サバイバルファミリーの作品情報・感想・評価

サバイバルファミリー2017年製作の映画)

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必…

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

「サバイバルファミリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

普通に面白いエンターテイメント。
途中途中で起こるだろうと言うフラグを殆ど回収し、お約束も完璧。笑いあり、やや寒いけど感動あり、の家族で安心して見に行ける感じ。かなりリアルな災害シミュレーションなので、体力面がバケモノ揃いに結果的になっている一家4人とか、廃品だったのに普通のから壊れちゃう自転車とか、細かいところが逆に気になってしまった。
家族の再生を災害シミュレーションしながら丁寧に描けてる。結局電気の生活に戻るところや、岡山で一旦人間らしさを取り戻した瞬間に油断が生まれる(野犬とのシーン)あたり、人間をしっかり見てるなぁと感心したり。
思っていたより面白かった。

こういう状況でも市民に混乱が無いように働く人がいて、それってすごいことなのに当たり前のように暴言飛ばしてる人もいて…やっぱりこうなるのかなあ。
道中の出会いでも感じたけど、思いやりは無くしたくない。

観ている間、面白くて笑ったりもしながら「実際にこういう状況になったら何が必要だろう」とすごく考えさせられた。
やっぱり農家は強い。それとポジティブな人も。自給自足、サバイバルするための知識だけでも身に付けておきたいなあ。
奏音

奏音の感想・評価

4.0
クスクス笑えるけど、シリアスなシーンは思った以上に重たい。見た後の満腹感がたっぷりな映画でした。
作品内、グロさもあって現実味ある
実際に起これば本当の人の姿がわかりそう
設定が単純なだけに、予想の範囲内の展開。実際に起こると考えたら、なんか準備したくなる映画。
観ていくうちに、家族四人がみんな可愛らしくなってたまらん。
yasu

yasuの感想・評価

1.2
予告を見た感じではコミカルな映画かと思いきや、シリアスでBGMも排除してリアルさを追求してる感じ。

ただテンポが悪いので見ていて飽きる。
そしてつじつまの合わなさが、浮き彫りに見えてしまう。

内容はとても良いんだけどなー。
わずや

わずやの感想・評価

3.2
ブラインドネスの電気版
深津絵里大好き
カピ吉

カピ吉の感想・評価

3.5
電磁パルス攻撃を受けた後の様な世界。(劇中は原因不明)コメディタッチのロードムービー。色々ツッコミどころはご愛嬌。考えさせられどころは多々ありました。
AmK

AmKの感想・評価

2.8
コンセプトが面白い。
途中で少し飽きる。
>|