CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第3章(2016年製作の映画)

上映日:2016年12月09日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:95分
    監督
    神山健治
    柿本広大
    脚本
    神山健治
    柿本広大
    原作
    石ノ森章太郎
    キャスト
    河本啓佑
    種田梨沙
    福圓美里
    佐藤拓也
    日野聡
    乃村健次
    佐藤せつじ
    石谷春貴
    牧野由依
    井上和彦
    真殿光昭

    「CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第3章」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    とにかく辻褄や論理を放棄している。
    cgだけでなく脚本も落第点なら、何を評価すればいいのか。宇宙に行くならピュンマでしょ。能力の意味が!!
    エンペラーはあれか、各国要人を世界中飛び回って、国連も何故か捕らわれた2人以外全員記憶を消して回ったの?お疲れ様ですね怒
    第1章と同じでさっさとやれば勝てるのにご都合でやられて行くエンペラー&プロフェッサーは敵として役不足でしたね。
    エンペラー=次元の彼方に飛んだジョーで、正義は立場によるんだって終わりならまだ許せたかも。009を使ったファンへのいじめはこれで終わりにしてほしいです。
    Ken
    5.0
    また004が!
    とり
    2.5
    最後らしい
    NAOKO
    2.7

    このレビューはネタバレを含みます

    3部作の中では一番見応えのある内容だったかな?

    ジョー、ジェット、ハインリヒらが宇宙で任務遂行する所はとても良かった。
    特にハインリヒの自己犠牲には胸を締め付けられた…。やはり004と002はどのバージョンでも男前です!


    クオリティ最悪のCGも、宇宙の暗い&無重力という環境のせいか、ようやくかろうじて見れるものになっていた…。かろうじて、ですが。
    今回は全体的に画面が暗かったので、1〜2章に比べCGの粗が目立ちにくかったと思う。アクションも良かった。

    ただアクションとドラマのバランスにメリハリが無いのが非常に辛い。
    ラスボス・エンペラーもダラダラと話すので、彼の良さが伝わるより前に眠くなってしまった…井上和彦なのに…。

    とにかく説明台詞が長い!長い割に要点がハッキリしない!
    さんざん捏ねくりまわして深みを出そうとして、その結果すごく浅い中途半端なものになってしまう。
    『RE:CYBORG』の時ほどのブン投げ方はしていないけど、この辺は変わってないなぁ…と感じました。

    あとは映像表現の面では、押井守やクリストファー・ノーランなどに影響を受けてるんだろうなーというのが結構明確に分かる。
    それ自体は全然悪い事ではないのだけど、なんだか全ての描写に既視感を覚えた。


    また、宇宙のシーンは『地下帝国・ヨミ編』を彷彿とさせて嬉しかったけど、正直「またヨミ編?何回目?」とも感じる訳で…。
    ヨミ編は原作の中でも至高のエピソードなので使いたくなるのは分かるけど、その繰り返しでは創作の意味がまるでなくなってしまう。

    絵柄を大幅に変えて、CGは最悪で、内容は見た事あるもののオンパレード。
    じゃあ今、『サイボーグ009』をあえて”現代風”にリメイクした意味って何なのか…?
    そう考えた時に、何も産み出さないのは、やはり作品として失敗だと思うのです…。

    もう少し原作寄りの絵柄で、いつかまた映画化したら観たいなー。
    うお
    -
    さいこー。
    原作リスペクトがすごい!
    朱峰
    3.5
    009にある一貫したテーマ。それと今作で伝えたいことというのは、見ているなかでとらえることが出来ました。
    声優さんに注目すれば新・旧ジョーの対面という要素もあり、009好きの心をついてくるなあ、と感じました。

    ただ、ラストの展開だけは個人的には納得いかないところも…

    今作の様に新たな009が誕生し選択の幅が広がったことでいろいろなサイボーグ009作品がこれからも作られ、ファンを楽しませてくれればと思います。
    7階
    スクリーン2
    Bー9
    18:35〜
    TAKA
    2.5
    2016.12.17 梅田ブルク7 Scr.3

    ・CGには慣れたf(^_^;クライマックス!
    ・誰がために。
    我が身を顧みず戦う戦士達。
    ・JOJO?、シャア?いいんです!
    ・そりゃねぇだろ(|| ゜Д゜)

    いよいよ第3章。
    CGには慣れましたよ。(笑)
    ええ、そういうことにしときましょ。

    流石にクライマックス!
    畳み掛けていくストーリー。
    戦闘!そして戦闘!

    イベント的にもストーリー的にも、三部作の中では一番盛り上がったんじゃないかな(^_^)

    誰がために・・・
    戦い続ける9人の戦鬼。
    その姿に涙がチョチョギレます。
    。・゜゜(ノД`)
    いやマジで。

    いくらJOJOっぽくても、
    いくら意味もなく無駄にシャアっぽかっただけだとしても。
    サイボーグ戦士たちが戦う姿に胸を打たれたのです。

    ・・・既視感のある展開に少し不安を覚えながら(笑)
    どう纏めるのかとf(^_^;
    ま、仕方ないところはあるよね。キャラが確立されてるし。

    そこは仕方ないと思う。
    それでも胸をアツくしてくれた。
    サイボーグ戦士たち、ありがとう!

    ・・・だからこそ。

    そりゃないぜ。
    あのエンディング。※

    ※m(__)m個人の感想です。
    最終日にギリギリ観賞
    これぞサイボーグ009!って展開で
    とても楽しめた、
    「RE CYBORG」に無かったモノがここにあった。
    それだけにショボいCGクオリティが残念でならない、普通のセルルックの2Dアニメで良かったんじゃないか。
    >|