ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

一人の男が文字通り「命を懸けて」撮り貯めた、息子への贈り物をお裾分けしてもらった気分。

主人公の「白旗は掲げない」生き様にはとても感激させられるんだけど、その裏では妻の多大なるサポートと犠牲もあるんだよ、とただの美談に終わってないところもまた強く心を打たれた。

車イスにソリを付けて息子と遊ぶシーンにほっこりさせられた。あの場面の、父子の背中が忘れられない。
YUkaKO

YUkaKOの感想・評価

4.2
リアルにALSと戦う姿に胸が締め付けられる。奥さんの気持ち色々葛藤しているんだろうなって思った。自分ならどうするのか、、色々考えた。
観て良かった。
miki

mikiの感想・評価

5.0
子供達に会って抱きしめたくなりました。

すごい。周りの人達も含めて。
妻にも会いたくなった。
2MO

2MOの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

遺言だったはずのビデオレターが、今なお続く戦いの記録だったと気付いた瞬間、心臓が震えた。
無意識のうちにドラマチックな悲劇を求めてしまっている自分に、愕然とした。
改めて。終末の美に囚われ過ぎている。

どれほど苦しく、絶望の淵に立たされる日々が続こうと、決して白旗を揚げることなく、生きることを諦めない男の姿と、彼を支え続ける妻のまごうことなき愛を眼前に、何を思う。何を思い、如何にして立ち上がらんとする。

悲しみに暮れる人々の希望は、ヒーローの死に様ではなく、生き様にあるのだった。
本人が実際に残した録画をつなげた実話の領域を超えたドキュメンタリー作品。
決して白旗を上げない信念に涙が止まらない。
残された時間のなか、自分の良い部分を全て子供に伝えることが親の使命なのか。
Lisa

Lisaの感想・評価

-
“Life isn’t always easy but it’s awesome.”
日に日に出来ないことが増えていく父と、日に日に出来ることが増える息子。その対比が辛すぎた。そしてどこまでも支える母は強かった。
父親として、人として、最後まで闘うスティーブカッコに涙した。
No white flags
ぽここ

ぽここの感想・評価

3.2
ドキュメンタリー映画。

ビデオメッセージのみでほとんど
映画になるなんてスゴいな、、

そこに子供への本当に深い愛情が感じられた。

元気な自分は、もっともっと子供と
向き合って、伝えたい事をもっと伝えていかなければと思えました。

自分も子供が小さい時に、もっとこうしておけば、あーしておけばと…
色々と考えているこの頃だったので
とても深く刺さりました。

ただ、
考えるよりも行動で、何をするかなんだと改めて感じられました。
実は今入院中でかれこれ1カ月以上になります。当初は2週間くらいの予定が手術後に合併症があり長引いているのですが、そんなタイミングで観たこともあってかこの映画はとても心の奥底に響きました。

もちろん、主人公である元アメフトのスター選手だった彼の、ALSという難病とは比べ物にならない状況であるので、「その程度で何を落ち込んどんねん!」と自らの甘さを戒められた思いです。

発症率の低い病気になった時、最初の壁は「なぜ自分なのか?」という事ではないでしょうか。この壁は結構高いと思います。

頭で考えたように自らの身体が動かせないという状況の過酷さは想像も出来ないですが、彼の精神力や決断には、「勇気を貰えた」などという安易な言葉では表現できない、何か熱いものがこみ上げてくる思いです。

信仰に対する父親との確執や一番身近にいる奥さんの苦悩にも心が揺り動かされます。

とても冷静な感想は綴れないですが、このタイミングで観て本当に良かったです。
naoya

naoyaの感想・評価

5.0
ALSの映画やドラマはあるけど、これはガチのドキュメンタリー、嗚咽するくらい泣きました。
このドキュメンタリー映画?に対して評価するのはいかがなものかと思うけど色んな人に観てほしいから微力ながら5を付けさせていただきました。
息子に何を残すのか?
息子が自分に聞きたい事とは?

映画って感じではなかった