ジグソウ:ソウ・レガシーの作品情報・感想・評価

ジグソウ:ソウ・レガシー2017年製作の映画)

Jigsaw

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

3.5

あらすじ

密室に集められた5人の男女。頭には目の部分がくり貫かれたバケツが被せられ、身体には鎖が繋がれている。その鎖は対面する壁に繋がっており、壁には一面に丸鋸刃(まるのこは)が付いている。“さあゲームをしよう、お前たちは嘘をついてきた罪を告白せよ、真実のみがお前らを自由にする生きるか死ぬか、お前たち次第だ”ゲームは始まった・・・ 遺体安置室の検視台に半裸の男。それは街中の公園で見つかった死体。死体を見…

密室に集められた5人の男女。頭には目の部分がくり貫かれたバケツが被せられ、身体には鎖が繋がれている。その鎖は対面する壁に繋がっており、壁には一面に丸鋸刃(まるのこは)が付いている。“さあゲームをしよう、お前たちは嘘をついてきた罪を告白せよ、真実のみがお前らを自由にする生きるか死ぬか、お前たち次第だ”ゲームは始まった・・・ 遺体安置室の検視台に半裸の男。それは街中の公園で見つかった死体。死体を見つめる刑事のハロランとキース、検視官のローガンとエレノア。男が被っているバケツを外すと、顔半分がはがれ顎から上が無い。首の皮膚はジグソウパズル型に切り取られている。伝説の連続殺人犯“ジグソウ”のやり口――殺害したのはジグソウの模倣犯か? 傷の奥から抜きだしたUSBスティックをパソコンで起動すると、「ゲームは始まった。4人の罪人が犯した罪が償われるまで終わらない」その声はまさしくジグソウ。彼は10年前に死んだはずなのに・・・。

「ジグソウ:ソウ・レガシー」に投稿された感想・評価

言いたいことは出てくるでしょうね、良くも悪くも!っていうね。

過去作のオマージュが凄い。笑

所々、「ここの描写、展開が○作目のアレっぽい!(゚∀゚)」という箇所が見受けられてファンからすればニヤリと出来るでしょう!

今作は原点回帰と言いましょうか、痛グロよりサスペンスの方に焦点を当てた作りで2作目以降のグロだけになってきてた作りを見直した感じでした!

しかし!個人的に1作目は超えず。
まぁ1作目を超えるのは難しいと思いますけどね(^^;

『SAW』シリーズを観てきたファンやこの映画の仕組みを知ってる方からしたら、観ていると「ん?」と怪しく感じる点がチラホラ。

んで、「やっぱり!怪しかったんだよアレ!」てなりました笑


そしてラストに全てが繋がる感じ、「おーSAWだ!」と思わせてくれます。


技術の進歩や映像が綺麗だからか、なんか昔より映像のグロさがもはや笑えるくらいの鮮明さ!アッサリさ!爽快さというぐらいの作り!笑

だからといって苦手な人が「ん?じゃあ観れるかも!」と思うことなかれ、あくまでシリーズ観てたりそういうのに見慣れてる人の意見ですから笑



楽しかったけど、個人的には物足りない感は否めないという感想!

なんていうか1作目のインパクトも超えず、2作目以降の過激な痛グロ表現も抑えられていて、「ん〜〜まぁまぁ楽しめたかな!」という印象に落ち着くというか…σ^_^;笑


やっぱあのB級感あるどこか錆び臭い古めかしい映像が好きですね。

始まり方とか別のサスペンス映画ぽくてSAWぽくない笑


そして、あのシーンは僕は“バイオハザード”を思い出しました笑
(もしくは寄生獣 笑)
IKE

IKEの感想・評価

1.0
ジグゾー連休取りなよ
ソウシリーズという事で惰性で鑑賞。期待せずに観たので肩透かしを喰らう事もなかった。
普通
生き返ったんかと思った
あんまりグロくない
Kouji

Koujiの感想・評価

3.9
ハラハラドキドキ
最後に謎が解明されていくからスッキリするし、何より殺し方がエグいのが良い
期待してなかったけど結構面白かった。もちろんBlu-ray購入。
FIL

FILの感想・評価

3.6
記録
Midori

Midoriの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

今回もかなりグロテスクです。多分面白くないんだろうなと思いつつ、SAWは全作見ているから気になってみてしまったという作品。

時系列が同じだと思っていた出来事は実はかなりの時間差で起きていたというところがわからないと、あれ?Jigsawって病気じゃなかったっけ??となります。

もういいんでないか、SAW。
>|