夏色ジーン

ジグソウ:ソウ・レガシーの夏色ジーンのレビュー・感想・評価

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)
3.5
感想川柳「最低限 越えてはいるが 届かない」

あの『SAW』の続編ということで観てみました。。φ(..)

ある密室に男女5人が監禁される。5人は目の部分をくりぬいたバケツを頭にかぶせられ、身体は鎖につながれており、対面する壁には一面に鋭い刃が光っていた。一方、刑事のハロランとキース、検視官のローガンとエレノアは、町中の公園で発見された死体を検証していた。死体の無残な様子から10年前に死んだはずのジグソウの手口が浮かび上がり、死体に埋め込まれていたUSBメモリを確認すると、「ゲームは始まった。4人の罪人が犯した罪が償われるまで終わらない」というジグソウの声が響きわたる…というお話。

ちゃんと終わらせたはずの『SAW』をまた作るとはイイ根性してるなと思いましたが、制作総指揮は『ジェームズ・ワン』と『リー・ワネル』という初代コンビだけに、変なものにはならないと推測。

そしたらまさか『あの人』が出てきちゃいましたよ。((((;゜Д゜)))

犯人や伏線は何となく読めたので、驚きという点ではやはり目新しいものはなし(;゜∀゜)1,2,4,5の系譜を匂わす雰囲気。

仕掛けもラスト以外ちょっと古い感じ。(゜ロ゜)まあ理由はあるんですけど。

『SAW』シリーズとして最低限のハードルは越えてるけど、期待値までは届かなかった印象。(^^;恐らくこれを続けることはもう無いだろうと思う。寝た子をたたき起こして(それなりのメンツで)ここまでだったということは。これに拘ってたら次のステージに行けない。

そしてスピエリッグ兄弟の次回作を見る限り、これは踏み台だと思う。(。´Д⊂)次のステージへ向かったはず。『デイブレイカー』、『プリデスティネーション』も見たけど確実にレベルアップしてる。(*´-`)『ウィンチェスターハウス』は絶対観ます。

んでまず(^_^)/~~