あゝ、荒野 前篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 前篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:157分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 前篇」に投稿された感想・評価

sibao

sibaoの感想・評価

3.6
主演の2人、木下あかり、ユースケサンタマリア、他出演者全員が凄く良いけど、話詰め込み過ぎか

ブラフマン書き下ろし主題歌。震災、ボクシング(格闘技?)と来たらブラフマン。
まこと

まことの感想・評価

4.4
「こういう場所がないと滑り落ちそうなんだろ」

「息もできない」ほどの熱。ヤンイクチェン。
前からレビューで言っているように、暴力とセックスの親和性は良質な映画の証拠。
血を見るって人間の本能にガツンとくるんだろうね。


途中、感動して、熱にあてられて少し泣きそうになった。
近未来なはずなのに昭和感ある世界観。


『弱いものたちが夕暮れ、更に弱いものを叩く。
良いヤツばかりじゃないけど、悪いヤツばかりでもない。』
そんな歌があったね。



あの謎の自殺サークルが後編でどう絡むか。わざわざあの世界観に入れ込んだくらいだからきっと強いメッセージがあるのだろう、と後編の期待が高まる。
自殺サークルの部長さん的な人の演技はどうかと思ったけど。
生と性。
暴力とセックス。
最高!


シンジが光浴びるリングの上でアップし、暗いリングサイドでアップするケンジの構図は辛かった。
顔も性格も何もかも対極にあるシンジとケンジ。
それなのに二人は良き理解者で、ケンジをアニキと呼ぶシンジがまた堪らなく良い。



これは映画館で観たかったな。
新宿の、歌舞伎町を抜けた先にある、映画館で。
nono

nonoの感想・評価

4.0
菅田将暉もうええて!なんて白い目で観てるとこりゃおったまげ、痛烈アッパー食らいます
mika

mikaの感想・評価

4.1


ん〜、良い。映画やTVなど見てて、菅田くんがここ数年でめちゃめちゃに成長したのがわかる。
歌を歌ってるのとかも見ると、他にも何かできそうって思っちゃうなー。
分野問わず色々やってほしい、それを見てたいという、いちファンの願い…。
同年代の人が当たり前のように100%の力を注いで何かをしているのとか、挑戦してるのを見ると
勇気づけられるし自分も!って思う。



映画の主題歌、BRAHMANの「今夜」もいい。
ボーカルのTOSHI-LOWさんインタビューも面白かった。
(以下、URL↓)

https://www.cinra.net/interview/201711-brahman


「ノンフィクションよりフィクションのほうがノンフィクションだ」っていうのは、よく思う。
syasya

syasyaの感想・評価

4.2
菅田将暉の本気を見た。すべてがパーフェクト!
AK

AKの感想・評価

3.8
ボクシング映画というよりは社会派映画。
菅田くんがすごい。
かおる

かおるの感想・評価

4.0
菅田将暉凄い。長編だけあって作り込みが細かくて生々しい
NANA

NANAの感想・評価

3.8
寺山修司原作というのが納得の前編。ボクシング映画なんて…と尻込みしていたけど、なかなかどうして、現代社会の暗部を絞り出すような群像劇印象的。全く関係ないと思われるようなエピソードが次々に繋がっていく様は面白い。

2018-2-4-12
Satoru1968

Satoru1968の感想・評価

4.0
期待以上の面白さ。後編に続く。
>|