ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

もるた

もるたの感想・評価

4.2
元NFL選手のスティーヴ・グリーソンさんが難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されてから生まれくる子どものために撮りはじめたビデオ日記を111分に詰め込んで映画化した作品

111分間すべてがビデオカメラで撮影された家族の姿を映しており、そこには楽しいひと時もあれば、辛い時、嬉しい時、悲しい時、様々な家族の姿が描かれていた。

子どもが産まれた時、自分は我が子をその手で抱きしめられるだろうか?
子どもが話せるようになった時、自分は自らの声で我が子と会話ができるだろうか?

日に日に体の自由が効かなくなっていくという恐怖の中で強く生き、愛する子どもの為に父親として残せるものを必死にビデオ日記で残し続けるグリーソンさんの姿は1人の人間として、そして1人の父親としてたくましく、胸をうたれた。
ぷに

ぷにの感想・評価

4.5
リアルなドキュメンタリーでした。
元NFLの選手がALSを発病して生まれてくる子供にビデオ日記を残す。。。
涙モノと構えて観てたので本編中は我慢しつつも
まさかエンドロールの後の映像で一番泣かせられるとは。・゚・(ノД`)・゚・。



2017.10.1
MOVIX三郷
父親になったら自分もビデオ日記を作りたいと思った。人生の記録、その時の感情を子ども、次世代の人に共有できるのがどんなに素敵なことか。テクノロジーに感謝。
人は困難な状況に陥ってから本当に生きる意味を考える。自分もそうだと思う。そうなった時に生きる意味を見出せるか?豊かな心を持ち続けられるか?生きるための強い意志、生きる意味を教えてもらった。
生き甲斐を感じながら毎日生きてかないと
KAZUMASA

KAZUMASAの感想・評価

4.0
NFL、アメリカンフットボールの元プロ選手であるスティーブ・グリーソンはある日難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)と宣告されてしまう。
彼はこれをきっかけにこれから生まれてくる息子のためにビデオダイアリーを撮影することに…。

これは映画ではあるがドキュメントである。
つまりフィクションは一切なく100%の真実で構成された作品であり家庭用ビデオカメラで撮影された映像はこれがフィクションではなくこの残酷な病気がこの世に実在するということを観客にまざまざと見せつけることだろう。

観客は最初なんて残酷で可哀想なんだと悲観的な感情を抱くがやがてこの作品のテーマが『希望』だということに気付く。

実際スティーブはALSと宣告された後も絶望することなく旅をしたりビデオダイアリーを残すなど希望を抱いて行動するのだ。

そんな彼が我々に伝えたかったことや家族との関係、そしてこの映画のタイトルであるギフトの意味を実際に観賞して知って頂きたい。
言葉で感情を的確に伝えることはとても大切なことだと思えたけど、とても難しいことでもあると思う。
自分の気持ちに嘘をつかないスティーブの生き方を見習っていきたい。
「障害は不便だが不幸ではない」と誰かが言っていましたが、僕たちにとってそんなセリフを素直に受け入れるのは非常に困難だなと改めて思いました。
でも人間誰だって大なり小なり不幸なことはあるし、彼ら夫婦にとってALSという病気は、僕たちが仕事や人間関係で悩んでいることと変わらないくらいのハードルとして捉えられる精神力があるのだろうなと感じました。
この映画をみて「自分は恵まれている方だ」と感じることが作り手側にとって正解なのかはわからないけど、日々に感謝をし、1日を大切に生きなければ、とそんな気持ちを次の月曜くらいまでは持てそうです。
個人的にはこの映画は病気云々は抜きにしても、父親としての在り方というメッセージに於いてかなり価値のある映画だと思います。
父親必見の映画です。
僕は独身でもちろん子どももいないのですがね。
Nat

Natの感想・評価

3.5
涙するとか、そういう安っぽい表現は間違ってるように思う…。

元NFLの選手がALSになってしまい…
自分の人生をさらけ出して
ALSの人生がどんなものか語ってくれる。
うわべだけの表現では語れない。
なにもかもさらけ出してくれる、スティーブ。
初めは息子のために残していたと思うけど、彼の記録動画は私たちにも大きな影響を与えてくれたんじゃないのかな。

意識はハッキリしてるのに、体が全く動かない話せない呼吸できない、それって想像を絶する。
三浦春馬のドラマを見ても思ってた。

それでも彼は、家族のために生きることを選択した。普通95パーセントのひとは、生きることを決断しないけど。お金もかかるし。

自分がなったらどうかなー?
生きることは選択しないと思う…。

バケツチャレンジも彼らのチームが行ったことなんやね。

映画にしてくれて、いろんなことを教えてくれてありがとうと言いたい。

ミッシェル、すごい奥さんだよ。

このレビューはネタバレを含みます

終始涙がでる。こーゆう題材なのに、ハッピーエンドなのがすごくいい。主人公と家族の愛に賞賛!
劇場で見た予告編で泣いておりました・・・
いえ、実際には涙は流しておりませんが〜
(;ω;)

で、本編は元 NFLの名選手スティーブ・グリーソンのALSに罹った後の生き様を描いています。
これが案外泣けはしませんでした。
下手なお涙ちょうだいではなくて
リアルなドキュメントが凄すぎるからでしょうか?
〝死〟を明確に目の前に指し示されて、段々と生きる能力が失われるなかでどうやってそこからの限りある〝生〟を尽くすのか!

自分も骨折なんかの怪我、肺炎なんかの病気から普段できていた行動ができなくなる、そして感じるもどかしさ、歯痒さ、やるせなさ、なんてのはわかるつもりですが、その程度が尋常でなくて、やっぱり想像を越えるのです。

う~ん!
本人ではない父親が息子の病からくる悲しみに耐えられないで、自身の信仰に頼ることで乗り越えようとして、またその信仰をスティーブにも強いるのです。
その時の親子対決はグッときたんだなぁ~
息子は言うんだ
「僕には必要ないんだ、癒やしならちゃんとあるから」
(だいたいそんな意でね)

まだ、グリーソン氏はご存命と聞きます。
精一杯生きると言うのは彼のことなんでしょう。
Stephen30

Stephen30の感想・評価

4.3
ドキュメンタリーだからこその説得力。ただ悲しいツラいだけでなく、彼の言葉は共感と勇気を与えてくれるポジティブな内容でした

息子さんへの「ギフト」というタイトルは間違いではないけれど、彼の父親との確執や奥さんとの夫婦関係を通して、家族全体のあり方を見つめ直すきっかけになる作品だと感じました