サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

上映日:2017年02月11日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:117分
    監督
    矢口史靖
    脚本
    矢口史靖
    原作
    矢口史靖
    キャスト
    小日向文世
    深津絵里
    泉澤祐希
    葵わかな
    菅原大吉
    徳井優
    桂雀々
    森下能幸
    田中要次
    有福正志
    左時枝
    時任三郎
    ミッキー・カーチス
    藤原紀香
    大野拓朗
    志尊淳
    渡辺えり
    宅麻伸
    柄本明
    大地康雄
    あらすじ
    ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

    「サバイバルファミリー」に投稿された感想・レビュー

    抹茶マラカス
    抹茶マラカスの感想・レビュー
    2017/02/20
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    普通に面白いエンターテイメント。
    途中途中で起こるだろうと言うフラグを殆ど回収し、お約束も完璧。笑いあり、やや寒いけど感動あり、の家族で安心して見に行ける感じ。かなりリアルな災害シミュレーションなので、体力面がバケモノ揃いに結果的になっている一家4人とか、廃品だったのに普通のから壊れちゃう自転車とか、細かいところが逆に気になってしまった。
    家族の再生を災害シミュレーションしながら丁寧に描けてる。結局電気の生活に戻るところや、岡山で一旦人間らしさを取り戻した瞬間に油断が生まれる(野犬とのシーン)あたり、人間をしっかり見てるなぁと感心したり。
    MidoRoxy
    MidoRoxyの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    非常時にタメになることを言ってくれる。
    家族で楽しく観れる作品。
    kerol
    kerolの感想・レビュー
    1日
    2.7
    手持ちカメラにすぐ酔ってしまいました。

    電気がない生活のシミュレーションとしては良く出来ていた。
    そうか、電話含め通信手段がないと何が起きているのか、この近所だけ停電?関東だけ?日本だけ?すらも把握出来ないのね。テレビもラジオもないし。

    震災後に少し経験はしていたものの、日々の生活、ここまで電気頼りだった事に改めて気付かされた。
    R
    の感想・レビュー
    6日
    3.3
    『オトンと映画』

    皆さんのレビューが
    ガーディアンズだー!
    異星人からのメッセージだー!
    シャマランだー!って盛り上がってるなか期間限定上映ってことで、
    オトンと観に行ってきました( •̅_•̅ )ヤレヤレ...

    なんでも職場の人がエキストラで出てたらしく
    「行こうー!ねぇー行こうー♡
    キャラメルポップコーンとアイス買ってあげるよ(子供か!)」
    ってめっちゃしつこい。

    私「ホップコーンとアイスはもういらん。それより、靴とバッグが欲しい。」
    「それとランチは◯◯ホテルのフレンチのシェフの季節のオススメコース1択で!」

    オトン「えーっ!料理が一皿ずつ出てくるの苦手なの知っとるやん(;ω;)」
    「いっぺんに全部持ってこんかーい!ってなるの知っとるやん(;ω;)」
    「せっかくお前のためにおいしいラーメン屋見つけたのにー(;ω;)」

    私「わかった…じゃ、ラーメンでいいよ!
    でも靴とバッグはお願いねっ♡」

    オトン「うんうん、いいよ、いいよ、ラーメン一緒に食べようねー♪︎父さん大盛りにしちゃおうかなー餃子も食べよーヽ(*´∀︎`)ノ」

    私 (# ̄ー ̄#)ニヤ 

    さて、
    映画は東京に住む家族が、突然すべてのライフラインが止まって、お母さんの故郷の鹿児島をチャリでめざすサバイバルロードムービー

    私の住むとこは田舎なんで、
    もしそうなっても映画の家族ほどの切迫感はないはず…たぶん…いや、どうかな??

    この映画はそんな想像力の乏しい私にも分かるように少しずつ追い込まれていく家族を丁寧に描いています。

    ちょっと長く感じるとこもあるけど、
    衣食住や人とのつながりの大切さをリアルに実感させてくれます。

    笑いどころもありますが、
    それよりも『生きる』ってことを、とても切実に真面目に描いた映画です。

    だから、久々の肉を食べて泣いてる娘の『他人や食へのありがたさ』っていう気持ちがダイレクトに伝わってきて、こっちまで泣けてきた。

    そんな泣いてる私にオトンが
    「ほれ、ハンカチ( •̀∀•́ )✧
    相変わらず映画観てすぐ泣くねー」って
    まさかの『マイ・インターン』デニーロ・アプローチをしかけてくるとは!

    ほんの一瞬、カッコよく見えたけどそれ言ったら調子に乗りまくりそうなんで秘密にしとこう…

    この作品だけは、なんかオトンと観に行って良かった気がします(笑)

    家族や大切な人
    そして
    かけがえのない日常のありがたさを考えさせてくれる映画でした。

    ラーメンとサッカーとお笑い大好きなオトン…いつも冷たくあたってごめんね♡

    あっ、でも貸してくれたハンカチがなんか
    おっさん臭っ( ・᷄д・᷅ )

    これいつからポケットに入っとったやつ??
    Lara
    Laraの感想・レビュー
    2017/05/21
    -
    とりあえず備蓄食料買っとこう。
    akarin
    akarinの感想・レビュー
    2017/05/21
    3.7
    面白い!
    ぺしん
    ぺしんの感想・レビュー
    2017/05/21
    4.0
    帰り道の景色が変わる映画

    無難と言えば無難な映画だけど、
    CG丸出しには見えなくて
    よくできてたと思う

    余計な情報を入れず、
    家族だけを描いていたのが良かった
    こいで氏
    こいで氏の感想・レビュー
    2017/05/19
    4.2
    すみません!完全に舐めてました。コメディー映画としてもすごい面白かった!アパートの時計など所々に震災への思いを匂わせつつ、最後の着地も見事でした。
    Manzanolli
    Manzanolliの感想・レビュー
    2017/05/18
    3.3
    記録
    >|