僕のワンダフル・ライフの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

僕のワンダフル・ライフ2017年製作の映画)

A Dog's Purpose

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

「僕のワンダフル・ライフ」に投稿された感想・評価

riyo

riyoの感想・評価

4.2
犬を飼いたいと思ってる時に観ました。家族には反対されているのですが…
でもこれをみて、飼うのはとっても大変で、かわいいだけじゃなくて、人間と同じように食べて寝て排泄して。ペットをアクセサリーのようにしている人も世界にはたくさんいて、もちろん虐待だってある。飼い主がみんなちゃんとした人というわけではなくて、人間と一緒で親を選べないように、ペットも飼い主を選べない。だからこそ飼うときには責任を持たなければならないことを、改めて教えてくれました。
nao

naoの感想・評価

4.0
記録
ちやみ

ちやみの感想・評価

4.5
うちには1匹の愛犬いますが、

それぞれの命の大切さとか今までどんな想いで接してくれてたのかななーーーとか、いろいろと考えたら、号泣。
こんなに素敵な物語は経験したことないけど、それぞれの犬との経験が今の自分に繋がってると思うとすごく感謝だね。
じょん

じょんの感想・評価

3.8
世界で一番尊い生きものは間違いなく犬…。
マイ

マイの感想・評価

4.2
泣いた。めちゃくちゃ泣いた。
REIKA

REIKAの感想・評価

4.9
うるうる。
michi

michiの感想・評価

3.8
映画としての出来は度外視で、犬を飼ったことのある人は多分みんな泣くと思う。とにかく主役の犬、ベイリーくんの健気さが涙腺を刺激してきて、こんなんずるい…という気持ちになった(笑)
映画の最初の方はちょっとだれるし、ご都合主義だし、展開、演出とかも平凡だし、犬の気持ちに対する人間の妄想感を感じたりもするけど、昔飼ってたわんこもこうやって輪廻転生して今も元気に楽しく暮らしてくれてたら本当に嬉しいし、いつか会えたらいいなって思った。夢のある映画。
犬飼ってみたい
吹替は高木渉だったけど、特に自分は問題なしでした。

愛する飼い主の元に帰るため、何度も生まれ変わる犬の話という形でこの映画は売られていたけど、自分的には、「何度も生まれ変わる犬が、様々な人生を送る人々との交流を経て、自らの幸せな人生を見つけていく話」だった。
警察犬の人生が面白くなかったなんて、なんか怒られそうだけど。

10歳の主人公は「スタンド・バイ・ミー」のゴーディに似ていて、10代の主人公の男の子はブレントン・スウェイツに似ていた。

ファンタジーでファミリー映画だけど、しっかり感動できた。
無理くり感はあるけれども