サバイバルファミリーの作品情報・感想・評価

サバイバルファミリー2017年製作の映画)

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:117分

3.6

あらすじ

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必…

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

「サバイバルファミリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

普通に面白いエンターテイメント。
途中途中で起こるだろうと言うフラグを殆ど回収し、お約束も完璧。笑いあり、やや寒いけど感動あり、の家族で安心して見に行ける感じ。かなりリアルな災害シミュレーションなので、体力面がバケモノ揃いに結果的になっている一家4人とか、廃品だったのに普通のから壊れちゃう自転車とか、細かいところが逆に気になってしまった。
家族の再生を災害シミュレーションしながら丁寧に描けてる。結局電気の生活に戻るところや、岡山で一旦人間らしさを取り戻した瞬間に油断が生まれる(野犬とのシーン)あたり、人間をしっかり見てるなぁと感心したり。
a

aの感想・評価

3.6
想像以上にサバイバルだった
でも、電気とかライフラインが止まったらこうなりそう

おもしろかったけど
ツッコミどころが多すぎて疲れた


コメディらしい映画

ぜひサスペンス映画、パニック映画として観てみたいストーリー
大介

大介の感想・評価

3.3
まずまず楽しめました。

設定は面白いんですけど、ちょっとツッコミどころが多いのが気になります(笑)。なぜ○○は止まってるのに○○は動いてるって思えるのかとか…。まぁ、着地点も含めてこういうものだと割りきって観るほうが得ですね。

実際にこういうのが現実に起こったらどうなるかなって、少し想像しながら観てました。


いくつか笑えるところもありますが、個人的にはそこまでハマらず。

印象的だったのは、大地康男さんが小さくなってもまだ皆を見送ってるところ。何ともいえない気持ちにさせてくれます。

そして、その後の四人がメンデルスゾーンをバックにキレイに順番になって自転車で進んでいく。

結局は「家族」の在り方を描いてると思ってます。


ほかには、高速や街の荒廃ぶりの撮影が大変だっただろうなとか…内容と関係ないところに目がいってしまいました。

あと、葵わかなさんが序盤に使ってたスマホカバー…前に自分が使ってたのと同じでした(笑)。
hono

honoの感想・評価

3.9
笑えたけどこんな日が来たら相当怖いなあって考えさせられた
HONEY

HONEYの感想・評価

3.0
思春期の子供たち、仕事人間の父親、おっとりした母親、どこか距離感があって家族の輪がいまいちな家庭は、こんな事でも起こらないと絆が深まらないのか、裏を返せば。それも悲しいな。
もっともっと泥臭くて危険でサバイバル感たっぷりを期待してただけに、刺激が少なかった点が残念。
街を封鎖して撮影した感じとかは凄かった。
人は電気がなくなったら、こんな行動をするんだろうな。
電気が使えないと水道もガスも使えない。それだけ電気依存社会なのだと改めて思った。それでも最初はいつか復旧するだろうと今の時代の甘えた考え方だが、だんだん危機迫ってくる。ペットボトルの水が1000円、2000円…とどんどん高くなっていくのがなんとも世知辛い…。そして、今は高価なブランド物がそんな状況下ではなんの役にもたたない使えないものであること。
見終わったあと、あたたかいお風呂に入れること、いつでも水が飲めること、食べれること、全てに感謝だと思った。
今、悩んでる事が小さく思えた(見終わったあとの一瞬だけだけど)
電磁パルス攻撃を日本にされたらどうなるかをテレビで見たばかりだったので、本当に電気だけじゃなく電池とかも使えなくなる現象もそのままですごくリアルに思えて、笑っていられない。
無理な設定じゃなく、起こりうるかもと思いながら見るとさらにいいかも。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

3.8
見てる間は、現実味がなさすぎてあまりピンと来なかったんだけど、
見た後、なんかじんわり考えるものがたくさんあった。

あぁ物が溢れすぎてるて満たされすぎてるせいで人と人の関係はどんどん浅くなってるんだなーって。

”不便”くらいがちょうどいいのかな。
単純に面白いし設定も素晴らしい。
電気が無くなるとどれほどの影響があるのか。
そしてサバイバル術も観ていて面白い。
鈴木家のキャストもみんな完璧!
矢口史靖作品はあんま好きじゃないけどこの作品はとても好きな1本。
Husky

Huskyの感想・評価

3.6
ありえない話なだけに観てておもろい。まぁこんな感じになるって想像はつくけど。
久々にまともな和食を食べるシーンがヨダレが出るほどうまそうやった。
現実社会も一年くらいアナログにリセットした方が物事の本質が見えていいんちゃうか笑
>|