に侵されたときあんなに前向きに生きられる自信が私にはない。
そんなスティーブが弱気になった瞬間は忘れられない。

それを支える妻ミシェルも相当にタフで頑張りすぎて壊れる寸前までいっちゃうんだけど、最後は落ち着いたようでホッとした。

誰かの支えと守るべきものと未来への希望、そして愛あれば、それを強く信じていれば怖いものなんてないんだな。
Eriko

Erikoの感想・評価

4.0
NFLの選手がALSになってしまうドキュメンタリー。どんどん悪化していく姿が本当に胸が痛かった。でも彼の妻と子供へ対する愛情が強くて泣けた。もう亡くなっちゃったかと思ったけどまだ生きてるんだね
よしお

よしおの感想・評価

4.0
NFLのスーパースターが引退して子供を授かった矢先に発覚したALS。子供に向けて撮ったビデオのドキュメンタリーです。アイスバケツチャレンジが有名になったのもこのチャリティーからでした。

息子に向けたビデオだけど、見る人全てに生きる素晴らしさを伝えてくれる作品でした。これは、目から汗が止まらないシリーズです😅😅
フットボールのスーパースターが今まで余裕で出来てきたことがどんどんできなくなっていく姿がまた本当の映像を使っているためゾクゾク伝わってきます。
家族の支える愛と、息子えの愛と、同じ病にかかっている人たちへの活動と、どれを取っても目を離すことができませんでした( °_° )
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.7
アイスバケツチャレンジの病気というくらいでよくわかっていなかった。こんな大変な病だったとは。ちゃんと調べるべきだった。
お涙頂戴ではなく、生きる事を考える映画。
ALSに冒された元スポーツ選手。彼や彼の家族が子供のために撮った映像のドキュメンタリーは、独自の生々しさがあり心に突き刺さる。
自分がこの状況になったらと思うとこんなに強い意思で生き抜く自身がない。彼が発する言葉は辛さももちろん含まれているけれど、それ以上にユーモアがあるから見ているこちら側も助けられる気分になった。家族達もそうなんだろうな。
日々進行する病に打ちのめされそうになっても必死に頑張る姿に、自分の器の小ささを見る。
闘病生活はきれいごとではすまなく、本人も奥さんもぎりぎりのところでやりきっているという感じ。話せなくなっても表情は雄弁であると知る。
azusa

azusaの感想・評価

-
ドキュメンタリー作品なので★は付けない。



家族。

守るべき人が居ることって、それだけで生きてる意味があるということなんだなと。

止まらないことを受け入れざるを得ない状況。

どうなるか分からない未来に不安を抱え、それでも共に向き合って生きていく。

人間が持ってる力って素晴らしい。

ALSのことを更に知れて良かった。
観終わったあと、大切な人をもっともっと大切にしたいと思った。

スティーブ・グリーソン選手に心から敬意を込めて。