サバイバルファミリーの作品情報・感想・評価

サバイバルファミリー2017年製作の映画)

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必…

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

「サバイバルファミリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

普通に面白いエンターテイメント。
途中途中で起こるだろうと言うフラグを殆ど回収し、お約束も完璧。笑いあり、やや寒いけど感動あり、の家族で安心して見に行ける感じ。かなりリアルな災害シミュレーションなので、体力面がバケモノ揃いに結果的になっている一家4人とか、廃品だったのに普通のから壊れちゃう自転車とか、細かいところが逆に気になってしまった。
家族の再生を災害シミュレーションしながら丁寧に描けてる。結局電気の生活に戻るところや、岡山で一旦人間らしさを取り戻した瞬間に油断が生まれる(野犬とのシーン)あたり、人間をしっかり見てるなぁと感心したり。
Daisuke

Daisukeの感想・評価

3.5
2018/04/26

まず、勉強になる映画。
そして、人間がいかに電気やら機会に頼っているかを実感する映画。

停電になってるにもかかわらず学校や仕事に行くのは日本人らしくて面白かった。
父親のダメくささと意地っ張りも可愛いし、高校生の娘のワガママっぷり、息子の不器用さ、母親のか弱くも懸命な姿、全てが少しずつ一つの家族にまとまっていく感じは素敵で良かった。
まぁでも現実離れしてる感じはどうしてもあるので、リアルなサバイバル系を期待すると物足りない。
まぁでも、日曜日のお昼に家族で見るにはうってつけの映画。
ひぐっ

ひぐっの感想・評価

3.5
「生きることを諦めなければ意外と何とかなるんだ」と観た後に感じました。色々と便利になった今だからこそ観るべき映画だと思います
manami

manamiの感想・評価

-
いくらでも深刻にできそうな設定を、あくまでもアホらしく描いている。
時任三郎と藤原紀香のファミリーが、絶妙にウザい。いい人なのにウザい。ウザすぎてあのシーンだけまた見たくなる。
葵わかな、途中まで気づかなかった! わろてんか見てたのに! 可愛い顔だなぁ〜。
田中さんどうなってしまうん…?

サクッと見れて面白かった!こういうの、中学生の頃に妄想した覚えがある。
世界各国のサバイバルファミリーが見たい。結果、世界の田舎紹介で終わりそうだけど。
haru

haruの感想・評価

3.6
不可逆性に向き合うには良い作品。
父のポンコツさによる自業自得展開が多々あり少し萎える。
mayuge

mayugeの感想・評価

3.5
田舎ってやっぱ強いし家族って大事だなと改めて感じた作品
たち

たちの感想・評価

3.0
ん?って思うシーンが多いな
今まで見た矢口作品の中でもシリアス多めでよかった
イヤイヤ(笑)となる展開もなくもないんだけど(笑)
個人的には家族の名前が一切出てこないというところが一般化かなと考えさせられた
葵わかなかわいい
>|