サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

上映日:2017年02月11日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:117分
    監督
    矢口史靖
    脚本
    矢口史靖
    原作
    矢口史靖
    キャスト
    小日向文世
    深津絵里
    泉澤祐希
    葵わかな
    菅原大吉
    徳井優
    桂雀々
    森下能幸
    田中要次
    有福正志
    左時枝
    時任三郎
    ミッキー・カーチス
    藤原紀香
    大野拓朗
    志尊淳
    渡辺えり
    宅麻伸
    柄本明
    大地康雄
    あらすじ
    ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

    「サバイバルファミリー」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    普通に面白いエンターテイメント。
    途中途中で起こるだろうと言うフラグを殆ど回収し、お約束も完璧。笑いあり、やや寒いけど感動あり、の家族で安心して見に行ける感じ。かなりリアルな災害シミュレーションなので、体力面がバケモノ揃いに結果的になっている一家4人とか、廃品だったのに普通のから壊れちゃう自転車とか、細かいところが逆に気になってしまった。
    家族の再生を災害シミュレーションしながら丁寧に描けてる。結局電気の生活に戻るところや、岡山で一旦人間らしさを取り戻した瞬間に油断が生まれる(野犬とのシーン)あたり、人間をしっかり見てるなぁと感心したり。
    なかなか面白い!
    深津絵里はスゴいね。
    NEPPY
    3.3
    矢口監督の作品にしてはちょっと真面目感のある作品でもっとコメディ色強いと思ってたから意外だったかもしれない。
    現代の典型例な感じのファミリーなんだけど、中盤まで娘とお父さんにイライラしちゃいました 笑
    ふわふわしてるけど、頼りになるのはお母さん!
    yuu
    3.0
    飛行機の中で。

    ストーリーめちゃめちゃやったけど、楽しめる内容ではあった。
    この題材ならもうちょっと面白くできそう。

    電気って便利やな。
    がや
    2.6
    突っ込みどころは満載だったが、家族愛とは…こういうものかと。
    水族館のくだりはゾッとした。
    ゆぴ
    4.0
    笑いもありつつ今の生活がいかに便利なのか分かる作品。
    SAM
    3.4
    機内にて。
    現代の生活に欠かせない電気がない設定。パニック映画ほど大大的な天変地異が起こるわけでもなし、アポカリプス的な場末感も無し。中途半端な印象
    negitaku
    3.3
    豚とか猪好きよね
    ただし
    3.6
    実際にありそうな感じで、リアル感がある。
    ダメおやじっぷりが良かった。
    >|