島々清しゃの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「島々清しゃ」に投稿された感想・評価

jt

jtの感想・評価

3.4
安藤サクラの自然な演技が良かった。
ip

ipの感想・評価

4.5
割と低めの評価が多いけど、自分は好き。やっぱりテアトルの映画はハズレ少ない。

小さな女の子が周りと調和するために成長。渋々ではなく自分のために自分を変えていった姿がいい。
ラストでみんなの音を聞かないと、と自分に言い聞かせた言葉が、母をも変える(であろう)光景が名場面だと思う。

こういっては失礼だが大人も子どもも美男美女過ぎないから、親近感を持って見られる。
伊東蒼さんは地元の子かと思ったら大阪の子とは! これからも注目。
kaorin

kaorinの感想・評価

-
安藤さくら、やっぱり画になる。

みんなで自分の音を歌いながら帰る吹奏楽部っていいね。青春感半端ない
ayakuro

ayakuroの感想・評価

3.0
生きてるだけで80点
おじーの言葉が沁みました
eric

ericの感想・評価

3.6
小学生の時トロンボーン吹いてたから、なんかこう、みんなの音に自分の音が溶け込む瞬間とか、みんなで同じ譜面をなぞって1つになる瞬間とかが、すごく心踊る瞬間だったのを思い出した。

音楽っていいよね。

ドミファソシド
琉球音階ってすごく温かい。
tam

tamの感想・評価

3.5
安藤サクラってどんな役やってもその役になるのですごくかっこいいと心底思ったのがこの映画だった!逃げようとしても立ち向かってすごくかっこいい。逃げるも逃げないもない子供がそんな大人に影響与えるのもかっこいい!
ufufu

ufufuの感想・評価

3.5
沖縄の海と方言が聴きたくて鑑賞。

清い。淡い。はかなさ。透明感。
ノスタルジック。ジレンマ。浄化。
そんな言葉が似合うしみじみ映画。

ゆっくり流れる島の時間と、
3代の親子の葛藤と。

母役が「あなたの番です」401号室の木下さんでびっくりし、
主人公の女の子は「湯を沸かすほどの熱い愛」で天才子役として注目を集める伊東蒼ちゃん。
おじいの三線がすごく良い味。
主演の安藤サクラは言うまでも無く、かぎりなく自然な演技力。
流し見。
moondiva

moondivaの感想・評価

3.3
沖縄民謡の島々清しゃが好きで目にとまり見てみました。島だからこその緩やかなあたたかい話でした。
おじぃの三線、素晴らしかった。セッションも良かった。三線てどんな音楽ジャンルにも合いますね!
しーーーーーに
うすまさ
まーーる
でーじ
でーみ
しゃにっ
やっけーよ🥰