サバイバルファミリーの作品情報・感想・評価

サバイバルファミリー2017年製作の映画)

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必…

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

「サバイバルファミリー」に投稿された感想・評価

現代人でインフラ全止め食らったらこうなるんだろうな。面白かった
やすす

やすすの感想・評価

3.2
小日向ファミリーの右往左往
ぶりと要所要所で助けられる
幸運を背景に物語は突っ込み
どころ満載でサクサク進む。

個人的にはお母さん(深津絵里)
が魅力的で、『 お父さんは
そういう人なんだから!』って
言いながら夫を心から愛し敬って
いる姿と、そんな妻を父親に
会わせることを目標に必死で
鹿児島へと向かう夫の姿は
子供達から見ても励みになる
はず。

こんな時だからこそ家族団結!
と叫ばずにいられない
サバイバル映画だった。
ファミリーのキャスティングが絶妙…!!笑

えらそうでうるさい小日向さん。
「わろてんか」おてんちゃんとは真逆のJK葵さん。赤飯の豆を捨てる笑
「ひよっこ」三男より少し生意気だけど、頼りになる泉澤くん。この人すき。
深津さんが服の裾にヘアクリップを挟んでたの、あれ、便利なんだよね〜笑

電気系統が次々に止まって、さらにガス、水道とライフラインが機能しなくなると、もうパニック。
理性も秩序もない。貨幣だって、意味をなさない。

地図を手に入れて、ギアもついてない自転車で、家族4人鹿児島を目指す。

CDディスクでメンコとか、野犬にSLやまぐち号とか、不可思議な場面もあったけど、本来、生きるということはこんなにも大変なことだったんだなぁ…

たくさんの人で支え合ってるから、労力が分散されているけれど、自分の力だけで生き抜くのは、わたし無理かも…_(:3 」∠)_

家族の変容が素晴らしかったです。
パワーワード「お父さんはそういうひとだから!」
mika

mikaの感想・評価

3.9
1月21日(日)
電気無しの生活なんて考えられないー!!実際にこんな事が起きたら、、
怖い。けれど、電気が使えなくなった事で最初は気持ちがバラバラだった家族が、日に日に団結してくのがよかった(*´-`)サバイバル能力が欲しくなった。そして自転車は引き続き持っておこうと強く思った!面白かった!
東京〜鹿児島
いろんな街の協力と役者さんやスタッフの大変な努力無しには生まれない作品
ブタがかわいい
自分が同じことになったら力強く生きていける気がしない。
設定面白いけど、矢口監督なら前作のwoodjobの方が好きだった。
miyu

miyuの感想・評価

3.2
いまの時代に全てのものが止まったら、、を考えると🤔
自転車乗りたくなった。
>|