ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

記録
辛い けど見てよかった。
父子家庭の身として、父として色々と考えさせられました。
綺麗事ばかりじゃない、ケンカとか、葛藤とか、さらけだしていたのが、色々と思い出して泣けました。
MEMO : I can't say anything and I don't want to score this true story. Please just watch it if you are interested in...
yukacafe

yukacafeの感想・評価

4.0
ALSについては、ホーキング博士を描いた"The Theory of Everything"や、数年前のアイス・バケツ・チャレンジで、徐々に身体が動かなくなる病気だということは知っていたが、その実情は想像を遥かに超える壮絶さだった。

生まれてくる息子に向けて、個人的に撮影されたビデオダイアリーをベースにしているだけあって、スティーブのストレートな感情に何度も心を揺さぶられる。ヒーロー像と現実のギャップに苦しむ姿や、普通なら絶対に見せたくないような闘病生活も容赦なく映し出され、成長していく息子と反比例するように、病状が進行していくのを見るのは正直とても辛かったが、彼や家族の闘いを応援したいという一心でその姿を目に焼き付けた。

身体を思い通りに動かせること、話したいように話し、食べたいものを食べられることは、決して当たり前のことではないのだ。この病気の真実を知ることができるのはもちろんのこと、父と子の関係、家族の在り方についても深く切り込まれている、非常に秀逸なドキュメンタリーだった。
samiam

samiamの感想・評価

2.5
残された限られた時間を子供にメッセージを残すことに費やすという潔い人の物語かと思ったが、自分の魂はもう救われいると叫びながら、生にしがみついてできうる限りのことをして必死に延命をしている人の姿を映していた。それが悪いと言いたいのではなく、それが正に人間の姿だなあと思った次第。
Soshi

Soshiの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーは得意ではないが、本作はかなりの高評価。
グリーソンの強さに心が打たれる。観客を泣かせようとすることない展開にも好感を持てる。不治の病にも負けることのない芯の強い彼の生き方は尊敬に値する。
M

Mの感想・評価

4.5
いい勉強になった。気管切開するかの決断は家族にとって大きな決断であることに気付かされた。
放映後は水分出すぎて放心状態でした。。
聖人にはなりたくない、人間でありたいかぁ…なんかつくづく自分が無駄な時間を日々過ごしてるんだなぁと、深く考えさせられました。
#ギフト僕がきみに残せるもの
スティーブ・グリーソンは、アメフト界のレジェンド。彼が所属していたセインツは、ニューオリンズに位置し、そのニューオリンズは2006年にハリケーンにより壊滅的な被害を受けた。市民が待ちに待った災害後初のホームゲームで、彼は奇跡的なスーパープレーでチームを勝利に導き、スターの仲間入りを果たした。
そんな彼も引退して5年後のある日、ALSの宣告を受ける。そしてそのすぐ後、妻の妊娠がわかる。
まだ観ぬ我が子のために自分は何を残せるか。考えた彼はビデオダイアリーを撮り始める。
そのビデオダイアリーを中心に構成されたドキュメンタリー映画。
是非、観てもらいたいです。
涙が溢れすぎて、鎖骨の窪みに池できました。
ずっと泣きっぱなしやった( ;∀;)

感動だけじゃない、
悔しくて、
哀しくて、
嬉しくて、、

本当にたくさんの人に見て欲しいと思いました。
asami

asamiの感想・評価

-
赤ちゃんにミルクをあげながら、結婚式のビデオを観ているミシェルの涙が頬をつたうシーン。彼女はあの時何を思ったんだろう。

私は聖人にはならない、といった彼女の覚悟は、私には想像も出来ないくらいの覚悟なのだと思う。

生きるって綺麗事じゃないし、夫婦でい続けることの難しさは言葉では言い表せない。それでもそばに居る、一緒に生きる。そう決めたのだから。