島々清しゃのネタバレレビュー・内容・結末

「島々清しゃ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

伊東蒼ちゃんの演技に涙でるよ
沖縄の風景・海、三線、沖縄の方言は聞いていてとても癒されたけどストーリはなあ…
安藤サクラさん好きなんだけど…演技どうなの?
100円の恋とかでは気にならなかったけど、話し方が嘘くさいというか…
最後、お腹撫でてたけど、妊娠して逃げてきたってこと?
なんか安藤サクラさんの役必要だったのか謎。
伊東蒼ちゃんは現地の人ってぐらい方言上手すぎたし演技も良かった!
沖縄ってだけで観たけどストーリーは微妙でした。
音楽を通じて子供が成長し、親や仲間たちと心を通わせていくというストーリーは好き。映画の雰囲気もなかなか良かった。ただラストシーンはちょっと予定調和すぎ?何も言わずに帰ろうとする安藤サクラはさすがにひどいなと思った。あとそこに集まってきた大人たちも。それと演奏中の会話シーンが全くわからないところもあった。沖縄の言葉はやっぱり難しい。
展開がゆったりとしすぎて若干の退屈を感じたが、それが彼女たちの暮らしをそのまま映し出していて、やはり音楽も風景も、心地よい
こんなゆっくりとした時間の中で、突然訪れる死、そこで一気に人生を感じた
裕子が帰る船でのラストも、うみと母が手を繋いでいくラストも

民謡ってなんでこんなに耳に馴染むんだろう、何か忘れていたものを思い起こさせるようで、沁みる、、
「音楽は誰にも止められない」!
子どもたちはなんで音を出しているかなど考えず、ただ、音を出している、音楽への向き合い方を考えさせられる

安藤サクラ、渋川清彦、山田真歩、でんでん、というすばらしさ
だけに若干の物足りなさは残るか、、

沖縄に生まれ育ってみたかった〜
暮らし、を大切にしたい
おじぃーーー!!!
おじいちゃん子としては涙無くしては観られなかったよ…
最初は演技なのか元々こういう人なのか分からないギリギリのキャラクターだな…と思いながら観ていたのだけれど、
唄三線を奏でる姿はなんとも味があって忘れられない存在感だった。

ストーリーは王道かな。
あれだけ「ちんなみ狂っとる!」って発狂してた割にさっさと解決しちゃってるし、
母親の踊りに対する謎の執着とかもちょっと理解に苦しんだ。
子供たちの演奏が目に見えて上達するのは見ていて清々しい気持ちになれたなー。

内地からきた先生も、妊娠してたり諸々の事情を抱えてるっぽかったけど、そこを掘り下げなかったのはあくまで島の人たちが主役って線引きをしてあって良かったと思う。
シンプルなつくりだからこその雰囲気が伝わってくる
そう、波のようです
沖縄の美しい島々、海、波の音…慶良間で奏でられるセッションのシーンに身体が思わずノってしまう。一方で基地問題など沖縄の人に押し付けているものについて考えさせられる場面も。「耳を塞いでいたらいつまでも合わんさ」…伊東蒼の演技が良い。