ラストレシピ 麒麟の舌の記憶の作品情報・感想・評価

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶2017年製作の映画)

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

1930年代の満州で、天皇の料理番が考案した、幻のフルコース。 歴史に消えたレシピの謎を追うのは、どんな味でも再現できる、絶対味覚=麒麟の舌を持つ料理人。最後の一皿に隠された、壮大な愛とは?

「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

レシピ再現より、目的はレシピを渡すこと。ものがたりのメインそっちー!!?みたいな.うまく繋がっている.これは個人的な意見だけど、前々から西島秀俊と二宮和也って顔似てるなぁって思ってたから、その2人が共演していることに納得。チャーハン、ロールキャベツ再現レシピやりたい.

#ラストレシピ
marie

marieの感想・評価

3.0
人間関係が段々と繋がっていく様が面白かった。二宮の役、見る前の想像と違った(もっと優男かと)料理のシーンは綺麗だけど味の想像がつかない(笑)かもめ食堂のような感じではない。
Riiisa

Riiisaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

永遠のゼロみたいな感じである人の人生のルーツを料理と一緒に辿っていく感じ。ありがちな脚本だったけど、実は主人公のおじいちゃんで、色々辿ってったら母親の幼少期から死の真相、おばあちゃんの存在とかどんどん繋がっていったのはビックリした。最後何か分かんないけど感動して泣いちゃった。戦時中の満州国が舞台で、日本軍の卑劣さとかが浮き彫りになった映画だった。
COOH

COOHの感想・評価

3.9
香りまで感じられそうなくらい料理が綺麗で魅力的だった。
さすが「お料理エンターテイメント」

ストーリーは途中で気付いてしまったので、途中からは役者一人一人の演技をじっくり鑑賞する方へシフト。

二宮和也もこういう重厚感のある作品にお呼ばれして、主演を張るくらいの役者になったんだなぁとしみじみ。そっちの方がジーンときたりしてて。

周りの奥様方はエンドロールで大号泣してたけど、自分はそこまで…。子供がいたりすればまた違ったのかな?年齢を重ねて観たら泣けるようになるのかな…?
後半あたりから展開していくストーリーの意外性なんだろうけど、途中から結末が想像つくので、安心してみていられる。アイドル映画じゃないけど、二宮でなかったら誰もみないテーマなんだと思うな。
shoosei

shooseiの感想・評価

3.7
間延びしないシナリオ
でも要所要所で演出が粗かったりする
ひたすら美味しそう。料理シーンが綺麗。
空腹になるの覚悟で見るべき。
多くは語れません。本当に素晴らしい映画だったので、絶対に一度は見ていただきたいです。
>|