あゝ、荒野 前篇の作品情報・感想・評価 - 117ページ目

あゝ、荒野 前篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:157分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 前篇」に投稿された感想・評価

haru

haruの感想・評価

4.6
めちゃくちゃによかった。未だ、最後の表情が脳裏に焼き付いてます。
今まで見た作品の中で一番、衝撃で熱量を感じた。こんな感覚が初めてすぎてなんていえばいいかわからないけど、ずっと鳥肌が止まらない感覚がずっとあって、今この瞬間にも新次が生きている気がして、素晴らしいものを観させて貰いました。
計り知れない菅田将暉の演技力を感じた、後篇も楽しみ。
いやぁぁ面白かった!
菅田将暉はやっぱイイネ👍

監督の前作『二重生活』でもとても良かったナチュラルでアドリブっぽい演技。今作でも主演2人の役者としての性質と監督の作風がバッチリ。

ボクシングと無縁だった2人がボクシングと出会い、そして始めるに至る流れはホント王道だけど最高です。

上映時間150分があっという間で、後編の予告篇だけでも泣ける笑

ただ、ボクシングと直接関係の無いシークエンスの部分。ここが少し蛇足感アリ。そのテーマって実はどのボクシング映画にも孕んでるし、わざわざ映像として見せるのは陳腐。あとだんだん判明していく登場人物の関係性の部分も含めて、この作品のリアリティ感と相性が悪く感じた。

ボクシングの部分だけで構成した作品なら間違いなく傑作です。

あとR15作品なのは濡れ場がかなり激しい。木下あかりさん頑張ってるわぁ。セル版がR18にレイティングUPしてるのもメチャ気になる笑。

も一つ余談、あるキャラクターのセリフ「ボデーに気をつけろぉぉ!」に笑ってしまったw

早く後編観てえええ!!!
kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「あゝ、荒野 前編」
2017/10/7公開 日本作品 2017-195

評価は後編観て変動するかもしれません。
これはこれは、青春?人間ドラマ?映画の大傑作ですね!
もう前後編で5時間を超え、全編でも3時間弱の大作だけど、前編に関して言えばあっという間に時間が過ぎ去りました。。とにかく「凄い映画」「熱くなる映画」、生きることの大切さと愛を考えさせられる作品です。特にボクシング好きの私にはその設定が響きました。
新宿という光と影のある街を舞台に、何らかの心の傷を負い、愛を渇望するもの同士が懸命に這い上がろうとする凄く熱量の高い作品です。
「息もできない」とは全く正反対の違った素晴らしさを魅せるヤン・イクチュン、最高の勢いの菅田将暉このダブル主演の存在感は特筆ものです!!(ユースケ・サンタマリア、木村多江など脇役陣もいい味をだしてます!)

寺山修司が遺した唯一の長編小説「あゝ、荒野」を、「帝一の國」の菅田将暉&「息もできない」のヤン・イクチュンのダブル主演で実写映画化する2部作の前編。「二重生活」の岸善幸監督がメガホンをとる。
こう

こうの感想・評価

4.0
役者陣の熱演にうっとり。
後編の振りなんでしょうが、自殺のくだりは謎?
ひらが

ひらがの感想・評価

4.3
いやー凄かった!もう直ぐにでも後篇が観たいなと思いました。
熱量が凄いのか訴え掛けてくる何かが凄いのか、いやそれとも生き様に見惚れているいるのか、よく分からんが凄いんです。
でも何か沸き立つものを肌で感じれるそんな作品。
最近は生き苦しさをフィーチャーした作品をよく見かける気がするけど、これもそこに部類されるかもしれない。ただ何も言葉は出てきません。勿論ポジティブな意味合いで!
菅田将暉の代表作になりうる映画かも!
関係ないけどいい加減、木村多江さんに幸福な役を回してあげて欲しい。
ディストラクション・ベイビーズのような衝撃をまた受けられるとは。
久しぶりにこんなにも食い入るように映画を観たかもしれない。
まあ、いろんな意味で笑

後編が楽しみで仕方ない
chisa

chisaの感想・評価

3.6
unextで完全版5話の内
前編にあたる(と思う)
3話まで鑑賞

ヤン・イクチュンが息もできないのキャラと全く違う。やっぱり役者さんだなぁと当たり前な事だけど感心した
バリカンケンジは勝つのか?
社会問題 色々色々
全部みないと分からない
mika

mikaの感想・評価

4.0
よい。菅田くんでよかった。
自殺防止のやつだけ少し冷めた。
後編で意味があるのかしら
Yuta

Yutaの感想・評価

4.3
2021年 日本にも爆弾テロが起こり、平和奉仕活動という名の徴兵制度が始まっている。また、自殺者があとを絶たなくなっている。近い将来、あり得そうな時代背景の中、物語が進んでいく。登場人物が強烈で、それを役者が自然に演じているのがすごい。特に主演の3人は、印象に残る。後編も楽しみだが、予告を見なければよかったなぁ。
菅将暉のやんちゃぶり、ヤン・イクチュンの抑圧。ヤン・イクチュンはシバラマーッの彼とは思えない、繊細でナイーブなバリカンだったし、菅将暉は全部曝け出したんだろうな、と思わされた新宿だった。暗黒舞踏あり。結構笑わされた。特にリングネームを発表するところ!ヤン・イクチュンと同じタイミングで笑って、なんか嬉しい。