CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第2章(2016年製作の映画)

上映日:2016年12月02日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    神山健治
    柿本広大
    原作
    石ノ森章太郎

    「CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第2章」に投稿された感想・レビュー

    抹茶マラカス
    抹茶マラカスの感想・レビュー
    2016/12/13
    2.2

    このレビューはネタバレを含みます

    第1章よりは観れるストーリーとアクションだった。CGは相変わらず酷いが。
    掌の作画はあれでいいのか???
    人間になれないサイボーグの悲哀が大事なテーマだと思って見てるのに、あっさり人間化して戦わなくていいの!を連呼するフランソワーズ。この状況で武器を収めることが、ただ座して死を待つと同義だがそれでいいのか。
    多分1番の裏切りだったピョートルとカタリーナだが、カタリーナが地下に続く階段を指紋認証で開けた時点で気づくでしょ、ジョーさんよ
    NAOKO
    NAOKOの感想・レビュー
    2017/03/03
    2.2

    このレビューはネタバレを含みます

    第1章に引き続き、相変わらずへっぽこすぎるCGに慣れない…。

    003と009が自身の能力を失うという展開は、新しくて良かったと思う。
    003「私達もう戦わなくていいのよ!(喜)」
    009「戦えないと平和を守れない…(迷)」
    という両者の反応も、これまでの経緯を反映していてグッときた。
    まあ結局はそれも幻覚で、すぐ元に戻ったけど…。

    そして、いよいよラスボス登場!となった訳ですが……サンジェルマン伯爵じゃないのかよ!!!
    これ、往年のファンの方々は一斉にずっこけ、ツッコミを入れたんじゃないでしょうか…。
    第1章から「どの時代にも変わらぬ姿で写っている謎の男性…」と言われていたので、てっきりサンジェルマン伯爵かと思いワクワクしてたのに…とんだ肩透かしをくらいました。

    神山監督、こういうちょっとした所で「分かってないなぁ…」と思ってしまう事が多々ある。元々009好きな訳じゃないのかな、と。


    あ、ピュンマ今回は泳げて良かったね…。
    うお
    うおの感想・レビュー
    2017/01/18
    -
    記録
    イワン…。
    ゆきがめ
    ゆきがめの感想・レビュー
    2016/12/16
    2.4
    アメブロを更新しました。 『「CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第2章、第3章」一気に観たので2章分。』https://twitter.com/yukigame/status/809419050807803904
    Naoya
    Naoyaの感想・レビュー
    2016/12/14
    2.3
    9人のサイボーグ戦士が活躍する、石ノ森章太郎原作マンガのフル3DCGアニメーション作品で3部作の第2弾。前作の補完があり、導入編だった第1章とは異なって、アクションやストーリー性は方向性が定まっており、00ナンバーサイボーグのアクションは少なめだが楽しめる。ドラマ性も増し、第3章への伏線も張り、繋ぎとしても程よく楽しめる内容。
    etohyoshifumi
    etohyoshifumiの感想・レビュー
    2016/12/14
    3.0
    話は面白いんだけど…
    CGの出来栄えが致命的なのは変わらず。
    ant
    antの感想・レビュー
    2016/12/13
    3.0
    フル3DCGの映像は安定感あり。前回新シリーズ第1章導入編の物足りなさを補完する展開で、心地良かった。人類の進化話しにCYBORGを挟むのは、王道だけど009シリーズは人類の味方だし、日本人好みだよね。
    TAKA
    TAKAの感想・レビュー
    2016/12/13
    3.3
    2016.12.10 梅田ブルク7 Scr.2

    ・少しは慣れたけどf(^_^;
    ・物語は起承転結の転。
    ・伏線が溜まってきた(^_^)
    ・結論を出すのは早いけれど、でもやっぱり・・・

    画にも少しは慣れたかな(笑)
    だけどやっぱ何度みてもオープニング苦しいわf(^_^;(苦笑)

    今回は正に起承転結の転。
    舞台も話の方向もどんでん返しの連続!
    戦闘も色々なパターンがあって、そこはまあまあ楽しめたかな。

    怪しかった伏線が顕になったり、そこから第3章の展開を想像したり、まあ普通に三部作の真ん中かとf(^_^;

    あと、第1章のレビューで書き漏らしてたことが一つ。
    第1章では声だけだったけど、敵の(今のところ)ヘッド、エンペラー。
    声が井上和彦さん!・・・って、俺にとっての「ザ・サイボーグ009」79年TVシリーズの島村ジョーの声優さん!
    これがどんな伏線なのか、はたまた何の意味もなく友情出演なのか(笑)
    ま、その辺りは第3章のお楽しみ(^_^)

    スコアは、まぁ少し慣れたのと(笑)色々な展開があったので、気持ち0.1ポイントアップで。

    追記。
    ・だけどまぁ、敵の工場の回りとか手抜き感がやっぱ否めないなぁf(^_^;
    ・話はまぁ続きは見たくなるけれど、目新しさはあまり感じない。
    何故いま、三部作公開すべきなのか?
    ま、第3章観ればわかるんでしょ。
    と期待(^_^)
    ・フランソワーズ、童顔で巨乳(笑)
    時代かね・・・f(^_^;
    ・ちょっとJOJOっぽいところが・・・?(≧▽≦)
    ・あと、エンペラーが・・・っぽいよね。f(^_^;
    Muzazavi
    Muzazaviの感想・レビュー
    2016/12/12
    3.8
    なんで三部作なのかな。OVA的な感覚なのかもしれない。上映館も限られていて動員人数もそれほどでもないので、劇場だけで製作費はかけられないはず…
    とにかく三部作の真ん中の思いっきりクリフハンガーな作品。
    これだけでは評価のしようもないので続きは第3章で…
    でも飽きさせないで話にのめりこんじゃって結構好きかも
    サムカワ
    サムカワの感想・レビュー
    2016/12/12
    3.5
    2回目ともなれば多少は慣れたクソグラフィック

    前回よりも話が二転三転してゆくので、観ていて飽きないし、ちゃんとゼロゼロナンバーサイボーグのみんながカッコよく戦ってくれてた

    ただ前半の とあるブレスドに協力を仰ぐ下り
    なんか「ほぉーら 石ノ森章太郎作品っぽいメッセージでしょ?」って感じで、その取って付けた感が気になった

    でもまぁ3章が楽しみになる終わり方で良かったです

    スーツのデザインに関しては最初は「もっと布感ないと、パワードスーツみたいで、サイボーグとしての彼らが引き立たないじゃん!」と懐疑的だったけど、一応まだそうだけど、ライトが付いてたりってギミックがあったのは嬉しかった。

    あと主題歌最高ね
    >|