J.S.バッハ G線上の幻想の作品情報・感想・評価

J.S.バッハ G線上の幻想1965年製作の映画)

Johann Sebastian Bach: Fantasia G-moll

製作国:

上映時間:10分

3.5

「J.S.バッハ G線上の幻想」に投稿された感想・評価

misaki

misakiの感想・評価

-
夢みたい
大木茂

大木茂の感想・評価

3.0
なんかこの世界観好きなのってプレステ初期の奇妙なCG具合とかSEの付け方似てるから凄い惹かれてんのかも



それにしても穴開いたり扉開けたりなんなんだ?

チカチカさせるのヤメロ
NFL

NFLの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

何が主題なのか判らず、難解な映画だとばかり思っていたが、物語性はないのね。
音楽と雰囲気を楽しむ映画と知っていればもう少し楽しめたかも。
世間はジョーカーで沸いてるようですが、何故か我が家はシュヴァンクマイエルです。

アパートの螺旋階段を一人の男が上っていく。一歩一歩、ゆっくりと。自宅のピアノの前でリンゴをひとかじりする。そこから始まる映像と音楽の大洪水。

壁、穴、鉄格子、石?コンクリート?

それは崩壊の旋律なのかな?

朽ちゆく無機質のG線上の質感

扉だと気づく間もなく開け放たれる扉、そして窓。やがてそれらを突き抜けて、演奏と幻想はクライマックスへと突入してゆく。

バッハの旋律に乗せて、踊るように目まぐるしく映り変わるインパクト。まるで映像のワルツを観ているようだった。

シュヴァンクマイエル、なんとなく分かってきたんじゃない?自分で勝手に解釈すれば、これはこれで楽しいんじゃない?
めちゃめちゃねむい。
apple

appleの感想・評価

3.3
ねかけた
asachan

asachanの感想・評価

3.1
ちょっと怖かった
これは悪くないのでは。丸や四角、要するに枠の映画か。
扉を開けると闇があるカットがひたすら続いたと思ったら、扉から外につながりカメラが一気に加速前進するシーンの気持ち良さ。
建築物を撮りながら、音楽を流す映画。
>|