サバイバルファミリーの作品情報・感想・評価

サバイバルファミリー2017年製作の映画)

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:117分

3.6

あらすじ

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必…

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

「サバイバルファミリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

普通に面白いエンターテイメント。
途中途中で起こるだろうと言うフラグを殆ど回収し、お約束も完璧。笑いあり、やや寒いけど感動あり、の家族で安心して見に行ける感じ。かなりリアルな災害シミュレーションなので、体力面がバケモノ揃いに結果的になっている一家4人とか、廃品だったのに普通のから壊れちゃう自転車とか、細かいところが逆に気になってしまった。
家族の再生を災害シミュレーションしながら丁寧に描けてる。結局電気の生活に戻るところや、岡山で一旦人間らしさを取り戻した瞬間に油断が生まれる(野犬とのシーン)あたり、人間をしっかり見てるなぁと感心したり。
田舎最強説。

野菜や果物の育て方、魚の釣り方、生き物の捌き方、植物の知識、水のろ過方法。何一つ知らない自分に恐怖を感じている(^ω^)
Hiromi

Hiromiの感想・評価

3.0
思った通り。でも、ありそうでない。

このレビューはネタバレを含みます

「世界からもし電気が全てなくなったら…」
という仮定で平凡な一家がどう戦っていくか、という作品です。

色々とツッコミどころ満載でしたが…(「全世界で大規模な障害ならもっと早く復旧するのでは?」など(笑))

色々と考えさせられました。

「電気が使えない」を想像するとスマホが…ネットが…くらいしか思いつきませんでしたが、輸送もストップするから食まで奪われるのが衝撃的です。いかに今人類が電気に頼り切っているのか…。

作品では太陽フレアが原因でしたが、それ以外にも案外近い話ではないかと考えます。

食事をできる有り難さ、水を飲める有り難さを、押し付けがましくなく考えられます。

観終わった後、すぐさま水を濾過する方法を調べました(笑)
生きるための知識ってとっても大事。
夜の東京、繁華街の喧騒、とあるビルのワンフロアで残業する人々、所変わってマンションの一室、鹿児島から送ってきた魚のお礼を電話する光恵、テレビを見ながら晩酌をする義之、娘の結衣は反抗的な態度で父親と話しながらツケマを外す、というところから始まる「燻製にするんだよ」ってお話

もしも電気やそれに付随する電化製品等が全くの使用不可になったら、というifの世界を描くサバイバルムービー、都会の生活がまるで成り立たなくなって田舎に頼るしか術がないってのは自明なんだけど、それを面白おかしくそしてちょっとシリアスに描いている

大筋ではクスクスハラハラで良かったんだけど、一点、機関車と発煙筒のところ、あそこはどうにか出来なかったのか??川に流される必要あった??こういう御都合主義的シナリオにゲンナリしちゃって結局マイナスイメージが強くなるんだよねぇ、勿体無いなぁ

rann

rannの感想・評価

3.8
ある日,地球上の全電気が止まってしまい,突然のサバイバルを強いられた鈴木家。こういうパニック系が大好きなので,とても楽しめた。電気って素晴らしい。家族って素晴らしい。
teketeke

teketekeの感想・評価

3.0
非現実的過ぎ。
思ってたよりおもしろかった
でも人間あんなに理性的に振舞えるのかしら?
2年もああなった時の人間が怖いわ
防災について、考えさせらる映画でした。特に面白いとかでは無いですか、ためになる感じで。
学校の授業とかで観ると、良いかもしれないです。
この世は便利になりすぎて、コミニケーションもおろそかになり家族が集まることは少なくなった。
現家庭をうつしたような一家。

電化製品に頼りすぎて原始的な生活ができなくなっているのは実際問題である。
ギリギリの状況であるからこそ、やらなくてはならない、窮地に立たされてこそ人々は強くそこに自然とコミニケーションや絆が生まれる。

もっとナチュラルに生きるべきなのだろうな。
>|