ラストレシピ 麒麟の舌の記憶の作品情報・感想・評価

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶2017年製作の映画)

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

1930年代の満州で、天皇の料理番が考案した、幻のフルコース。 歴史に消えたレシピの謎を追うのは、どんな味でも再現できる、絶対味覚=麒麟の舌を持つ料理人。最後の一皿に隠された、壮大な愛とは?

「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

レシピ再現より、目的はレシピを渡すこと。ものがたりのメインそっちー!!?みたいな.うまく繋がっている.これは個人的な意見だけど、前々から西島秀俊と二宮和也って顔似てるなぁって思ってたから、その2人が共演していることに納得。チャーハン、ロールキャベツ再現レシピやりたい.

#ラストレシピ
Mina

Minaの感想・評価

3.2
飛行機内で鑑賞✈︎
最初はなかなか話が繋がらずニノと一緒にレシピを探してしている気分でした。
最後には真実の物語が隠されていることに気付きます。
歴史とは、家系とは。壮大な物語でした。
料理は豪華絢爛すぎて私の舌には合わなそうな感じ。
綾野剛さんが作るチャーハンが1番美味しそう。笑
現代パートのにのの出番全然無かったし、現在と過去の繋がりも、そういうこと、とは思っても感動はしない。
料理はすごいけど、作り物みたいで美味しそうかは…
にのの登場でうおー!ってなってあとは失速していった。
西畑くん良かった。
兼松若人さんも良かった。


2回目
2017.12.29 @Tジョイ大泉
日に日に夫に尽くすばかりの妻が苦手になっていく。
にのと綾野剛のコンビはまた見たいな。
ayu

ayuの感想・評価

3.0
そういえば公開最終日に前売り券消費してた。もう内容覚えてないけど二宮和也コック帽被ると顔デカいのな!それを知れたのでいい映画だと思いました!
TNB

TNBの感想・評価

3.7
綺麗に纏まっていた。
もう少し尺長くても良かったと思う。
そして、客層の9割が女性だった。
仕方ないね。
料理は本当に美味しそうだった。
というか、記憶のほとんどが料理描写で占められている。
チャーハン上手く作れるようになりたくなる映画でした。
お金のかかりかたが残念。
りさ

りさの感想・評価

3.8
最初ちょっと寝ちゃったけど、いい映画だった。
2017年11月29日、TOHOシネマズ日劇にて鑑賞。

滝田洋二郎監督作品だから観たのだが、劇場はなぜか女性ばかり。ニノ目当てか?
ただ、映画を観てみると、主演がニノなのか、西島秀俊なのか、微妙である(笑)

映画自体は、あまり期待していなかったのだが、なかなか面白かった。

現代場面ではあるシェフ(二宮一也)が味に厳しい凄腕として出てくる。
亡くなる直前の人に好みの料理を作って、お金を稼いで、自分の味に対する厳しさが故に店舗がつぶれてしまった借金を返す生活をしていた。

時代が遡って、戦時中、満州に行ったある夫婦(西島秀俊、宮崎あおい)は軍の意向で「天皇が満州にいらっしゃった時のためのレシピを作れ」という命を受け、若い男二人と一緒に美味しい料理を追求する。

現代では、二宮一也が「戦時中の幻のレシピ探し」を依頼されて、探し始める。

この映画で見事なのは、この現代と戦時中という時間軸が離れた物語が、だんだんと結実していく凄さである。

感動もさせてくれる素晴らしい映画であった。
涙なくては観られない佳作。

<映倫No.120697>
>|