サバイバルファミリーの作品情報・感想・評価

サバイバルファミリー2017年製作の映画)

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必…

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

「サバイバルファミリー」に投稿された感想・評価

なんかね、めっちゃ眠かったのに最後まで見てしまったよ。

評価はそれほど高くないし所々突っ込みたいところもあるかもしれませんが、それは置いときたくなるくらい自分にはドンピシャだった。

言葉、演出、ストーリーがストレートすぎてめっちゃ刺さった。
後半どういうオチになるのかなと思ってあーなるほどとはなったけど、最初の引っ張りからの持って行き方が上手だった。

わかってるとは思いつつこんなにストレートに見せられると変わらないとと思うよね。

あと何より邦画中の邦画な感じがした。
スタッフ、キャスト共にめちゃくちゃ撮影はキツかったと思う。
でも完成を見たらみんなやりきった〜ってなってるはず。

1つ思ったのはthe日本映画、日本の作品、日本の現状って感じなのに主題歌は英語のやつなんやーって思った笑

矢口監督の作品で他のはそんなにはまらなかったのですが、凄く考えさせられた映画でした。
矢口監督のファンになりました。
りりか

りりかの感想・評価

3.7
おもろかったー!!
電気がなくなってからの、都会人の冷たさと田舎の人の暖かさ
バイバイシーンの比較が特にそう感じさせられた

まあ電気がなくなる理由なんかなんでもいい、面白かったからそれでいい
特に娘と息子の2年後の変化がとても良かった

改めて、電気のありがたみを感じたw
電気を通り越して今はネットもあるから、その前の一階層がなくなったときってなおさら考えられない時代になってきた今

電気なんか発明された前だって、みんなは普通に生活してたからな、私たちは昔の人よりももっとこの世界の楽しみ方を電気によってたくさん手に入れられただけだ

エジソンに感謝だ
michika

michikaの感想・評価

3.9
普通にじーんときてしまった、ロードムービーの典型という感じで見やすい、暗くならないいい映画
わろんてんかの子がギャルすぎてかわいい
ホントに起きたらと思うとゾッとするわ〜( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)
Minori

Minoriの感想・評価

3.8
キャスティング素晴らしい
そしてこの暑〜い夏に見るとしんどさ倍増。
電気よ絶対止まってくれるな...!と心底思った。
クソうるさい、もしくは鬱陶しいおっさん、という個性を遺憾なく発揮した小日向文世作品だこれ!
くそうるせ〜。

ある日電化製品が一切使えなくなった世界。もちろん電気もない。そんな世界で生き延びる家族と日本の話。
 
あーそうなるね〜っていう思考実験的なものもあるかしら。見応えあり。
友

友の感想・評価

3.8
いきなり世界から電気が消える。
世界からたった1つ消えただけなのに
現代人はこんなに無力になってしまう。

時間も何も分からないのに
電車や車すら動かないのに
するべき仕事がてきないって分かってるのに
それでも通勤や通学するのが日本人だなぁと思った。

明日の朝、月曜日の朝
これが起こったら取り敢えず朝暑さで目を覚ましてクーラー動かなくて、冷蔵庫の物の処理に困って、職場に遅刻する連絡、もしくはもうすでに遅刻してる連絡をする方法が無いことに気づいて 、家族に連絡する方法も無いことに気づいて、
取り敢えず職場に行こうと私も思うだろう。
車のキーが反応しないことに焦って鍵開けて動かない事にまた焦ってこの暑い中歩いて向かう覚悟を考えて、職場に行ったらもう帰れないだろう事を考えて行くのを悩むだろう。その間に人に会ったら同じ状態か聞いて、取り敢えず近くのコンビニまで行って何か情報があるかと水分買って、何処にも涼しさが無いことに愕然として、

そしてどうするだろう。

そんな風に真面目に想像させるような身近さとリアルさだった。
大阪に行けば電気があるらしいという噂とか実にパニック時の集団心理っぽい。
また外国映画みたいな略奪とかがないのもリアルだった。
食料の奪い合いとか全く無い訳じゃ無いだろうけど、昨日まで普通に生活してた人達が急に人に攻撃する方が違和感がある国で良かったなと思う。
反面話し合いとかのんき過ぎてアホっぽい所もある。
どっかで国に助けてもらえると思ってる感じが怖い。

いや〜、面白かった。
色々考えるし色々気づく。
こんな時でも人は笑えると力になるんだなぁとか、火って凄いなぁとか。
いずれ電気を使い終わる時がきたらこんな感じなのかなぁとか。
まさお

まさおの感想・評価

4.2
個人的にはコメディとシリアスのバランスが取れてて面白かったと思う
たまに ? となるシーンがあるけど、俳優さんたちの演技が上手なのであまり違和感なかった
nao

naoの感想・評価

3.8
こういうとき、うちの猫が心配。
>|